Shoei05_メモbot (@shoei05_bot)

投稿一覧(最新100件)

”SSRIにより5-HT遊離が増えると5-HT2A/2C受容体に作用し、激越や不安、不眠、性機能障害などの副作用を発現し、これらを非定型抗精神病薬は拮抗する。更に5-HT2A/2Cの拮抗用を介した、前頭皮質からのドパミンやノルアドレナリン遊離増加作用もこれらに関係している” https://t.co/UhUzoJYh6F
"感情中立性とは,どの患者のどのような言動に対しても一定の心的状態を維持することであり,共感とは,相手の気持ちを自分のことのように感じ,その欲するところに応えようとするものであり,それを自分自身の課題として引き受けることである" https://t.co/J1K9HSBHEK
自殺率の高い群馬県A地区特有の地域特性:①離別、未婚、仕事問題や経済的理由、あるいは男女間の問題を背景とした20代と40-50代男性における自殺率の上昇、②死別や家庭内孤立などを契機にした70代女性の自殺率上昇 https://t.co/it46AN0lVy
"がん緩和医療に関する地域連携では「顔の見える関係」が最も重要な因子とされ,話す機会を重ねることで信頼関係を構築することが重要と報告されている(https://t.co/ljf5oiFKrq )" https://t.co/j6JoX9uaTw
"看病においては,相手のことを観察するだけではなく,自分自身の状態を正しく知ることも重要である。現代の看護現場や看護教育において反省的実践(Reflective Practice)の重要性が説かれるようになったのはそのためであろう(https://t.co/yfOm4KgSmi )" https://t.co/x5HzQ1Schk
”喫煙によるCYP誘導効果はタバコに含まれるニコチンではなく、それ以外の多環式芳香族炭化水素に起因している。そのため、禁煙補助薬を用いたニコチン補充療法は、基質薬剤のクリアランスには影響を及ぼしにくいと考えられている。” https://t.co/YJN5WZbgwd
“ソーシャル・キャピタルと自殺予防の関係についての研究は、学術的な興味と関心は強い。しかし、ソーシャル・キャピタルというソフトな要因が実際に自殺予防にどのような意義を有しているかについては今後の検討課題である。” https://t.co/yQiCIYaZKR

3 1 0 0 OA 自殺対策白書

これまで自殺の実態を把握する方法として、主に人口動態をもとにした統計解析及び自殺の概要が用いられてきた。しかし、人口動態をもとにした統計解析では、自殺死亡の「発生」の事実を正確に把握することができるものの、自殺の「原因及び背景」について知ることはできない https://t.co/CKAxzR7oxC
TDP-43はFTLDと筋萎縮性側索硬化症とに共通して蓄積する蛋白で、連続する1つのスペクトラムをなし(https://t.co/6nCiKpUfym )、運動ニューロン疾患を伴う前頭側頭型認知症(FTD-MND)は、その中心に位置する重要な疾患で、日本の研究者が病態解明に果たした役割が大きい。 https://t.co/kRH9jy3UhT
環境は大きく、物的環境と社会環境に分けられる。前者には、自然環境も含まれるが、近年では特に、人の手によって作られた建造環境への注目が高まっており、そこには土地利用や交通機関を含む都市デザイン、食料品店や運動施設といった各種資源へのアクセスが含まれる https://t.co/A0BbALtTE4
“我々がソーシャル・キャピタルを論じる際には、真に重要なのは人々の生活により直結した社会経済的要因なのではないかという観点を常に忘れないようにしなければならないだろう。” https://t.co/yQiCIYs2MR
”公衆衛生は、医学はもとより、文学、教育、政治、産業、経済、環境などの知恵と技術を網羅し、調整し、人の健康問題に対処する。単に病気を扱うものではない。「うつ病対策をしても、不況だから自殺者が増加するのは仕方がない」とすることはあまりに無責任である。” https://t.co/YWruW8mlr4
