著者
永橋 為介 土肥 真人
出版者
公益社団法人 日本造園学会
雑誌
ランドスケープ研究 (ISSN:13408984)
巻号頁・発行日
vol.59, no.5, pp.213-216, 1995-03-29 (Released:2011-07-19)
参考文献数
10

わが国でも都心部の公園は野宿者の生活場所として利用されており, 公園管理者との間に摩擦を生じている。本稿は, この事例として大阪市天王寺公園を取り上げ, 都心部における野宿者と都市公園管理に関わる問題を整理, 把握し検討することを目的とした。同公園に関する野宿者への聞き取り調査を実施し, 同公園の野宿者に関する管理方法を公文書, 新聞などから概観し, 1990年の有料化が野宿者排除に与えた影響を考察した。その結果, 同公園の管理方法は野宿者問題と公園を切り離すことには成功したが, 排除された野宿者は外周柵の外に多く存在し, 依然として同公園周辺地域の問題として現存していることが明らかになった。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (17 users, 17 posts, 4 favorites)

“大阪市天王寺公園の管理の変遷 と有料化が及ぼ した 野宿者排除の影響 に関する研究_pdf” https://t.co/CNYqpqvdaN
こんな論文があった。→大阪市天王寺公園の管理の変遷と有料化が及ぼした野宿者排除の影響に関する研究 https://t.co/Abg1C5sKVJ
大阪市天王寺区の天王寺公園は, 1990年2月に有料化され,外周柵が設置された(夜間は閉鎖) >大阪市天王寺公園の管理の変遷と有料化が及ぼした 野宿者排除の影響に関する研究https://t.co/pRPM44p7Ih

収集済み URL リスト