Shoei05_メモbot (@shoei05_bot)

投稿一覧(最新100件)

"感情中立性とは,どの患者のどのような言動に対しても一定の心的状態を維持することであり,共感とは,相手の気持ちを自分のことのように感じ,その欲するところに応えようとするものであり,それを自分自身の課題として引き受けることである" https://t.co/J1K9HSjyqC
"がん緩和医療に関する地域連携では「顔の見える関係」が最も重要な因子とされ,話す機会を重ねることで信頼関係を構築することが重要と報告されている(https://t.co/ljf5oinBdi )" https://t.co/j6JoX9c1Fo
”子どもの発達状態には、「保育の形態や時間帯」ではなく、「家庭における育児環境」及び「保護者の育児への自信やサポートの有無」などの要因が強く関連していた。” https://t.co/2ZutukI6td 関連:https://t.co/kNxtaUi5qO
”(災害で愛する人を喪った)遺族の心の傷は「傷口には薄いカサブタがはっているだけで、何かのきっかけで容易にその傷口は開き、また血が流れる」ようなものであり、決して元通りになるわけではない。” https://t.co/zZfFNsYeHq
”医学は少なくとも人生を真に幸福ならしむべく努力しなければならない科学であり,医学者は医学とは何か,医学は如何にあるべきかについて真剣に考えなければならない.それが医学概論の必要性であり,医学概論のすべてである.” https://t.co/9341UihIyO
”医学概論は医学の本質を見極めて<医学の根源を問い直す学問>であり,医学を哲学することである.しかしながら,哲学することは,単に机上で文献的に思案することを意味するものではない.体験を基礎にして哲学することが最も大切である” https://t.co/9341UihIyO
"デマの発生や,電話やインターネット上での中傷が社会問題となるなど,新型インフルエンザウイルスは医学的には病原性が低いが,人々の不安心理に与えたインパクトは極めて大きかった。実際のリスクより認識されるリスクの方が大きく感じられる「幽霊効果」もあった" https://t.co/uTQbSntefz
”戦後、中学校の設置・管理、消防、社会福祉等は市町村が担うものとされた。特に、中学校の運営が大きな負担となった。中学校の設置・管理を効率的に行うために必要とされた人口規模である約8000人以上を標準として、全国的に市町村合併が進められた(昭和の大合併)” https://t.co/rDYLBs7YY7
”「感謝されない医師」とは,病気を未然に防ぐことを実践する産業医を前提にした究極の予防医学を実践する医師の姿ではないかと思われる.自覚症状のない慢性疾患や軽症のメンタル疾患を有する労働者に…嫌な顔をされることが少なくない” https://t.co/9341UihIyO
”長期の経過を有するてんかん患者において,急激に脳波が正常化すると精神症状をきたすことが知られており,「強制正常化」といわれている.強制正常化はほとんどの抗てんかん薬で惹起され,外科手術後の報告もある…発生機序はまだ不明である.” https://t.co/gKJ726ikQ3
【メモ】”医師としてのアイデンティティ・クライシスに陥らないためにも,「感謝されない医師」というのは,感謝されることを当たり前と思ってしまう傲慢な医師にならないよう,逆に患者に「感謝する医師」であれ,と解釈した方が土屋の真意に近い” https://t.co/9341UizjXo
【メモ】"初期に感染者や学校・家族への批判・中傷がインターネット上で行われ,一部地域ではデマの発生も見られたことは,不安心理と無関係ではないだろう。医学的に必要でないと思われても休校措置に追い込まれた学校もあった。" https://t.co/uTQbSntefz
【メモ】”かかりつけ医の38.4%が通院中の患者の自殺を体験していた。内科では55.6%、内科以外では17.0%の医師が患者の自殺を体験していた。出雲圏域の調査では、73%のかかりつけ医がうつ状態の患者の診療を行っているが、相談できる専門医がいないとするものが38%あった。” https://t.co/IkFLpYogfZ
【メモ】”すべてのものはいつかは消える、死ぬという教えが、生の限界を突き付けられた自分の唯一の救いだった…その後、再発を経験した。いつ再発するかと怖れながらも、身体の不調を感じずに何年も生活できたのは幸運だったと考えることで、死ぬことも覚悟した” https://t.co/hRYiS0m7nl
【メモ】"デマの発生や,電話やインターネット上での中傷が社会問題となるなど,新型インフルエンザウイルスは医学的には病原性が低いが,人々の不安心理に与えたインパクトは極めて大きかった。実際のリスクより認識されるリスクの方が大きく感じられる「幽霊効果」もあった" https://t.co/uTQbSntefz
