著者
大垣 亮 大竹 源人 中根 聡子 小笹 由希子 菅野 陽介 村上 大記 谷川 聡 竹村 雅裕
出版者
一般社団法人 日本アスレティックトレーニング学会
雑誌
日本アスレティックトレーニング学会誌 (ISSN:24326623)
巻号頁・発行日
vol.5, no.2, pp.123-132, 2020-04-30 (Released:2020-06-05)
参考文献数
30

本研究は,男子大学生ラグビー選手を対象に,肉離れの発生率,重症度,外傷負担,発生要因について分析することを目的とした.男子大学生ラグビー選手113名を対象に,2017年から2018年の2年間に発生した肉離れを記録した.肉離れの発生率は,練習時(0.66/1000 player hours)よりも試合時(13.38/1000 player hours)で有意に高かった.重症度は試合時と練習時で差はなかったが,外傷負担は試合時が282.5 (日/1000 player hours)で練習時の約15倍であった.肉離れの38.5%はランニングで発生したが,次いでラックが26.9%でコンタクトプレーでも発生していた.また,肉離れの既往歴を有する選手は発生リスクが4.5倍であった.若年層からの肉離れの予防と再発予防は,チームの競技時間損失の軽減に貢献すると考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

ラグビーでは肉離れの既往が4.5倍の発生リスク、平均23.8日の競技離脱。FW、BKで差はなし。 習慣的なエキセントリックトレーニングで予防可能。 https://t.co/1omG38zwt0
This research was to analyze characteristic of muscle strain for rugby players. This paper was commended by the Japanese Society of Athletic Training as an best paper award. J-Stage https://t.co/7AlmFlFsJm Researchgate https://t.co/tZLbWQuEmq
This paper was commended by the JSAT as an best paper award. https://t.co/7AlmFlFsJm

収集済み URL リスト