“現実的には,将来を予測し計画を立てることも必要であるし,同時に将来が不確実であることを受け入れ,対処することも必要である。すなわち,人のキャリアに対する能動性,受動性の両側面を視野に入れることが求められよう。” https://t.co/l2NgoiC9vD
「中年クライシス」①”中年というのは青年期から老年期の安定した時期ではない。時折表出する自己の内面の手つかずの部分と向き合うことなく、仕事などで30歳、40歳前半を駆け抜けてきた男性が、40歳後半になって残りの人生の予想がつくようになる。さらに…” https://t.co/YWruW84ccW
「救急領域に関する裁判例」外傷11例:全例死亡/イレウス7例:死亡6例と後遺症1例/急性喉頭蓋炎6例:死亡3例,重度脳機能障害3例/SAH4例:死亡3例と重度脳機能障害1例/AMI3例:全例死亡/急性大動脈解離3例:全例死亡 https://t.co/rJB5eIcN2t
”男子医学生は医学への興味・関心を一貫して優先.女子医学生は,低学年では「興味・関心」と「家庭観」の両立で葛藤しキャリア選択を決めかねる傾向にあった.高学年では「家庭観」を重視する者と「興味・関心」を優先する者とに分かれた” https://t.co/8gdPVqHrYM
”子どもの発達状態には、「保育の形態や時間帯」ではなく、「家庭における育児環境」及び「保護者の育児への自信やサポートの有無」などの要因が強く関連していた。” https://t.co/2ZutukI6td 関連:https://t.co/kNxtaUi5qO
“1902 年日本に神経学を独立するための建議書が国会に出された.しかし,不幸にして,衆議院を通過しなかった.日本の神経学会は,日本精神神経学会となり,神経学は,大学では,精神科,内科の一部で講義されることとなり,神経学としては,苦難の時代の始まりとなった.” https://t.co/3x7lZBUdi9
"オランザピンは10-N-グルクロン酸抱合体および4'-N-デスメチル体に代謝されるが、いずれも薬理活性を持たない。後者はCYP1A2を介して生成されるが、喫煙などの環境で誘導されやすい。喫煙でCYP1A2活性が6倍に上昇し、オランザピン血中濃度が1/5に低下した報告もある" https://t.co/YJN5WZbgwd
"行動制御障害(ICD)はL-dopaよりもドパミンアゴニストが惹起しやすい(https://t.co/2KTTr4sxeB )。プラミペキソールが病的賭博、性欲亢進を生じ易いとの報告がある(https://t.co/S5bQwiPnO2 )。D3受容体への親和性が高いほどICDが生じやすい(https://t.co/uXKvBqrE8m )" https://t.co/cPlS8BAV32
"WHOですらフェーズの判断基準を見直したし,CDCも「暫定版ガイドライン」等を公表しながら何度もリバイスして見せた。重要なのは,利用者にとって必要と思われる情報を,政府という情報発信者が誠心誠意熱意を込めて発信し続けることではないだろうか。" https://t.co/uTQbSncbdz
「がん告知を受けた高齢患者の家族内の相互関係プロセス」”第1の段階では、【がん・手術に苦悩し受容の努力】をし、第2の段階では、【役割の確認】をする。そして第3の段階では、【家族として再結束】 する。” https://t.co/GQ9NGZZuO6
"「被援助志向性」個人が、情緒的、行動的問題および現実生活における中心的な問題で、カウンセリングやメンタルヘルスサービスの専門家、教師などの職業的な援助者および友人・家族などのインフォーマルな援助者に援助を求めるかどうかについての認知的枠組み" https://t.co/KK3DGUqC6J
睡眠と覚醒は,覚醒中に蓄積した疲労を回復するための休息(恒常性維持機構)と,生体時計(体内時計)が刻む約 24時間周期の概日リズム 維持機構の 2つの生理学的側面によって調節されている https://t.co/eEWXz2oCd5
“デュルケームの主張する社会からの疎外は社会経済的変動の影響を受けた副次的要因(共変量)であり、自殺率の高さを説明する寄与率の高い本質的な要因は社会経済的要因ではないかと推測される。” https://t.co/yQiCIYs2MR