【メモ】"日本の所得格差の変化の特徴は、所得格差拡大の主要要因は人口高齢化であり、年齢内の所得格差の拡大は小さいということである。また、生涯所得の格差を代理する消費の格差の動きは、所得格差の動きとパラレルか、所得格差の拡大よりも急激であることも特徴的である" https://t.co/Ey263I5GLH
【メモ】「愛着障害,安全基地の歪曲(Zeanah&Boris)」”わざと自己を危険にさらし保護を得ようとする・しがみつきや探索抑制という分離不安障害・過剰な注意,気にする,順応・役割逆転による親へのしつけや世話統制などがみられる” https://t.co/rV4U8KHetL
【メモ】”生の声を聞くことで,自分が今後どのように成長していかなければならないかを学生は考察することができる.医師という職業は社会のニーズに合わせて成り立つものであり,医師への不信感の存在を学ぶことはこれから医師になる医学生にとって極めて重要な学びである.” https://t.co/Xq6jwNqdgE
【メモ】”魂を否定した医術…それでは病む個体の,感性的な救済への要請に応えることはできなくなる.病む個体の苦痛に共感をいだく社会の声に真に応え得なくなる.ここに,病者の主体性をも考慮にいれた技術が登場せざるを得なくなる理由がある" https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”公衆衛生マインドの形成において,当初から「社会関連の信念」を持つ医師もいたものの,経験を積むにしたがって「医療の限界」「個人の限界」を認識し「患者関連の信念」「社会関連の信念」「組織関連の信念」へと変化する傾向がみられた” https://t.co/HXyQlCHl7N https://t.co/81p9LvmNIp
【メモ】”(災害で愛する人を喪った)遺族の心の傷は「傷口には薄いカサブタがはっているだけで、何かのきっかけで容易にその傷口は開き、また血が流れる」ようなものであり、決して元通りになるわけではない。” https://t.co/zZfFNsYeHq
【メモ】”こどもを何とかしてほしいと問題点を親に投げかけても自身がいっぱいいっぱいの親にとっては無理難題であり,むしろそうした投げかけはシャットアウトした方が,自分を守ることができるので自己防衛的に協力を拒絶する.” https://t.co/rV4U8KHetL
【メモ】”こどもを何とかしてほしいと問題点を親に投げかけても自身がいっぱいいっぱいの親にとっては無理難題であり,むしろそうした投げかけはシャットアウトした方が,自分を守ることができるので自己防衛的に協力を拒絶する.” https://t.co/rV4U8KHetL
【メモ】”自分の<無知の知>をしっかり自覚できること,学問として医学を愛すること,体験的な<気づき>によって医師としての自己の生き方を根本的に問い直すこと,この3つを生涯にわたって実践することが医学概論の究極的な意義である.” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”医学概論は医学の本質を見極めて<医学の根源を問い直す学問>であり,医学を哲学することである.しかしながら,哲学することは,単に机上で文献的に思案することを意味するものではない.体験を基礎にして哲学することが最も大切である” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】「救急領域に関する裁判例」外傷11例:全例死亡/イレウス7例:死亡6例と後遺症1例/急性喉頭蓋炎6例:死亡3例,重度脳機能障害3例/SAH4例:死亡3例と重度脳機能障害1例/AMI3例:全例死亡/急性大動脈解離3例:全例死亡 https://t.co/rJB5eHUDOl
【メモ】“自殺希少地域では①多様性の重視,②人物本位の評価,③有能感の醸成,④適切な援助希求行動, ⑤緊密すぎない緩やかつながり,これら5つの要素が,地域の自殺発生を抑制する「自殺予防因子」である可能性が示唆された” https://t.co/P50pGOwqv9
【メモ】”(災害で愛する人を喪った)遺族の心の傷は「傷口には薄いカサブタがはっているだけで、何かのきっかけで容易にその傷口は開き、また血が流れる」ようなものであり、決して元通りになるわけではない。” https://t.co/zZfFNsYeHq
【メモ】”患者は自分の”抵抗する発言”を聞き、そして変わらないことを決意してしまう。治療者が正論で説得しようとすればするほど、患者に反対の意見を述べさせ、ますます患者を意固地にさせてしまう。” https://t.co/6pCITfKcK9
【メモ】”地域での学習・ボランティアなどの地域活動への参加率は都市部でも非都市部でも自殺率と負の関係があるとされる(*)ため、効果的な方法かもしれない。地域活動への参加を促す施策は、具体的であり地域で取りやすい対策と思われる” *:https://t.co/aKLdJ1BBcn 参考:https://t.co/SLt7usvlue
