著者
遠藤 瞭太 後藤 春彦 山村 崇
出版者
公益社団法人 日本都市計画学会
雑誌
都市計画論文集 (ISSN:09160647)
巻号頁・発行日
vol.49, no.3, pp.1083-1088, 2014-10-25 (Released:2014-10-25)
参考文献数
12
被引用文献数
1

昨今我が国を含めた先進諸国においては、社会の成熟とともに知識重視社会に向かいつつあり、教育インフラの重要性が高まっている。本研究では、サードプレイスで学習をする都市生活者を調査・分析したところ、以下の3点が結果として明らかになった。1)サードプレイスで学習する際の意思決定プロセスには、「学習を目的として場所を選択する場合」と「場所を選択する事を目的とする場合」の2種類がある。居住地や就学先周辺では、前者が多くみられた。2)サードプレイスで学習する理由には、物的な側面の動機と心的な側面の動機がある。このうち、心的な動機は、学習意欲に対して強い影響を与えている。3)サードプレイスで学習する人は「人がいる」「一人になれる」という2つの対極的な欲求を持っている。それを満たし、かつ求める物的環境の快適性を有する場所として、サードプレイスが利用されていた。以上のようにサードプレイスは都市における学習場所として価値を有していた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

大学生の学習場所としてのサードプレイスに関する研究 https://t.co/xoBPHzLBfA
見てる: 「大学生の学習場所としてのサードプレイスに関する研究」 "_pdf" https://t.co/kpje759q5w
「大学生の学習場所としてのサードプレイスに関する研究」 日本都市計画学会学術研究論文集 49号, 1083-1088, 2014年10月 遠藤瞭太, 後藤春彦, 山村崇 https://t.co/cjqYoQqQNR

収集済み URL リスト