「ガムテスト」”無味,ミントのどちらでも評価可能.梅味では唾液量が多くなる傾向があり,梅ガムを使用する際は14mL/10分をカットオフ値とするのが良い(感度80,特異度80)” https://t.co/3cXQhf2ZYL https://t.co/onDHi96nGi
”喫煙によるCYP誘導効果はタバコに含まれるニコチンではなく、それ以外の多環式芳香族炭化水素に起因している。そのため、禁煙補助薬を用いたニコチン補充療法は、基質薬剤のクリアランスには影響を及ぼしにくいと考えられている。” https://t.co/YJN5WZtpKl
“自殺希少地域では①多様性の重視,②人物本位の評価,③有能感の醸成,④適切な援助希求行動, ⑤緊密すぎない緩やかつながり,これら5つの要素が,地域の自殺発生を抑制する「自殺予防因子」である可能性が示唆された” https://t.co/P50pGOwqv9
"自閉スペクトラム(AS)というせっかくの人間理解の新しい視点を,単なる類型化に貶めることなく,臨床家として有効に活用していくことを提案して本稿を終える。" https://t.co/FGcm3v7V00
二次性躁状態は、…Starksteinらは、脳内の責任病巣として、右半球の前頭葉、側頭葉の底面と辺縁系(https://t.co/BtphAMCukb )を、Jorgeらも同様に側頭葉の底面を想定している(https://t.co/EGryCp0uqK )。 https://t.co/cST5Vdb71J
剣の達人は、常に平常心を保ち、五感を研ぎ澄まし、殺気を感じ取ります。注意を特定の対象だけに集中することなく、常に自身の周囲に注意を分配している状態と理解できます。平常心を保つことを学ぶと、無意識の情報処理システムが鍛えられると、筆者は考えています。 https://t.co/HSe0xDxfJb
“地域づくり型自殺予防対策とは、うつ病の予防という疾病のアプローチを採用しつつも、地域における精神疾患や自殺への偏見を取り除くことで地域の自殺予防に対するエンパワメントを図るという福祉的アプローチも重視する自殺予防対策である(https://t.co/KlkQlwTwk1 )” https://t.co/yQiCIYaZKR
“地域づくり型自殺予防対策とは、うつ病の予防という疾病のアプローチを採用しつつも、地域における精神疾患や自殺への偏見を取り除くことで地域の自殺予防に対するエンパワメントを図るという福祉的アプローチも重視する自殺予防対策である(https://t.co/KlkQlwTwk1 )” https://t.co/yQiCIYaZKR
”「意味の再構築」構成主義の考え方を反映。悲嘆のプロセスは常に一定ではなく、体験者の特性や体質の違いによって異なる様々な反応やプロセスが生じる。体験者がそれぞれ独自のプロセスの中で自身の体験を「意味づける」ことの重要性が認識されるようになった。” https://t.co/JlvaO3B4Zm
”忠誠や権威の道徳的直感を重視すべき職業も存在するものの、医療人がもっとも重視すべきは現在及び将来の病者を保護したいという道徳的直感であり、次いで公正と自由である。その点で、忠誠や権威の道徳的直感を重視する武士道は医療人の職業道徳として相応しくない” https://t.co/xqgwoq4bFd
WAIS-IIIの符号問題の代替テストが、開発した山口漢字符号変換テスト(YKSST:Yamaguchi Kanji-Symbol Substitution Test)です。このテストは、市区町村の介護予防事業の効果評価として使いやすいように版権フリーの評価用紙として開発しました(https://t.co/e5cMcVp0ue ) https://t.co/HSe0xDgcHb
"(コミュニティ変容論では)第一次的紐帯にも,親族を基盤とした非自発的な紐帯と,非親族における自発的な紐帯の2種類があり,選択性の増大から,都市では自発的な非親族による紐帯が隆盛をみせるとされる(https://t.co/yrK1cJVXDE )" https://t.co/N4D3jpY2Yt
"意図性保続は何かを意図的に始めようとすると、少し前におこなった行為が繰り返される現象で、一度書いた単語がその後に別な単語を書こうと思ったときに出てきてしまう。間代性保続はひとつの運動がくりかえされる現象で、同じような線を何本もひき続ける。" https://t.co/A0JbMB9cDk
