著者
伊藤 寛 小川 幸恵 清野 浩昭 川合 宏仁 山崎 信也 奥秋 晟
出版者
日本蘇生学会
雑誌
蘇生 (ISSN:02884348)
巻号頁・発行日
vol.24, no.2, pp.82-87, 2005-07-20 (Released:2010-12-08)
参考文献数
4
被引用文献数
1

歯科治療における死亡事故報告は後をたたない。我々は, 各種メディアから知り得た歯科治療に関連した重篤なショック, 心肺停止報告200例について分析した。その結果, ショック45例, 心肺停止155例, 死亡126例であった。これらの多くは局所麻酔や観血処置に起因し, 何らかの全身的合併症を有していたものが全200例中75例 (38%) であった。また小児, 障害児者に多く行われる抑制治療が起因と思われる死亡は19例で, 全死亡例の15%であった。このような事故を回避するために, 歯科医師の医学知識全身管理能力の向上が必要であり, 特に, 最低限のリスクマネージメントとしてBLS, ACLSの習得は必須であると思われた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

2歳児は局所麻酔にも歯科治療にも協力できない(嫌がる・暴れる)のが普通なので、抑制下(押さえ付けて)の治療だった可能性が高いが、抑制下歯科治療中の小児の死亡事例はショックと窒息が多い。 https://t.co/CvgSkmrKBL
@kotoinazuma400 https://t.co/sM2saj8vew 麻酔にショックってこんなにあるんですね!

収集済み URL リスト