著者
高橋 健太郎
出版者
The Association of Japanese Geographers
雑誌
地理学評論 (ISSN:13479555)
巻号頁・発行日
vol.78, no.14, pp.987-999, 2005-12-01 (Released:2008-12-25)
参考文献数
29

本研究において,中国寧夏回族自治区を事例として,回族のイスラームの聖者廟(ゴンベイ)への参詣の実態と特徴,およびその宗教活動が教坊(モスクを中心とする地域社会)へ与える影響について検討した.調査地域においては,聖者廟は,スーフィー教団のものとそれに属さない教宣者を祭ったものとに大別され,回族住民は教坊ごとにそれらへの集団参詣を行っている.参詣の主な目的は,現世利益の獲得,聖者の霊への接近,死後の平安の祈念と多様であり,レクリエーションも兼ねている.聖者廟参詣の際には,交通手段の確保や廟への施しの取りまとめ,儀礼の遂行などで教坊が重要な役割を果たしており,集団参詣を通して,人々の間で教坊の存在意義が再確認されている.また,特に男性にとって,聖者廟参詣は自身の宗教知識や敬虔さ,経済力を示す機会となっており,この宗教活動を通して,教坊内における社会的地位を向上させている人もいることが明らかになった.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (5 users, 6 posts, 6 favorites)

高橋健太郎(2005)「中国・回族の聖者廟参詣と地域社会:寧夏回族自治区の事例」『地理学評論』78(14): 987-999. https://t.co/fkpmQOOhCq 寧夏回族自治区の一村におけるイスラーム聖者廟と参詣文化。(全く知らないので)一村にこれだけ(21廟!)の聖者廟があり参詣慣行があることがまず興味深い。
【地理学評論掲載論文】高橋健太郎 2005.中国・回族の聖者廟参詣と地域社会-寧夏回族自治区の事例,地理学評論78,987-999.https://t.co/bBIDaunn40

収集済み URL リスト