【メモ】”土屋は…「人間愛に徹し,生涯にわたって哲学する医師」が産業医科大学の目標とする理想的な医師像であることを協調した.更に,これに加えて「上医を目指す医師」と「感謝されない医師」についても言及し,当時の学生に何度も訓辞された” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”子どもの発達状態には、「保育の形態や時間帯」ではなく、「家庭における育児環境」及び「保護者の育児への自信やサポートの有無」などの要因が強く関連していた。” https://t.co/2ZutukI6td 関連:https://t.co/kNxtaUi5qO
【メモ】”親以外の一定の他者と愛着を形成する…誰とも愛着を結べていないこどもは結局,親とも関係修復はできないままであり,誰かと愛着関係を経験することで関係の基盤ができ,練習ともなり,実際の親子関係の修復に寄与することを指摘したい.” https://t.co/rV4U8KHetL
【メモ】”施す形というのは医学的にせよ,心理的にせよ,社会的にせよ,宗教的にせよ,真に苦しいときには”施されること”で救われる部分があるが,その時期を過ぎると依存的な関係にとどまることが難点である…幸せの追求には自律性が必要である” https://t.co/2KSpjpw0MM
【メモ】”大学病院から来たという肩書きだけでは即信用せず,慎重で,神様の話も今で言うセカンドオピニオンみたいなものでしょう.いわば神様との信用くらべのようだと思ったものでした.” https://t.co/99t439AqjD
【メモ】”男子医学生は医学への興味・関心を一貫して優先.女子医学生は,低学年では「興味・関心」と「家庭観」の両立で葛藤しキャリア選択を決めかねる傾向にあった.高学年では「家庭観」を重視する者と「興味・関心」を優先する者とに分かれた” https://t.co/8gdPVqHrYM
【メモ】"日本人高齢者には障害に対する否定的な考え方や差別意識があり、生存権に基づき療養環境を得るという意識が弱い。製造業が経済成長をけん引した当時の日本は、古典派経済学の理念に近く、そこでは働く者こそが社会にとって有用であり、働かない者は差別されてしまう" https://t.co/2AyVzAm7vE
【メモ】”仁は,道徳的な要請ではなく,治療のための技術として合理的に変貌しなければならない.このような,非合理的な人間の主体性を,科学の名の下に提出し,実践的に解決しようとするもの,それが社会的ないし社会学的ということに他ならない” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”「感謝されない医師」とは,病気を未然に防ぐことを実践する産業医を前提にした究極の予防医学を実践する医師の姿ではないかと思われる.自覚症状のない慢性疾患や軽症のメンタル疾患を有する労働者に…嫌な顔をされることが少なくない” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”一人暮らし高齢者が生きがいを感じるのは「友達や知人と食事、雑談しているとき」、「趣味やスポーツに熱中しているとき」であり、他の高齢者よりも「家族と団らんのとき」、「旅行に行っているとき」が少なくなっている(内閣府2014)” https://t.co/y3RvG4DBhs
【メモ】”親以外の一定の他者と愛着を形成する…誰とも愛着を結べていないこどもは結局,親とも関係修復はできないままであり,誰かと愛着関係を経験することで関係の基盤ができ,練習ともなり,実際の親子関係の修復に寄与することを指摘したい.” https://t.co/rV4U8KHetL
【メモ】”医師としてのアイデンティティ・クライシスに陥らないためにも,「感謝されない医師」というのは,感謝されることを当たり前と思ってしまう傲慢な医師にならないよう,逆に患者に「感謝する医師」であれ,と解釈した方が土屋の真意に近い” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”医学は少なくとも人生を真に幸福ならしむべく努力しなければならない科学であり,医学者は医学とは何か,医学は如何にあるべきかについて真剣に考えなければならない.それが医学概論の必要性であり,医学概論のすべてである.” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”うつ病は女性の方が多いが、他人に悩みを明かす。男性は他人に弱みを見せず、一人で抱え込む。女性を柳の枝にたとえれば、男性は老木。懸命に風に向かう強さと、ポキッと折れる弱さを併せ持つ。” https://t.co/YWruW84ccW
