著者
小渕 千絵
出版者
日本音声言語医学会
雑誌
音声言語医学 (ISSN:00302813)
巻号頁・発行日
vol.56, no.4, pp.301-307, 2015 (Released:2015-10-17)
参考文献数
25
被引用文献数
2

聴覚情報処理障害(auditory processing disorders, APD)は,標準純音聴力検査では正常であるにもかかわらず,聞き取りにくさを訴える症状である.本論文では,APDの歴史的背景,背景要因やその評価,支援方法について,最近の知見を基に概説した.これまでの成人例,小児例を対象にした評価により,背景要因の半数以上は自閉症スペクトラム(ASD)や注意欠陥多動性障害(ADHD/ADD)などの発達障害であり,その他にも精神疾患や心理的問題,複数言語環境下でのダブルリミテッドの問題などの多様な要因があり,これらに加えて本人自身の性格特性や聴取環境が加わり,聞き取り困難が生じていることが考えられた.このため,評価においては聴覚検査にとどまらず,視覚認知や発達検査,性格検査などの多角的な視点での評価を行う必要があり,背景要因に合わせた支援方法の提供が必要と考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (60 users, 66 posts, 87 favorites)

#APD の背景要因と,鑑別のために必要とされる検査の表を 小渕千絵 医中誌vol.56No.4 より抜粋し添付します.全文はこちらhttps://t.co/b8oc5FZveo(登録閲覧無料) #発達障害 #あるある… https://t.co/HYkdLuAQRQ
#APD の症状の半数以上に #ADHD #ADD #ASD の #発達障害 的背景要因があるとのこと. CiNiiで「聴覚情報処理障害」と検索して上から二番目です. 全文をご覧になりたい方は,J-STAGE登録が必要ですが下… https://t.co/owHxVvwWCd
自分の専門分野(まだ学生ですが…)に含まれるけど初耳だったので、とりあえず論文を探してみました。 https://t.co/AKyFMWlzFn https://t.co/oAaWzfYSwA 時間のあるときに読みたい(`・ω・´) https://t.co/N2o9X9gZ4U
@GGG_moebius ネットだとココらへんが限界かな https://t.co/16U7SsxlYa https://t.co/sBWUtpqQsQ https://t.co/ALMtm3Aewk
1 1 https://t.co/69dVRhBkXI

収集済み URL リスト