著者
内田 さえ 渡邊 一平 矢野 忠 佐藤 優子
出版者
社団法人 全日本鍼灸学会
雑誌
全日本鍼灸学会雑誌 (ISSN:02859955)
巻号頁・発行日
vol.54, no.1, pp.27-51, 2004-02-01 (Released:2011-03-18)
参考文献数
66

脳機能および中枢神経疾患に対する鍼灸の効果と現状を総合テーマとして、当該領域のレビューを行った。基礎研究における動物実験のレビューでは、麻酔ラットへの鍼刺激による大脳皮質および海馬の血流量に及ぼす影響とその機序を中心に紹介した。ヒトを対象とした基礎研究のレビューでは、fMRI、脳磁気図、脳波 (事象関連電位) などを指標とした鍼の効果に関する知見が総括された。また、中枢神経疾患に対する鍼灸の効果に関するレビューについては、脳血管障害後後遺症に対する鍼治療の有効性について総括すると共に、痙性抑制あるいは廃用症候群の改善によるQOL向上の可能性についても考察した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 4 favorites)

#基礎研究 「ここまで分かった鍼灸医学 --基礎と臨床との交流脳機能および中枢神経疾患に対する鍼灸の効果と現状」 内田 さえ, 渡邊 一平, 矢野 忠, 佐藤 優子 全日本鍼灸学会雑誌 2004年 ℹ️ J-STAGE ⬇️ 文献情報ページを開く https://t.co/pMJL8SnQ7h
たまに耳にする御老人の会話が好き ※大脳皮質や海馬の血流も改善する鍼灸を、認知症対策やうつ病対策してオススメします https://t.co/oZtNrgBsic https://t.co/4flrI4SrQa
ここまで分かった鍼灸医学一基礎と臨床との交流 脳機能および中枢神経疾患に対する鍼灸の効果と現状https://t.co/Lwy0n9dh18

収集済み URL リスト