648 2 0 0 OA ジャムシード王

著者
井本 英一
出版者
一般社団法人 日本オリエント学会
雑誌
オリエント (ISSN:00305219)
巻号頁・発行日
vol.10, no.1-2, pp.213-235,257, 1967 (Released:2010-03-12)

According to Yasna 32.8 Yima divides the flesh of the bull among men. The author thinks that it is one of rituals of the New Year and Yima himself is the lord of the sacrificial feast with which the New Year festival sets in.It is supposed that Yima's festival took place round the Vara, an instance of which is the Ka'ba i Zardošt and there held successive Achaemenian kings, who were Yimas also, the ceremonies of accession.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (647 users, 650 posts, 1303 favorites)

井本氏の論文P230に「Egoとalter egoの対偶があり,alter egoは次の段階としてそれを頂点として2つのものを従え,trinityを成すのである」とあり、イマ王の魂にあたる牡牛(=ミスラ)が再生して、龍と獣人を倒し… https://t.co/SBjeRSLplD
“https://t.co/59HjDf8gQN” https://t.co/dWl35e3GZF
この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたっ… https://t.co/JqisQe54m0
イラン神話のイマ(インドのヤマ、印欧祖語のエモ)については、こちらの論文がありました。 「地 母 神 と,そ の子 で あ り夫 で あ る 男神 の祭 で は,穀 霊 と同一 視 さ れ た 男神 が,毎 年,死 と再 生 の… https://t.co/BzLZJjYx5B

収集済み URL リスト