【メモ】”忠誠や権威の道徳的直感を重視すべき職業も存在するものの、医療人がもっとも重視すべきは現在及び将来の病者を保護したいという道徳的直感であり、次いで公正と自由である。その点で、忠誠や権威の道徳的直感を重視する武士道は医療人の職業道徳として相応しくない” https://t.co/xqgwoq4bFd
【メモ】”一人暮らし高齢者が生きがいを感じるのは「友達や知人と食事、雑談しているとき」、「趣味やスポーツに熱中しているとき」であり、他の高齢者よりも「家族と団らんのとき」、「旅行に行っているとき」が少なくなっている(内閣府2014)” https://t.co/y3RvG4DBhs
【メモ】”生の声を聞くことで,自分が今後どのように成長していかなければならないかを学生は考察することができる.医師という職業は社会のニーズに合わせて成り立つものであり,医師への不信感の存在を学ぶことはこれから医師になる医学生にとって極めて重要な学びである.” https://t.co/Xq6jwNqdgE
【メモ】”仁は,道徳的な要請ではなく,治療のための技術として合理的に変貌しなければならない.このような,非合理的な人間の主体性を,科学の名の下に提出し,実践的に解決しようとするもの,それが社会的ないし社会学的ということに他ならない” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”子どもの発達状態には、「保育の形態や時間帯」ではなく、「家庭における育児環境」及び「保護者の育児への自信やサポートの有無」などの要因が強く関連していた。” https://t.co/2ZutukI6td 関連:https://t.co/kNxtaUi5qO
【メモ】”親以外の一定の他者と愛着を形成する…誰とも愛着を結べていないこどもは結局,親とも関係修復はできないままであり,誰かと愛着関係を経験することで関係の基盤ができ,練習ともなり,実際の親子関係の修復に寄与することを指摘したい.” https://t.co/rV4U8KHetL
【メモ】”自分の感情や考えをマインドフルに観察することで患者の悲しみを共有し”共に居ること”ができるようになる.「あなたのために私ができることは何もない」と言っていた治療者が「私はあなたのために今ここにいますよ」と言うように変化…” https://t.co/2KSpjpw0MM
【メモ】”CBTは,(脳と心の)二極的な対立構造を融和させる可能性をもったアプローチだと考えています.CBTが目標とする「自己治療」とか「自助」の視点であり,それを実現する手立てとしての協同的実証主義の立場です(向谷地 生良)” https://t.co/yBIyFS4AhV
【メモ】”長期の経過を有するてんかん患者において,急激に脳波が正常化すると精神症状をきたすことが知られており,「強制正常化」といわれている.強制正常化はほとんどの抗てんかん薬で惹起され,外科手術後の報告もある…発生機序はまだ不明である.” https://t.co/gKJ726zVHB
【メモ】”Fig.1は緩和ケアの分野で有名な「末期がん患者の全人的苦痛」の図を筆者が「災害」に置き換えてアレンジしたものである。” https://t.co/zZfFNsYeHq https://t.co/VsyhnzKa9u
【メモ】”医師としてのアイデンティティ・クライシスに陥らないためにも,「感謝されない医師」というのは,感謝されることを当たり前と思ってしまう傲慢な医師にならないよう,逆に患者に「感謝する医師」であれ,と解釈した方が土屋の真意に近い” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”公衆衛生マインドの形成において,当初から「社会関連の信念」を持つ医師もいたものの,経験を積むにしたがって「医療の限界」「個人の限界」を認識し「患者関連の信念」「社会関連の信念」「組織関連の信念」へと変化する傾向がみられた” https://t.co/HXyQlCHl7N https://t.co/81p9LvmNIp
【メモ】”施す形というのは医学的にせよ,心理的にせよ,社会的にせよ,宗教的にせよ,真に苦しいときには”施されること”で救われる部分があるが,その時期を過ぎると依存的な関係にとどまることが難点である…幸せの追求には自律性が必要である” https://t.co/2KSpjpw0MM
【メモ】”仁は,道徳的な要請ではなく,治療のための技術として合理的に変貌しなければならない.このような,非合理的な人間の主体性を,科学の名の下に提出し,実践的に解決しようとするもの,それが社会的ないし社会学的ということに他ならない” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”ボランティアの多くを占めていた学生達が学校再開に伴って被災地から去ることが話題になった.発災直後から活動した多くのボランティア団体も,撤退したり解散したりするところが相次いだ.ボランティアも「引き際」を議論するとともに…” https://t.co/aGtHZKGbyP