抗精神病薬は、嚥下反射や咳反射の障害、鎮静作用、唾液分泌量の増加、咽頭・喉頭の筋緊張の変化など、複数のメカニズムによって誤嚥性肺炎のリスクを高める。 嚥下反射と咳反射は、咽頭と喉頭を支配する迷走神経と舌咽神経が関与している(https://t.co/KEfOWzGV7Q ) https://t.co/Svkdd2x4Ub
”Fig.1は緩和ケアの分野で有名な「末期がん患者の全人的苦痛」の図を筆者が「災害」に置き換えてアレンジしたものである。” https://t.co/zZfFNsHbFq https://t.co/Vsyhnzt77u
TDP-43はFTLDと筋萎縮性側索硬化症とに共通して蓄積する蛋白で、連続する1つのスペクトラムをなし(https://t.co/6nCiKpDcwm )、運動ニューロン疾患を伴う前頭側頭型認知症(FTD-MND)は、その中心に位置する重要な疾患で、日本の研究者が病態解明に果たした役割が大きい。 https://t.co/kRH9jxMRfT
コルチゾールは A環還元と20位還元,デキサメタゾンは6位水酸化,プレドニゾロンは20位還元と6位水酸化が主な代謝経路.CYP3A4は6位水酸化を触媒し,同酵素の誘導によって効かなくなる程度は,デキサメタゾン,プレドニゾロン,コルチゾールの順(https://t.co/WwoDoNm1s4 ) https://t.co/4TapA8mcv2
警察統計の原因・動機は自殺統計原票にある53項目からの選択式となっているが,精神疾患は,わずか5項目しかない。なお,自殺統計原票記入要領では精神疾患について「これらの病名について医師の診断がある場合に限り(選択できる)」とされている https://t.co/Z4MwxzVayR
”けいれん重積発作後には神経細胞膜表面のGABA受容対数の低下が起こるとされており、実際発作後にIMZ-SPECTを撮影するほうが、より明確に発作焦点を検出できるとする報告もある(① https://t.co/e5SjhIxzkY ;② https://t.co/rreoqisKbT )” https://t.co/53EU1kvy0r
社会環境にはコミュニティにおける住民間の社会的な結び付き(社会関係資本)や、治安・安全性などが含まれる。社会経済的地位はより基礎的な変数といえることから、近年の研究は具体的な環境要素を実証研究の射程に含めたものと考えることもできるだろう。 https://t.co/A0BbALtTE4
"初期から,米疾病管理予防センター(CDC)がリーダーシップをとり,政府や自治体,企業や学校などもCDCを第一情報入手源とした。CDCの情報はデイリー以上の頻度で更新された。リアルタイム情報提供にかなりの配慮が伺えた。国民の関心に答えようという姿勢が見られた" https://t.co/uTQbSncbdz
幸福感については、経済的な暮らし向きと「サポート」が有意に影響していたことから、経済的にゆとりがある者や、被災後に周囲から支援や励ましを受けてきた者は、幸福感を強く感じる可能性が高いと考えられる。 https://t.co/S12CZ1XLzL
"数的事実の想起の困難にはワーキングメモリに関連する欠陥により、誤った答の想起を抑制できない場合があることを示唆している。(https://t.co/mFzkgxDlIL )" https://t.co/FKUyitFddn
高齢者と住居環境、アクセシビリティに関する論文 ①https://t.co/tTtLckRHgK ②https://t.co/yDdc3nJ9yD ③https://t.co/lNvFRN3Sot ④https://t.co/gh1k2oU3DN ⑤https://t.co/KHjHksb9MY ⑥https://t.co/JER2f33gEK
高齢者と住居環境、アクセシビリティに関する論文 ①https://t.co/tTtLckRHgK ②https://t.co/yDdc3nJ9yD ③https://t.co/lNvFRN3Sot ④https://t.co/gh1k2oU3DN ⑤https://t.co/KHjHksb9MY ⑥https://t.co/JER2f33gEK
