著者
川西 諭 田村 輝之 功刀 祐之
出版者
行動経済学会
雑誌
行動経済学 (ISSN:21853568)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.152-156, 2012 (Released:2013-05-29)
参考文献数
2

2011年と2012年の2月に行った個人投資家を対象とするインターネットアンケート調査から,個人投資家の投資スタイルによる投資行動とパフォーマンスの違いを多面的に分析した.その結果,(1) 明確な投資スタイルを持つ投資家は大きく2つのグループ(「長期パッシブ分散派」と「短期アクティブ集中派」)に分かれること,(2) 2つのグループを比較すると,長期パッシブ分散派の方が相対的に,投資家間で運用パフォーマンスの差が小さく,投資満足度,幸福感が高く,ストレスや不安が少なく,資産の形成に成功していることが確かめられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (2 users, 2 posts)

長期分散投資vs短期集中投資 日経マネー誌アンケートから見えるネット投資家行動の実態」 『行動経済学』第5巻(2012)pp.152-6
<ご参考> やっぱりあのデータを使って研究していた方,いたんですね! 「長期分散投資vs短期集中投資 日経マネー誌アンケートから見えるネット投資家行動の実態」 『行動経済学』第5巻(2012)pp.152-6 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbef/5/0/5_152/_pdf

Facebook における性別

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

2012年の研究。論文の信頼度については触れたくない。雑学のネタ

Twitter (3 users, 3 posts, 4 favorites)

2012年の研究。論文の信頼度については触れたくない。雑学のネタ
メモ>長期分散投資vs短期集中投資 日経マネー誌アンケートから見えるネット投資家行動の実態」 『行動経済学』第5巻(2012)pp.152-6 http://t.co/IprCKE82MB

収集済み URL リスト