2 1 0 0 OA 皮膚感覚と脳

著者
山口 創
出版者
一般社団法人 日本東洋医学系物理療法学会
雑誌
日本東洋医学系物理療法学会誌 (ISSN:21875316)
巻号頁・発行日
vol.42, no.2, pp.9-16, 2017 (Released:2020-07-07)
参考文献数
6

本稿では皮膚と心の関係について紹介し、触れることが及ぼす生体への作用や心理的な意味に ついて考察した。まず皮膚が「露出した脳」といわれる理由について、生理学的な知見を紹介し、 境界としての皮膚について心理学的に論考した。次に触れることの作用について、皮膚上の神経 線維の点と、脳内ホルモンのオキシトシンの点から紹介し、それが相手との親密な人間関係の構 築や、癒しをもたらす作用機序について紹介した。さらに触れる際に重要な点として、触れる速 度や圧の重要性について指摘した。最後に、皮膚を入力と出力の両面から捉える必要性について 述べた。皮膚に触れることは通常は刺激の入力としての視点である。しかし一方で、皮膚は内臓 など身体内部や心の働きが表出される部位でもあるため、出力としての視点もまた重要である。 従って入力として皮膚に触れることを通じて、相手の内部状態を同時に把握し、触れて癒すといっ た多面的に皮膚を捉える態度が大切である点について述べた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 6 posts, 4 favorites)

219 また最近の研究では、皮膚にも脳にあるものと同じ物質さえも見つかっている。:「皮膚感覚と脳」山口創 桜美林大学教授(日本東洋医学系物理療法学会誌 第 42 巻 2 号) https://t.co/RUVgW6fZcn https://t.co/Nf0apzOOQZ
218 ★皮膚は「露出した脳」、あるいは「第 3 の脳」といわれる 。生理学からみると、皮膚と脳の間には共通点が見つかっている。脳は発生の過程で、皮膚と同じ外胚葉から形成されている。 https://t.co/RUVgW6fZcn https://t.co/Nf0apzOOQZ
219 また最近の研究では、皮膚にも脳にあるものと同じ物質さえも見つかっている。:「皮膚感覚と脳」山口創 桜美林大学教授(日本東洋医学系物理療法学会誌 第 42 巻 2 号) https://t.co/RUVgW6fZcn https://t.co/Nf0apzOOQZ
218 ★皮膚は「露出した脳」、あるいは「第 3 の脳」といわれる 。生理学からみると、皮膚と脳の間には共通点が見つかっている。脳は発生の過程で、皮膚と同じ外胚葉から形成されている。 https://t.co/RUVgW6fZcn https://t.co/Nf0apzOOQZ
私が某世界を代表するジュエラーで、沢山のお客様にブライダルリングをお決めいただき、記録的な売上を残せたのは、商品知識や販売能力などでは徹頭徹尾なく ただ単にご試着前にむくみ取りのハンドマッサージをまとまったお時間ソファーでさせていただけたからだと思うの
@masaru_kaneko ★皮膚は露出した脳または第 3 の脳 。生理学からみると皮膚と脳の間には共通点がある。脳は発生の過程で皮膚と同じ外胚葉から形成された。最近研究では皮膚にも脳と同じ物質さえ見つかった。「皮膚感覚と脳」山口創 桜美林大学教授(東洋医学系物理療法学会誌 42- 2 )https://t.co/RUVgW6fZcn

収集済み URL リスト