【メモ】”かつて医師は,神父や司法官と共に,聖職とされた.また医は仁術であった.しかし,魂を否定した医術は,もはや合理性をのみを基盤とする技術者とならざるを得ない.それでは,病む個体の感性的な救済への要請に応えることはできなくなる” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”医学概論は医学の本質を見極めて<医学の根源を問い直す学問>であり,医学を哲学することである.しかしながら,哲学することは,単に机上で文献的に思案することを意味するものではない.体験を基礎にして哲学することが最も大切である” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”自分の感情や考えをマインドフルに観察することで患者の悲しみを共有し”共に居ること”ができるようになる.「あなたのために私ができることは何もない」と言っていた治療者が「私はあなたのために今ここにいますよ」と言うように変化…” https://t.co/2KSpjpw0MM
【メモ】「愛着障害,安全基地の歪曲(Zeanah&Boris)」”わざと自己を危険にさらし保護を得ようとする・しがみつきや探索抑制という分離不安障害・過剰な注意,気にする,順応・役割逆転による親へのしつけや世話統制などがみられる” https://t.co/rV4U8KHetL
【メモ】”ADHDは「行動の問題」であり,行動支援として,即時強化,行動を言語化して褒めることが肝要./ASDはいろいろな行動上の問題が見えても本質は「認知,捉え方の問題」.その認知・捉え方を認め,その居場所を確保する支援が必要.” https://t.co/rV4U8KHetL
【メモ】”(災害で愛する人を喪った)遺族の心の傷は「傷口には薄いカサブタがはっているだけで、何かのきっかけで容易にその傷口は開き、また血が流れる」ようなものであり、決して元通りになるわけではない。” https://t.co/zZfFNsYeHq
【メモ】”(災害で愛する人を喪った)遺族の心の傷は「傷口には薄いカサブタがはっているだけで、何かのきっかけで容易にその傷口は開き、また血が流れる」ようなものであり、決して元通りになるわけではない。” https://t.co/zZfFNsYeHq
【メモ】”こどもを何とかしてほしいと問題点を親に投げかけても自身がいっぱいいっぱいの親にとっては無理難題であり,むしろそうした投げかけはシャットアウトした方が,自分を守ることができるので自己防衛的に協力を拒絶する.” https://t.co/rV4U8KHetL
【メモ】”医学概論は医学の本質を見極めて<医学の根源を問い直す学問>であり,医学を哲学することである.しかしながら,哲学することは,単に机上で文献的に思案することを意味するものではない.体験を基礎にして哲学することが最も大切である” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”かつて医師は,神父や司法官と共に,聖職とされた.また医は仁術であった.しかし,魂を否定した医術は,もはや合理性をのみを基盤とする技術者とならざるを得ない.それでは,病む個体の感性的な救済への要請に応えることはできなくなる” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”患者は自分の”抵抗する発言”を聞き、そして変わらないことを決意してしまう。治療者が正論で説得しようとすればするほど、患者に反対の意見を述べさせ、ますます患者を意固地にさせてしまう。” https://t.co/6pCITfKcK9
【メモ】”自分の感情や考えをマインドフルに観察することで患者の悲しみを共有し”共に居ること”ができるようになる.「あなたのために私ができることは何もない」と言っていた治療者が「私はあなたのために今ここにいますよ」と言うように変化…” https://t.co/2KSpjpw0MM
【メモ】”長期の経過を有するてんかん患者において,急激に脳波が正常化すると精神症状をきたすことが知られており,「強制正常化」といわれている.強制正常化はほとんどの抗てんかん薬で惹起され,外科手術後の報告もある…発生機序はまだ不明である.” https://t.co/gKJ726zVHB
【メモ】”公衆衛生マインドの形成において,当初から「社会関連の信念」を持つ医師もいたものの,経験を積むにしたがって「医療の限界」「個人の限界」を認識し「患者関連の信念」「社会関連の信念」「組織関連の信念」へと変化する傾向がみられた” https://t.co/HXyQlCHl7N https://t.co/81p9LvmNIp
【メモ】「ガムテスト」”無味,ミントのどちらでも評価可能.梅味では唾液量が多くなる傾向があり,梅ガムを使用する際は14mL/10分をカットオフ値とするのが良い(感度80,特異度80)” https://t.co/3cXQhfk30L https://t.co/onDHi9nqIi
