著者
佐藤 寛 今城 知子 戸ヶ崎 泰子 石川 信一 佐藤 容子 佐藤 正二
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.57, no.1, pp.111-123, 2009-03-30 (Released:2012-02-22)
参考文献数
32
被引用文献数
27 7

本研究の目的は, 学級単位で担任教師が実施することのできる, 児童の抑うつに対する認知行動療法プログラムの有効性について検討を行うことであった。小学5~6年生の児童310名を対象とし, 150名が介入群に, 160名が統制群に割り付けられた。介入群の児童に対して, 心理教育, 社会的スキル訓練, および認知再構成法を中心的な構成要素とする, 9セッション(1セッション45分)からなる学級規模の集団認知行動療法プログラムが実施された。その結果, 介入群の児童は統制群の児童に比べて抑うつ症状が大きく低減していた。さらに, 介入群の児童は抑うつ尺度のカットポイントを超える割合が低くなっていたが, 統制群ではカットポイントを超える児童の割合に変化は認められなかった。介入群の児童は, 介入目標とされた社会的スキルと認知の誤りにも介入前後で改善が見られ, 全般的な主観的学校不適応感も軽減され, 抑うつや認知行動的対処に関する一般的な理解度が高まるといった効果が認められた。最後に, 子どもの抑うつに対する心理学的介入プログラムの有効性や実用性を向上させるために必要とされる点について議論された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

@shown_hid 小5へのCBT有効性も示されてるみたいですね(https://t.co/0G1psta7nv)。 仰る通りこれだけでは抽象的過ぎるのですが、もし有効でないケースがあるとしたら、適用基準が明確になるための第一歩… https://t.co/Ya74MK6L3y
この研究では、心理教育、社会的スキル訓練、認知行動療法等によって、抑うつ症状の低減、社会スキルや認知の歪みが改善することが明らかになっている。 #精神疾患 #予防医学 https://t.co/1rPMcqVVCq

収集済み URL リスト