著者
近藤 伸彦 畠中 利治
出版者
日本教育工学会
雑誌
日本教育工学会論文誌 (ISSN:13498290)
巻号頁・発行日
vol.41, no.3, pp.271-281, 2018-01-31 (Released:2018-02-05)
参考文献数
33

ラーニングアナリティクスをはじめとした教育データ分析の関連分野が急速な発展を遂げる一方,大学における教育の質保証の観点から教学IR の重要性が認識されてきている.これらの分野が互いに統合され,個に応じた分析と支援が組織的に行われることは今後ますます重要性を増すものと考えられる.本論文ではこの観点から,ラーニングアナリティクス的手法を教学IR や修学支援に活用するフレームワークのひとつとして,学士課程における学生の修学状態の推移プロセスをベイジアンネットワークによりモデル化する手法についてまとめる.さらに,現実的な活用場面において実際の改善アクションへつなげることを想定した本手法の活用例を示し,ある大学の教学データによる数値実験の結果から本手法の適用可能性を検討する.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[IR][学習][質保証]

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

“ベイジアンネットワークによる修学状態推移モデルの構築” https://t.co/wRfIw0vBCe #IR #学習 #質保証
近藤伸彦・畠中利治「ベイジアンネットワークによる修学状態推移モデルの構築」https://t.co/HDyuguvlbX #論文

収集済み URL リスト