著者
宮本 匠 渥美 公秀
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.49, no.1, pp.17-31, 2009 (Released:2009-08-25)
参考文献数
43
被引用文献数
9 2

災害復興には,「目標」の共有が大切といわれる(室崎,2007)。しかし,実際に地域において,それらはどのように生まれ,存在し,共有されていくのだろうか。災害復興における「目標」は,人々がどのように災害を経験するのかということと深く結びついている。本研究は,2004年10月23日に発生した新潟県中越地震における川口町木沢集落の復興過程についての長期的なフィールドワークをもとになされたものである。中越地震の被災地の多くは,山間に散らばる小さな中山間地集落である。地震は,折からの過疎化・高齢化をさらに加速させた。これら困難な課題が山積した被災地において,人々はどのようにして肯定的な未来に向かって歩みを進めることが出来るのか。本論では,被災者と外部支援者が新しい現実についてのナラティブを恊働構築することで創造的な復興をめざす,災害復興へのナラティブ・アプローチを提案した。本研究は,グループ・ダイナミックスの観点から,災害復興に対して外部支援者の立場を利用して新しいナラティブを生成するというアクションリサーチの試みである。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 8 posts, 4 favorites)

【実験社会心理学研究・掲載論文】宮本匠・渥美公秀(2009) 災害復興における物語と外部支援者の役割について~新潟県中越地震の事例から~ https://t.co/KIwh1NxcFG
【実験社会心理学研究・掲載論文】宮本匠・渥美公秀(2009) 災害復興における物語と外部支援者の役割について~新潟県中越地震の事例から~ https://t.co/KIwh1NxcFG
【実験社会心理学研究・掲載論文】宮本匠・渥美公秀(2009) 災害復興における物語と外部支援者の役割について~新潟県中越地震の事例から~ https://t.co/KIwh1NxcFG
J-STAGE Articles - 災害復興における物語と外部支援者の役割について~新潟県中越地震の事例から~ https://t.co/vpi3JawBrP
復興の支援をしたい、と思っている方に読んで欲しい論文。被災者ではない外部の人間だからこそできる役割というものを認識して欲しい。 https://t.co/5hNY5r9yxw
【実験社会心理学研究・掲載論文】宮本匠・渥美公秀(2009) 災害復興における物語と外部支援者の役割について~新潟県中越地震の事例から~ https://t.co/KIwh1NxcFG

収集済み URL リスト