高齢者と住居環境、アクセシビリティに関する論文 ①https://t.co/tTtLckRHgK ②https://t.co/yDdc3nJ9yD ③https://t.co/lNvFRN3Sot ④https://t.co/gh1k2oU3DN ⑤https://t.co/KHjHksb9MY ⑥https://t.co/JER2f33gEK
高齢者と住居環境、アクセシビリティに関する論文 ①https://t.co/tTtLckRHgK ②https://t.co/yDdc3nJ9yD ③https://t.co/lNvFRN3Sot ④https://t.co/gh1k2oU3DN ⑤https://t.co/KHjHksb9MY ⑥https://t.co/JER2f33gEK
高齢者と住居環境、アクセシビリティに関する論文 ①https://t.co/tTtLckRHgK ②https://t.co/yDdc3nJ9yD ③https://t.co/lNvFRN3Sot ④https://t.co/gh1k2oU3DN ⑤https://t.co/KHjHksb9MY ⑥https://t.co/JER2f33gEK
高齢者と住居環境、アクセシビリティに関する論文 ①https://t.co/tTtLckRHgK ②https://t.co/yDdc3nJ9yD ③https://t.co/lNvFRN3Sot ④https://t.co/gh1k2oU3DN ⑤https://t.co/KHjHksb9MY ⑥https://t.co/JER2f33gEK
”仁は,道徳的な要請ではなく,治療のための技術として合理的に変貌しなければならない.このような,非合理的な人間の主体性を,科学の名の下に提出し,実践的に解決しようとするもの,それが社会的ないし社会学的ということに他ならない” https://t.co/9341UizRMW
“現実的には,将来を予測し計画を立てることも必要であるし,同時に将来が不確実であることを受け入れ,対処することも必要である。すなわち,人のキャリアに対する能動性,受動性の両側面を視野に入れることが求められよう。” https://t.co/l2NgoiC9vD

3 1 0 0 OA 自殺対策白書

これまで自殺の実態を把握する方法として、主に人口動態をもとにした統計解析及び自殺の概要が用いられてきた。しかし、人口動態をもとにした統計解析では、自殺死亡の「発生」の事実を正確に把握することができるものの、自殺の「原因及び背景」について知ることはできない https://t.co/CKAxzRpxLK
「中年クライシス」③”人生残り後半の生き方を見いだせず、「自己の内面と向き合う」という課題を乗り越えることができないとき、自我の崩壊が起きる。不況により悪化した雇用・労働環境を通して、感じたことのない心理的圧迫感を背景に職場・家庭の問題に直面…” https://t.co/YWruW84ccW
「救急領域に関する裁判例」外傷11例:全例死亡/イレウス7例:死亡6例と後遺症1例/急性喉頭蓋炎6例:死亡3例,重度脳機能障害3例/SAH4例:死亡3例と重度脳機能障害1例/AMI3例:全例死亡/急性大動脈解離3例:全例死亡 https://t.co/rJB5eHUDOl
“コミュニタリアン(共同体主義)とは、リバタリアン(自由至上主義)や個人主義的リベラリズムが個人の自由を尊重するのに対して、共同体と伝統の重要性を強調する立場である(https://t.co/1KC1doB9Wg )” https://t.co/yQiCIYaZKR
"デマの発生や,電話やインターネット上での中傷が社会問題となるなど,新型インフルエンザウイルスは医学的には病原性が低いが,人々の不安心理に与えたインパクトは極めて大きかった。実際のリスクより認識されるリスクの方が大きく感じられる「幽霊効果」もあった" https://t.co/uTQbSncbdz
(WSCTで)①前ステージでは正解だったが、現ステージでは不正解である反応(Milner型)、②誤反応ばかりで最初の正解カテゴリーが達成できない場合、最初の明らかなエラーのカテゴリを保続対象カテゴリとする。③あるカテゴリで3つ連続してエラーとなった場合(Nelson型) https://t.co/vLNS0VcTkB