【メモ】”長期の経過を有するてんかん患者において,急激に脳波が正常化すると精神症状をきたすことが知られており,「強制正常化」といわれている.強制正常化はほとんどの抗てんかん薬で惹起され,外科手術後の報告もある…発生機序はまだ不明である.” https://t.co/gKJ726zVHB
【メモ】「救急領域に関する裁判例」外傷11例:全例死亡/イレウス7例:死亡6例と後遺症1例/急性喉頭蓋炎6例:死亡3例,重度脳機能障害3例/SAH4例:死亡3例と重度脳機能障害1例/AMI3例:全例死亡/急性大動脈解離3例:全例死亡 https://t.co/rJB5eHUDOl
【メモ】”魂を否定した医術…それでは病む個体の,感性的な救済への要請に応えることはできなくなる.病む個体の苦痛に共感をいだく社会の声に真に応え得なくなる.ここに,病者の主体性をも考慮にいれた技術が登場せざるを得なくなる理由がある" https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”男子医学生は医学への興味・関心を一貫して優先.女子医学生は,低学年では「興味・関心」と「家庭観」の両立で葛藤しキャリア選択を決めかねる傾向にあった.高学年では「家庭観」を重視する者と「興味・関心」を優先する者とに分かれた” https://t.co/8gdPVqHrYM
【メモ】”Fig.1は緩和ケアの分野で有名な「末期がん患者の全人的苦痛」の図を筆者が「災害」に置き換えてアレンジしたものである。” https://t.co/zZfFNsYeHq https://t.co/VsyhnzKa9u
【メモ】”仁は,道徳的な要請ではなく,治療のための技術として合理的に変貌しなければならない.このような,非合理的な人間の主体性を,科学の名の下に提出し,実践的に解決しようとするもの,それが社会的ないし社会学的ということに他ならない” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”医学は少なくとも人生を真に幸福ならしむべく努力しなければならない科学であり,医学者は医学とは何か,医学は如何にあるべきかについて真剣に考えなければならない.それが医学概論の必要性であり,医学概論のすべてである.” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”こどもを何とかしてほしいと問題点を親に投げかけても自身がいっぱいいっぱいの親にとっては無理難題であり,むしろそうした投げかけはシャットアウトした方が,自分を守ることができるので自己防衛的に協力を拒絶する.” https://t.co/rV4U8KHetL
【メモ】”仁は,道徳的な要請ではなく,治療のための技術として合理的に変貌しなければならない.このような,非合理的な人間の主体性を,科学の名の下に提出し,実践的に解決しようとするもの,それが社会的ないし社会学的ということに他ならない” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”子どもの発達状態には、「保育の形態や時間帯」ではなく、「家庭における育児環境」及び「保護者の育児への自信やサポートの有無」などの要因が強く関連していた。” https://t.co/2ZutukI6td 関連:https://t.co/kNxtaUi5qO
【メモ】”自分の<無知の知>をしっかり自覚できること,学問として医学を愛すること,体験的な<気づき>によって医師としての自己の生き方を根本的に問い直すこと,この3つを生涯にわたって実践することが医学概論の究極的な意義である.” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】「愛着障害,安全基地の歪曲(Zeanah&Boris)」”わざと自己を危険にさらし保護を得ようとする・しがみつきや探索抑制という分離不安障害・過剰な注意,気にする,順応・役割逆転による親へのしつけや世話統制などがみられる” https://t.co/rV4U8KHetL
【メモ】”「感謝されない医師」とは,病気を未然に防ぐことを実践する産業医を前提にした究極の予防医学を実践する医師の姿ではないかと思われる.自覚症状のない慢性疾患や軽症のメンタル疾患を有する労働者に…嫌な顔をされることが少なくない” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”自分の<無知の知>をしっかり自覚できること,学問として医学を愛すること,体験的な<気づき>によって医師としての自己の生き方を根本的に問い直すこと,この3つを生涯にわたって実践することが医学概論の究極的な意義である.” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”施す形というのは医学的にせよ,心理的にせよ,社会的にせよ,宗教的にせよ,真に苦しいときには”施されること”で救われる部分があるが,その時期を過ぎると依存的な関係にとどまることが難点である…幸せの追求には自律性が必要である” https://t.co/2KSpjpw0MM
