著者
三好 真琴 宇佐美 眞 藤原 麻有 青山 倫子 前重 伯壮 高橋 路子 濵田 康弘
出版者
日本静脈経腸栄養学会
雑誌
静脈経腸栄養 (ISSN:13444980)
巻号頁・発行日
vol.28, no.4, pp.915-921, 2013 (Released:2013-08-23)
参考文献数
23
被引用文献数
1

近年、腸内フローラは肥満やメタボリックシンドロームに関与する環境因子として注目されている。腸内フローラは、未消化食物成分を代謝し、アミノ酸、ビタミン、脂肪酸などを宿主に供給しており、その機序の一つとして腸内分泌細胞のI細胞やL細胞上の栄養受容体が関与している。脂肪酸レセプターは、短鎖脂肪酸がGPR41、GPR43、中鎖、長鎖脂肪酸がFFAR1、GPR120と近年同定された。特に腸内フローラの代謝物である短鎖脂肪酸はレセプターやトランスポーターMCT-1を介して多様な機能を発揮し脂質代謝へも効果を及ぼすと考えられている。さらに、短鎖脂肪酸の代謝仮説に基づいて腸内フローラと脂質濃度の関連を解析した我々の結果を交えて、腸内細菌と脂質代謝について概説する。腸内フローラと多価不飽和脂肪酸の関連が新たに得られ、更なる検討が必要であろう。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (6 users, 6 posts, 4 favorites)

参考文献とりあえず列挙: 『IV.肥満・糖尿病と腸内細菌』日本内科学会雑誌 https://t.co/clhJXYIi2A 『シリーズ腸内細菌叢5 糖尿病と腸内細菌』 https://t.co/3d2jACY0x4 『特集:脂質研… https://t.co/XLvTjJRVyc
これまでで一番有用な論文。 脂質代謝とマイクロバイオームの関係性と、具体的な種類や働きについて明確に書かれてた。 https://t.co/W7nEVwuie2
@a0425tatsu これ結構わかりやすいと思います。 https://t.co/Cmzx1hsrEr あとは、割と栄養学の教科書の脂質のテーマでまとめられたりしているのでそれと合わせると読みやすいと思います( ´ ▽ ` )
腸内細菌と脂質代謝 https://t.co/BZd60fCsY3

収集済み URL リスト