"感情中立性とは,どの患者のどのような言動に対しても一定の心的状態を維持することであり,共感とは,相手の気持ちを自分のことのように感じ,その欲するところに応えようとするものであり,それを自分自身の課題として引き受けることである" https://t.co/J1K9HSBHEK
“学閥、閨閥、ムラ社会などに見られる結合性は結合型ソーシャル・キャピタルの典型例であり、良い面もないではないが、どちらかと言えば負の側面が連想されるであろう。” https://t.co/yQiCIYaZKR
職場のウェルネスプログラム(WWP)における倫理的問題は、生命倫理における3つの原則、すなわち自律の原則、善行・無危害の原則、公正の原則に基づき分類される。 https://t.co/QSJE4tq5ZJ
“1902 年日本に神経学を独立するための建議書が国会に出された.しかし,不幸にして,衆議院を通過しなかった.日本の神経学会は,日本精神神経学会となり,神経学は,大学では,精神科,内科の一部で講義されることとなり,神経学としては,苦難の時代の始まりとなった.” https://t.co/3x7lZCcmwh
”SSRIにより5-HT遊離が増えると5-HT2A/2C受容体に作用し、激越や不安、不眠、性機能障害などの副作用を発現し、これらを非定型抗精神病薬は拮抗する。更に5-HT2A/2Cの拮抗用を介した、前頭皮質からのドパミンやノルアドレナリン遊離増加作用もこれらに関係している” https://t.co/UhUzoJYh6F
”ここで確認しておきたいのは,愛着関係は必ず生母が担わなくてはいけないものではなく,父,祖父母,保育士,教師,支援者等,「だれでも担える」ということ,そして,「いつでも取り戻せる,修復できる」ということである.” https://t.co/rV4U8KHetL
「愛着障害,安全基地の歪曲(Zeanah&Boris)」”わざと自己を危険にさらし保護を得ようとする・しがみつきや探索抑制という分離不安障害・過剰な注意,気にする,順応・役割逆転による親へのしつけや世話統制などがみられる” https://t.co/rV4U8KZnHT
”在宅終末期患者は、がんの闘病生活において一度は死を覚悟したり、いっそ死にたいと望みながらも死ななかった経験を通して、自分ではコントロールできない生死を実感していた…その後の時間を頂いた命と認識し、家族のためにも1日を大切に生きたいと望んでいた” https://t.co/hRYiS0m7nl
”医学は少なくとも人生を真に幸福ならしむべく努力しなければならない科学であり,医学者は医学とは何か,医学は如何にあるべきかについて真剣に考えなければならない.それが医学概論の必要性であり,医学概論のすべてである.” https://t.co/9341UihIyO
"情報不足の状態で不安心理状態に長く置かれると,「デマ」や「流言」が発生することが過去の災害から分かっているため,権威ある機関が先手を打って豊富に情報を提供していくことは,社会的混乱を抑制する点で大きな意義がある。" https://t.co/uTQbSncbdz
「中年クライシス」③”人生残り後半の生き方を見いだせず、「自己の内面と向き合う」という課題を乗り越えることができないとき、自我の崩壊が起きる。不況により悪化した雇用・労働環境を通して、感じたことのない心理的圧迫感を背景に職場・家庭の問題に直面…” https://t.co/YWruW84ccW
”ここで確認しておきたいのは,愛着関係は必ず生母が担わなくてはいけないものではなく,父,祖父母,保育士,教師,支援者等,「だれでも担える」ということ,そして,「いつでも取り戻せる,修復できる」ということである.” https://t.co/rV4U8KZnHT
"わが国では国全体の死因別死亡率の年次変化を観察する場合、また府県別死亡率の格差を観察する場合などに、伝統的に直接法が用いられてきた。間接法が広く用いられるようになったのは、市町村別死亡率の観察などを行うようになった比較的最近のことである。" https://t.co/78BXWd939k
