著者
田中 彰 塩原 美敞 日置 勝三 阿部 秀直 西 源二郎 矢野 和成 鈴木 克美
出版者
The Ichthyological Society of Japan
雑誌
魚類学雑誌 (ISSN:00215090)
巻号頁・発行日
vol.37, no.3, pp.273-291, 1990-11-30 (Released:2010-06-28)
参考文献数
38

駿河湾で採集した264個体のラブカChlamydoselachus anguineusをもとに, その生殖について調査した.本種は12月から7月の間に主に採集され, 成長段階および成熟・繁殖段階で棲息域を異にしていると考えられた.雄は全長1, 100mmですでに成熟しており, 雌は全長1,400-1, 500mmの間で成熟に達した.卵巣卵は重さ230-250gになると卵巣壁にある排卵孔から排卵され, 右輸卵管のみに入り, 卵殻腺で卵殻に包まれ, 子宮内に保持される.排卵は約2週間ごとに行われ, 排卵期間は数ヵ月におよぶと考えられる.初期の胚発生は非常におそく, 妊娠期間はすくなくとも3年半におよぶと考えられる.妊娠期間中, 卵巣卵は発達しない.胎仔が全長60-80mmに成長すると, 卵殻はそれからはがれ, 膣を通り排出される.胎仔は子宮内で主に卵黄によって全長約550mm, 体重380gまで成長し産まれる.全長400mm以上の胎仔は母体から栄養分を受けとっていると考えられる.1腹の胎仔数は2-10個体で平均6個体であった.雄の生殖腺指数は一年中ほとんど変化しなかった.雌は卵巣と子宮の状態から明瞭な繁殖時期がないと考えられる.卵殻に包まれた胎仔が最長134日海水中で生存し, その成長率は1月当り10-17mmであった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 27 favorites)

@uehiro_sakana ラブカは駿河湾など沿岸域で妊娠個体や幼魚等が見つかっていること、成熟前の若魚は見つかっていないことから、沿岸域での繁殖は示唆されていますが、海面近くと断言は出来ないと思います 以下の繁殖に関する論文でも最も浅い捕獲水深が60mと深いので断言するには深いかなと https://t.co/rLXQiWchnD
Dejo por aquí el paper que habla sobre dicho periodo de gestación.
Janine also holds a particular record: that of the longest gestation period of any vertebrate. Research suggests that the bebes take at least three and a half years to finally pop out of their mother's womb! Take that, pachyderms! https://t.co/uoviUFh453 https://t.co/zEI9tWzXpV

収集済み URL リスト