著者
矢守 克也
出版者
The Japanese Group Dynamics Association
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.42, no.1, pp.66-82, 2002-09-30 (Released:2010-06-04)
参考文献数
64
被引用文献数
4 1 2

本研究は, 災害・事故が集合的に風化するプロセス-社会的な現実感が特定の災害・事故から消失していく長期的かつ社会的な過程-を測定・表現する方法について検討したものである。まず, 風化の長期的なトレンドを, マスメディアの報道量の長期変化を通して近似的に測定・表現した先行研究の成果を踏まえ, それを撹乱する2つの個別的な要因について実証的に検討した。具体的には, 第1に, 相次いで発生した複数の事象が相互に影響し, 後続事象の発生によって先行事象に関する報道量が低下する現象 (相互干渉現象) をとりあげた。第2に, 事象の発生期日をピークとして, 周期的かつ一時的に報道量が増加する現象 (周期変動現象) について検証した。その結果, これらの現象は, 一面では, マスメディア報道による風化現象の測定にとっての撹乱要因であるが, 他面では, むしろ, 災害・事故の風化現象に固有の社会過程を明示し, 記述するために利用可能であることが示された。次に, マスメディア分析を補完する新たな方法として, 災害・事故の発生後, 人々が実際に示す行動 (変数) を長期的に追尾する方法をいくつか提起し, その有効性を確認するとともに, こうした行動変数とマスメディア報道との関連性についても検討した。さらに, 共同想起の概念に依拠して, 本稿で検討した集合的な記憶と個人的な記憶との相互連関についても論じた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (13 users, 16 posts, 5 favorites)

【実験社会心理学研究・掲載論文】矢守克也(2002) 災害の「風化」に関する基礎的研究 (II) https://t.co/loYB3pDXfQ
【実験社会心理学研究・掲載論文】矢守克也(2002) 災害の「風化」に関する基礎的研究 (II) https://t.co/loYB3pDXfQ
↓ RT 報道は社会に入ると思うけれども、災害の「風化」をマスメディアの報道量で検証した研究/災 害 の 「風 化 」 に 関す る基礎 的研 究(II)―マ ス メデ ィア の報道 量 とマ ク ロ行 動変 数 に よる測 定 と表 現― 矢守克也(2002年 奈良大学) https://t.co/W2Yt6x3Qdh
【実験社会心理学研究・掲載論文】矢守克也(2002) 災害の「風化」に関する基礎的研究 (II) https://t.co/loYB3pDXfQ
【実験社会心理学研究・掲載論文】矢守克也(2002) 災害の「風化」に関する基礎的研究 (II) https://t.co/loYB3pDXfQ
前掲の記事,2011年に1000箱以上集まったミカンが今年は100箱程度,というのは矢守(2002) https://t.co/0nBrew0LRS の災害「風化」は指数関数的に進行する(概ね5年で1/10,10年で1/100)との指摘に合致するな,と思った.

収集済み URL リスト