著者
丁 育華 近藤 光男 村上 幸二郎 大西 賢和 渡辺 公次郎
出版者
公益社団法人 日本都市計画学会
雑誌
都市計画論文集 (ISSN:09160647)
巻号頁・発行日
vol.43.3, pp.13-18, 2008-10-25 (Released:2017-01-01)
参考文献数
18

近年、我が国では人口減少、超高齢社会を迎える時代にあり、コンパクトシティの構築が要求されている。その中、都心居住の促進は今後の都市づくりに貢献すると考えられる。本研究は、高齢者を考慮し、徒歩で暮らせる都心居住空間を創出するため、都市施設に対する重要度および都市施設までの移動距離に対する満足率に着目し、住民の視点から都市施設に基づく居住環境を評価するための評価指標、および評価モデルを作成した。そして、作成した評価モデルを地方都市に適用し、現状の居住環境を評価した。その結果、都心に近い地点の方が高く評価されていることが判明した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

高齢者と住居環境、アクセシビリティに関する論文 ①https://t.co/tTtLckRHgK ②https://t.co/yDdc3nJ9yD ③https://t.co/lNvFRN3Sot ④https://t.co/gh1k2oU3DN ⑤https://t.co/KHjHksb9MY ⑥https://t.co/JER2f33gEK
高齢者と住居環境、アクセシビリティに関する論文 ①https://t.co/oSGPE4Itao ②https://t.co/lezKizKNhr ③https://t.co/JnrCzbyFVu ④https://t.co/KNELS0Qpht ⑤https://t.co/DXGvVqDSPQ ⑥https://t.co/BjD1SSv6Kx

収集済み URL リスト