【メモ】”ここで確認しておきたいのは,愛着関係は必ず生母が担わなくてはいけないものではなく,父,祖父母,保育士,教師,支援者等,「だれでも担える」ということ,そして,「いつでも取り戻せる,修復できる」ということである.” https://t.co/rV4U8KHetL
【メモ】”「感謝されない医師」とは,病気を未然に防ぐことを実践する産業医を前提にした究極の予防医学を実践する医師の姿ではないかと思われる.自覚症状のない慢性疾患や軽症のメンタル疾患を有する労働者に…嫌な顔をされることが少なくない” https://t.co/9341UihIyO
【メモ】”生の声を聞くことで,自分が今後どのように成長していかなければならないかを学生は考察することができる.医師という職業は社会のニーズに合わせて成り立つものであり,医師への不信感の存在を学ぶことはこれから医師になる医学生にとって極めて重要な学びである.” https://t.co/Xq6jwNqdgE
【メモ】”一方にボランティアが殺到,他方で必要としながら得ることが得ることができずにいるという状況があった.発災から1週間ほどは,被災地全域を対象としてボランティアをコーディネートし,救援物資を効率的に管理していくことが求められた” https://t.co/aGtHZKGbyP
【メモ】”こどもを何とかしてほしいと問題点を親に投げかけても自身がいっぱいいっぱいの親にとっては無理難題であり,むしろそうした投げかけはシャットアウトした方が,自分を守ることができるので自己防衛的に協力を拒絶する.” https://t.co/rV4U8KHetL
【メモ】”子どもの発達状態には、「保育の形態や時間帯」ではなく、「家庭における育児環境」及び「保護者の育児への自信やサポートの有無」などの要因が強く関連していた。” https://t.co/2ZutukI6td 関連:https://t.co/kNxtaUi5qO
【メモ】”(災害で愛する人を喪った)遺族の心の傷は「傷口には薄いカサブタがはっているだけで、何かのきっかけで容易にその傷口は開き、また血が流れる」ようなものであり、決して元通りになるわけではない。” https://t.co/zZfFNsYeHq
【メモ】”高齢男性は支援や介護を要する状態となっても社会資源利用を好まず,家に閉じこもりがちとなるケースが散見される.高齢男性の心理状態を評価及び分析し,社会的関わりを促す具体的な方策を提言することが本研究の目的である…” https://t.co/2bK8Cw2hYj
【メモ】”こどもを何とかしてほしいと問題点を親に投げかけても自身がいっぱいいっぱいの親にとっては無理難題であり,むしろそうした投げかけはシャットアウトした方が,自分を守ることができるので自己防衛的に協力を拒絶する.” https://t.co/rV4U8KHetL
【メモ】”(災害で愛する人を喪った)遺族の心の傷は「傷口には薄いカサブタがはっているだけで、何かのきっかけで容易にその傷口は開き、また血が流れる」ようなものであり、決して元通りになるわけではない。” https://t.co/zZfFNsYeHq
【メモ】”ADHDは「行動の問題」であり,行動支援として,即時強化,行動を言語化して褒めることが肝要./ASDはいろいろな行動上の問題が見えても本質は「認知,捉え方の問題」.その認知・捉え方を認め,その居場所を確保する支援が必要.” https://t.co/rV4U8KHetL

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(1ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(224ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @harukask1231: 新型コロナ流行中に、SNS(LINE)を活用して症状をモニタリングすることで、感染状況のトレンド把握に繋がる可能性をまとめた論文を発表しました(共著)。 Early SNS-based monitoring system for the C…
RT @yachu93: もちろん,廣瀬先生たちの論文にも目を通されることを強くお勧めしております。 https://t.co/9t5Ug26nJv
錯視 人工知能 立命館  予測符号化 受動意識仮説  予測的符号化・内受容感覚・感情 - J-Stage  https://t.co/FIec0AuN1R  大平英樹 著 - 2017 - 関連記事 された仮説を検証した実証的研究も現在のところほとんどない。 ... 予測的符号化. 脳は,感覚器官から入力される刺激に受動的に反応.
