著者
古関 喜之
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
地理学評論 Series A (ISSN:18834388)
巻号頁・発行日
vol.89, no.1, pp.1-21, 2016-01-01 (Released:2019-10-05)
参考文献数
23

本稿では,台湾産マンゴーの日本への輸出を取り上げ,ポジティブリスト制度導入後の日本市場向けマンゴーの生産・輸出システムと,安全性や品質管理を重視した日本市場への対応が生産地域や台湾農業に与えた影響について検討した.日本でのポジティブリスト制度導入後,台湾では政府主導によって,日本向けマンゴー輸出業者と日本市場向けマンゴー園の登録制度,および輸出前の生産者単位による残留農薬と糖度の検査体制が構築された.安全性を重視した対日輸出への取組みは,農家に農薬費の負担を増大させたが,収益増加にも結びついている.また,生産者の安全管理に対する意識を高め,台湾国内では日本の安全基準に基づく輸出システムで生産されたマンゴーが流通し,差別化商品として扱われている.台湾農業にとって,安全性重視の対日輸出への取組みは,輸出や国内販売において,台湾産マンゴーの市場を多様化させる一因となっている.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

台湾マンゴーがおいしすぎる...ということで記事に書いてみた。 https://t.co/LhlAqBwbME 地理学評論には日本市場向けの台湾マンゴーに関する論文もあって、こういうフードシステムの研究も面白いなぁと思った。 https://t.co/SyM4aqfrsX 週末はあっという間に過ぎる... #マンゴー  #台湾 https://t.co/gCszYkNWSc

収集済み URL リスト