著者
井上 亮太郎 保井 俊之 前野 隆司
出版者
日本感性工学会
雑誌
日本感性工学会論文誌 (ISSN:18845258)
巻号頁・発行日
pp.TJSKE-D-19-00068, (Released:2020-04-14)
参考文献数
35

This study is to induce by the factor analysis the factors of wakuwaku, the positive emotions at work,and to get them structured by the covariance structure analysis. The authors identified five factors composed by twenty-five items as factors of wakuwaku, and then discovered that it is the circulating structure by using the covariance structure analysis. They quantitively validated those factors and its structure by the confirmative factor analysis and the PANAS analysis to prove the efficacy of the structure.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

言おうとしていることは同じだけど、文章によってわくわく感が違う。この違いはどこから来るんだろう、突き詰めて考えるの大事かもねって話をしてたら「仕事におけるワクワク感に関する研究」というのを見つけた。 https://t.co/EeD5nmIiiA
仕事におけるワクワク感に関する研究 ̶ 因子分析及び共分散構造分析を用いた要因の導出と構造化 ̶https://t.co/EmLzyvnx3a

収集済み URL リスト