"数式の意味を理解し数式の背後に広がるイメージを想像すること、イメージを作ることが数学を理解するためには必要である。数式の意味を理解するために数字から量を演算記号から数学的操作を想像できなければならない。イメージは数学的思考の概念的理解に重要な役割を果たす" https://t.co/FKUyitFddn
”子どもの発達状態には、「保育の形態や時間帯」ではなく、「家庭における育児環境」及び「保護者の育児への自信やサポートの有無」などの要因が強く関連していた。” https://t.co/2Zutukr3rd 関連:https://t.co/kNxtaUAeEW
"初期の膨大なマスコミ情報に比べて政府からの情報発信と積極性が不足していた感が否めず,漠然と「未知」「恐ろしい」というリスクイメージを持っていた人々は大きな不安におののいたことが考えられる。" https://t.co/uTQbSncbdz
"行動制御障害(ICD)はL-dopaよりもドパミンアゴニストが惹起しやすい(https://t.co/2KTTr4sxeB )。プラミペキソールが病的賭博、性欲亢進を生じ易いとの報告がある(https://t.co/S5bQwiPnO2 )。D3受容体への親和性が高いほどICDが生じやすい(https://t.co/uXKvBqrE8m )" https://t.co/cPlS8BAV32
”大学病院から来たという肩書きだけでは即信用せず,慎重で,神様の話も今で言うセカンドオピニオンみたいなものでしょう.いわば神様との信用くらべのようだと思ったものでした.” https://t.co/99t439AqjD
「中年クライシス」③”人生残り後半の生き方を見いだせず、「自己の内面と向き合う」という課題を乗り越えることができないとき、自我の崩壊が起きる。不況により悪化した雇用・労働環境を通して、感じたことのない心理的圧迫感を背景に職場・家庭の問題に直面…” https://t.co/YWruW84ccW
“ソーシャル・キャピタルと自殺予防の関係についての研究は、学術的な興味と関心は強い。しかし、ソーシャル・キャピタルというソフトな要因が実際に自殺予防にどのような意義を有しているかについては今後の検討課題である。” https://t.co/yQiCIYs2MR
”(災害で愛する人を喪った)遺族の心の傷は「傷口には薄いカサブタがはっているだけで、何かのきっかけで容易にその傷口は開き、また血が流れる」ようなものであり、決して元通りになるわけではない。” https://t.co/zZfFNsYeHq
“デュルケームは女性の自殺率が低いことを社会的な統合度(social integration)が高いためとしているが、若い世代の女性の自殺未遂率が男性より高いことはよく知られており、これは女性の自殺行動が決して低くないことを示している(https://t.co/FAvLbjo0Fh )” https://t.co/yQiCIYs2MR
”(災害で愛する人を喪った)遺族の心の傷は「傷口には薄いカサブタがはっているだけで、何かのきっかけで容易にその傷口は開き、また血が流れる」ようなものであり、決して元通りになるわけではない。” https://t.co/zZfFNsYeHq
"日本版NPは国家資格ではないが,“「特定行為に係る看護師の研修制度」を含む保助看法”の範囲内で,医師の包括的指示のもと,厚生労働省の定める38項目21区分の専門性の高い特定行為の実施,高度実践看護の提供を行う「看護職」である." https://t.co/EtZxeXr4k3 https://t.co/XUxJBfTMAy
"内的他者とは内在化された他者の視線や価値観である。生きる希望,となる理想化された他者であったり,主として両親の価値観が内在化されて行動を審判する超自我であったりする。心所としての愧(ottappa)に重なるところが大きい。" https://t.co/x5HzQ1Schk
”「意味の再構築」構成主義の考え方を反映。悲嘆のプロセスは常に一定ではなく、体験者の特性や体質の違いによって異なる様々な反応やプロセスが生じる。体験者がそれぞれ独自のプロセスの中で自身の体験を「意味づける」ことの重要性が認識されるようになった。” https://t.co/JlvaO3B4Zm
