著者
橋本 成仁 今村 陽子 海野 遥香 堀 裕典
出版者
公益社団法人 日本都市計画学会
雑誌
都市計画論文集 (ISSN:09160647)
巻号頁・発行日
vol.56, no.3, pp.827-833, 2021-10-25 (Released:2021-10-25)
参考文献数
15
被引用文献数
1 1

近年、「サードプレイス」という概念が浸透してきている.サードプレイスとは,家と職場以外の第3の居場所とされ,1989年に孤独感やコミュニティの欠如などの課題を低減させるためにその必要性が提唱された.また,コロナによる影響により,サードプレイスの利用形態が変化していると考えられ,それは都会と地方の地域差も大きいと考えられる.そこで本研究では,東京と地方でサードプレイスを持つことと幸福感の関連性,またコロナ前後の比較をし,その関連性の違いを明らかにすることを目的とする.結果として,コロナ前の東京と地方では,サードプレイスの保有率や交通手段,幸福感,コロナ前後の幸福感の変化に関して違いが見られ,サードプレイスの有無と幸福感の関連性は,現在の東京では見られなかったが,コロナ前の東京とコロナ前と現在の地方にて関連性があることが示された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 8 favorites)

#研鑽ジャーナル #読了 番外編。今回の文献は、ひもきくん @IC4hrR3tAddgcwX (奈県大の友達) のリクエスト。(彼とは茶道のお稽古をしてきた) サードプレイスと呼ばれる、職場や家庭ではない、第三の居場所として最近話題になってきている。文献ではコロナ前/後、地方と↓ https://t.co/FFMO6sLT1R https://t.co/2HpCuLjGpy
https://t.co/FFMO6sLT1R 今日の研鑽ジャーナルはサードプレイスの研究。 https://t.co/5O2b5lmNDy

収集済み URL リスト