著者
原 めぐみ 大藤 さとこ 福島 若葉 廣田 良夫
出版者
一般社団法人日本衛生学会
雑誌
日本衛生学雑誌 (ISSN:00215082)
巻号頁・発行日
vol.68, no.3, pp.153-160, 2013 (Released:2013-09-28)
参考文献数
21

Influenza vaccination is the most effective method of preventing influenza and its complications. In the 2009 influenza A (H1N1) pandemic, monovalent strain-specific pandemic vaccines were developed rapidly. However, they were only available in limited supply at the initial stage of the vaccination campaign. Thus, tiered use of vaccines, after careful prioritization and determination of dose per individual, was important to maximize the benefit of the available doses. In this study, the principles and methods of epidemiological evaluation of influenza vaccines were investigated, focusing on the immunogenicity and effectiveness. The results of the study of the 2009/H1N1 pandemic will then be detailed.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

efficacy 主にワクチンの評価のために実施される二重盲検無作為化群間比較臨床試験のように,対象者が常に研究者の管理下にあって,発症や受療状況などについて詳細に追跡できるような理想的な環境のもとで実施された研究から得られた結果について用いる。 https://t.co/OsWZD1dLD7
vaccine efficacyとvaccine effectivenessは微妙に意味が違うのか。 https://t.co/2xW67d9skt
ワクチン疫学研究の原理と方法: 新型インフルエンザワクチンの免疫原性と有効性の評価 原 めぐみ *1,大藤さとこ *2,福島 若葉 *2,廣田 良夫 *2 *1 佐賀大学医学部社会医学講座予防医学分野 *2 大阪市立大学大学院医学研究科公衆衛生学 https://t.co/B6LVq7MUI8

収集済み URL リスト