"農村と比べ,都市では人間関係が希薄であり,人々のつながりが失われてしまっているのではないか.そうした世界観はコミュニティ喪失論として古典的に議論されてきた世界観(https://t.co/nNsipUYpbW ;https://t.co/x0rIsIanzp ; https://t.co/CBAlGEWL3C)とも重なる" https://t.co/N4D3jqf60t
“コミュニタリアン(共同体主義)とは、リバタリアン(自由至上主義)や個人主義的リベラリズムが個人の自由を尊重するのに対して、共同体と伝統の重要性を強調する立場である(https://t.co/1KC1doB9Wg )” https://t.co/yQiCIYaZKR
「愛着障害,安全基地の歪曲(Zeanah&Boris)」”わざと自己を危険にさらし保護を得ようとする・しがみつきや探索抑制という分離不安障害・過剰な注意,気にする,順応・役割逆転による親へのしつけや世話統制などがみられる” https://t.co/rV4U8KHetL
"平舘村は、自殺への哀惜の情が最も強く、その一方で、観念し諦めるという気持ちが最も弱かった。また、同村では、じさ自殺問題や自殺した人に対する偏見や白眼視傾向がより小さいという可能性が示唆された。" https://t.co/WsPUqi7MIc
“ソーシャル・キャピタルと自殺予防の関係についての研究は、学術的な興味と関心は強い。しかし、ソーシャル・キャピタルというソフトな要因が実際に自殺予防にどのような意義を有しているかについては今後の検討課題である。” https://t.co/yQiCIYs2MR
”SSRIにより5-HT遊離が増えると5-HT2A/2C受容体に作用し、激越や不安、不眠、性機能障害などの副作用を発現し、これらを非定型抗精神病薬は拮抗する。更に5-HT2A/2Cの拮抗用を介した、前頭皮質からのドパミンやノルアドレナリン遊離増加作用もこれらに関係している” https://t.co/UhUzoJYh6F
"平舘村は、自殺への哀惜の情が最も強く、その一方で、観念し諦めるという気持ちが最も弱かった。また、同村では、じさ自殺問題や自殺した人に対する偏見や白眼視傾向がより小さいという可能性が示唆された。" https://t.co/WsPUqi7MIc
「被影響性の亢進」"物品や検者の動作に強迫的にことばで応じてしまう(チョキの手をみて「2」などと言語化する)強迫的言語応答がみられる(https://t.co/WBWUnyDyEo )。眼前に置かれた物品を指示なしに使用してしまう(使用行動)。責任病巣は前頭葉内側面がうたがわれている" https://t.co/9eBly2ua04
"自殺率の要因分析を行った先行研究では,目的変数と説明変数の間に線形性を仮定する線形回帰分析(OLS)が頻用されてきたが,回帰決定係数が一般に低い.これは多くの社会経済指標間にはKuznets曲線のような非線形関係がある指標が多いからと考えられている." https://t.co/iNuJdV8Jsr
群馬県の農村部居住者に行なった質問紙調査(2012年)。抑うつ状態は「対人関係の懸念」と関連を認めた(OR 2.7, 95%CI 2.1-3.5)。その他の社会的・生活的要因 (経済的な懸念、友人の数、運動習慣、睡眠時間) も抑うつ状態の予測に有用であった。 https://t.co/efFVSDmAdx
"初期の膨大なマスコミ情報に比べて政府からの情報発信と積極性が不足していた感が否めず,漠然と「未知」「恐ろしい」というリスクイメージを持っていた人々は大きな不安におののいたことが考えられる。" https://t.co/uTQbSncbdz
”大学病院から来たという肩書きだけでは即信用せず,慎重で,神様の話も今で言うセカンドオピニオンみたいなものでしょう.いわば神様との信用くらべのようだと思ったものでした.” https://t.co/xR0szL2ytF

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(1ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(303ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)