RT @hayakawa2600: 塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.c…
延長されたチャムグループ、めちゃめちゃしっくりくる https://t.co/Rm4eCA0hYY

6 2 2 0 OA 国史大辞典

国史大辞典の初版は国立国会図書館デジタルコレクションで読めるけどな。 https://t.co/N6BY0PnKVM
参考となる資料) ・心因性発熱の第一人者 国際医療福祉大学病院心療内科の岡孝和先生のホームページhttps://t.co/59zxLFDrN5 ・心因性発熱(機能性高体温症)に対する非薬物療法と薬物療法 https://t.co/iSwpljQ7Jw
“地域づくり型自殺予防対策とは、うつ病の予防という疾病のアプローチを採用しつつも、地域における精神疾患や自殺への偏見を取り除くことで地域の自殺予防に対するエンパワメントを図るという福祉的アプローチも重視する自殺予防対策である(https://t.co/UU3OWT9Sgi )” https://t.co/BTrMqw0fZM
“地域づくり型自殺予防対策とは、うつ病の予防という疾病のアプローチを採用しつつも、地域における精神疾患や自殺への偏見を取り除くことで地域の自殺予防に対するエンパワメントを図るという福祉的アプローチも重視する自殺予防対策である(https://t.co/UU3OWT9Sgi )” https://t.co/BTrMqw0fZM
“失業、経済的苦境、社会的疎外などの社会経済的要因は自殺率の増加に大きな寄与率で直接的な影響を及ぼす。一方、社会経済的要因はソーシャル・キャピタルを変化させ、間接的に自殺率の増減に寄与しうる。” https://t.co/BTrMqw0fZM
“国レベルのマクロの包括的政策では、失業や雇用といった社会経済的要因への政策が重視され、地域の自治体におけるきめ細かい自殺予防対策としては、ソーシャル・キャピタルの強化を視野にいれた社会福祉的対策の必要性を視野に入れるのが現実的なのではないかと考えられる” https://t.co/BTrMqw0fZM
“ソーシャル・キャピタルと自殺予防の関係についての研究は、学術的な興味と関心は強い。しかし、ソーシャル・キャピタルというソフトな要因が実際に自殺予防にどのような意義を有しているかについては今後の検討課題である。” https://t.co/BTrMqw0fZM
“デュルケームの主張する社会からの疎外は社会経済的変動の影響を受けた副次的要因(共変量)であり、自殺率の高さを説明する寄与率の高い本質的な要因は社会経済的要因ではないかと推測される。” https://t.co/BTrMqw0fZM
“デュルケームは女性の自殺率が低いことを社会的な統合度(social integration)が高いためとしているが、若い世代の女性の自殺未遂率が男性より高いことはよく知られており、これは女性の自殺行動が決して低くないことを示している(https://t.co/xBEayHugxx )” https://t.co/BTrMqw0fZM
“地域づくり型自殺予防対策は、農村部のような小さな均質なコミュニティーにおいては、望ましい結合型ソーシャル・キャピタルを増加させることと関連しているのではないかと推測される(https://t.co/sRRR8r8SAt ) ” https://t.co/BTrMqw0fZM
“国際学会のような組織では、異なる組織の緩やかな連合体として学問の進歩に貢献するという側面が強いと思われるが、これは接合型ソーシャル・キャピタルの具体例と言うことができるだろう。” https://t.co/BTrMqw0fZM
“学閥、閨閥、ムラ社会などに見られる結合性は結合型ソーシャル・キャピタルの典型例であり、良い面もないではないが、どちらかと言えば負の側面が連想されるであろう。” https://t.co/BTrMqw0fZM
“異なる構成員を束ねる接合型ソーシャル・キャピタルは社会の望ましい方向性を持つ可能性があるのに対して、同じような背景と心情を共有する構成員を束ねる結合型ソーシャル・キャピタルは排除の論理を内包する負の外部性を持つ可能性が高い。” https://t.co/BTrMqw0fZM
“結合型ソーシャル・キャピタルとは、同一の共同体内部の社会的結合(social cohesion)を意味し、接合型ソーシャル・キャピタルとは、異なる共同体あるいは集団の間を結びつけるソーシャル・キャピタルを意味する。” https://t.co/BTrMqw0fZM
“コミュニタリアン(共同体主義)とは、リバタリアン(自由至上主義)や個人主義的リベラリズムが個人の自由を尊重するのに対して、共同体と伝統の重要性を強調する立場である(https://t.co/dCKDAUlqAn )” https://t.co/BTrMqw0fZM
“我々がソーシャル・キャピタルを論じる際には、真に重要なのは人々の生活により直結した社会経済的要因なのではないかという観点を常に忘れないようにしなければならないだろう。” https://t.co/BTrMqw0fZM
“ソーシャル・キャピタルより、低所得・教育水準・失業・貧困といった社会経済的条件の方が健康決定要因としてはるかに重要であり、ソーシャル・キャピタルは社会経済的要因に付随して考察した方が良い脇役の要因にすぎないと主張する意見がある(https://t.co/x0sPBOLhZr )” https://t.co/BTrMqw0fZM
“Concise Oxford Dictionary では capital の意味として「wealth owned by a person or organization」とあり、ソーシャル・キャピタルとは「社会組織の有する目に見えないソフトな資産」の意味に解釈すれば良いのではないかという示唆が得られる。” https://t.co/BTrMqw0fZM
RT @kanototori: “CiNii 論文 -  井口丑二と神国教 : いわゆる地方改良との関連において” http://t.co/WF3tfvBy