著者
貝田 さおり 玉川 雅章 渋川 祥子
出版者
The Japan Society of Home Economics
雑誌
日本家政学会誌 (ISSN:09135227)
巻号頁・発行日
vol.50, no.2, pp.147-154, 1999-02-15 (Released:2010-03-10)
参考文献数
5
被引用文献数
2

牛肉の最適加熱時間を決定するために, 厚さ 20 mmの牛肉を 120~220℃ の範囲で熱板焼きする場合の熱板温度の違いによる影響を, 肉の中心温度を 55, 70, 85℃ の 3 段階に変えて検討するとともに, 各加熱温度における時間の算出方法について検討した.その結果は次のようにまとめられる.(1) 熱板温度の違いが影響するのは表面の焼き色であり, 硬さや厚さは肉の中心部を何度まで加熱するかによって決まることが明らかになった.(2) 生の肉の熱物性値から, 非定常の熱伝導の解だけを利用する方法で加熱時間の推定を行うことができた.(3) 厚さ 20mm の牛肉を熱板で焼く際の最適な加熱条件として, 程よく焼き色がつく熱板温度と加熱時間を提示することができた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 0 favorites)

https://t.co/inCd27lnm4
これは… https://t.co/F77HC8Jhqb
参考文献 牛肉の熱伝導率  https://t.co/5ptKKQqjv4 3ページ目 牛肉の熱拡散率https://t.co/ZQkdICGJ9Y 3ページ目
https://t.co/fwh8TQPWCY 厚さ20mmの牛肉の最適な加熱時間と温度について…(* ̄ー ̄)

収集済み URL リスト