著者
荒木 貴之 江藤 由布 齋藤 玲 堀田 龍也
出版者
日本教育情報学会
雑誌
教育情報研究 (ISSN:09126732)
巻号頁・発行日
vol.34, no.2, pp.13-24, 2018 (Released:2019-01-08)
参考文献数
20

1人1台タブレット型PCの学習環境を有する高等学校において,学習用SNSを通年利用した.本稿では,この通年利用による高校生の学習態度の変化を調べた.このとき,生徒全員に協調的課題遂行にあたっての他の生徒の貢献度を評価させることで,彼らを貢献群と一般群に分けたうえで,学習態度の変化を分析した.その結果,貢献群においては,教師との交流による自己効力感やライティング方略に特徴が見られるとともに,ネットワーク上の交流を楽しむことに,経年で変化が生じていることが示された.一方,学級の担任教師へのインタビュー調査から,彼女は批判的思考が発揮できるようなグラウンド・ルールを設けていることが確認された.これらの結果から,学習用SNSの通年利用による生徒の学習態度の変化の特徴,および生徒が学習用SNS上で学習を進めていく際の教師による生徒支援の工夫についての示唆を得た.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 2 favorites)

読み返していた。 学習用SNSの利用の継続による生徒の学習態度の変化―担任教師による学習環境のデザインを考慮に入れて― https://t.co/uNCW1rGRFj
学習用SNS、Edmodo(https://t.co/Gr6n7z0e7h)というサービスが世界最大らしい。生徒に質的調査した研究も見たくなった。 学習用SNSの利用の継続による生徒の学習態度の変化―担任教師による学習環境のデザインを考慮に入れて―https://t.co/Sd81P0H82N

収集済み URL リスト