言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (12 users, 14 posts, 12 favorites)

"小児期にトラウマに曝露された場合、その症状がADHD様症状、衝動性の悪化や感情調整の問題などの発達障害類似の症状となって現れることはよく知られている(https://t.co/SRBPMtHwhP )。出会った時点で、どこまでが発達障害由来の症状なのかどうかを見極めることは困難である" https://t.co/v6korlabIQ
これには、解離を用いた適応について載ってる よくこの他の人に伝えづらい、自分でも認識しづらい、 他の人が言われても困るようなことを論文にしたなと思う 読みづらいとか、途中でどうとらえたらいいか分からなくなる内容が多いという意味ではおすすめしづらいけど https://t.co/gzZ55JsTCr
こっちは上の文より長いし、どうとらえたら?みたいな所もあると思うんですが一応 上のケースの混乱の前提 世界と関わる時に生じる難しさの描写や 適応の方法とか 多様だし人による ただ、なんとかやれてるタイプも、これに近い難しさのある上で世界と接している時もあるかもhttps://t.co/gzZ55JsTCr
『自閉症スペクトラム研究 第13巻第2号』杉山登志郎 - J-Stage https://t.co/19GCxoEVSL
職場で対面している問題の参考にと思って読んだら、ものすごく腑に落ちることばかり書いてあってありがたい。子どもだけでなく、親に対する治療についてもとても納得。 こんな治療してくれる医師がもっといるといいなぁ。。。 『自閉症の精神病理』杉山登志郎 https://t.co/zXMTxPQUvI
それこそ杉山登志郎先生の『自閉症スペクトラム研究 第13巻第2号』にタイムスリップ現象について Ⅲ. 自閉症とトラウマ https://t.co/8FEbJ53web 帰ってから読みます。
杉山先生による1994年のものはオンラインで公開されていないので、それを引用している杉山先生の研究 https://t.co/QLRCPWx9Lu
タイムスリップ現象>フラッシュバックとかかな  と思ったらちがった。 杉山登志郎先生だ 論文(PDFです) 「自閉症の精神病理」 Psychopathology of Autism 杉山 登志郎(浜松医科大学児童青年期精神医学講座) Toshiro Sugiyama(Department of Child and Adolescent https://t.co/NPkT6ZXPqB

収集済み URL リスト