著者
成末 まさみ 杉本 悠花 柴田 龍二郎 大坪 俊夫 平田 純生
出版者
一般社団法人 日本透析医学会
雑誌
日本透析医学会雑誌 (ISSN:13403451)
巻号頁・発行日
vol.48, no.3, pp.155-161, 2015 (Released:2015-03-27)
参考文献数
17
被引用文献数
1 2

プレガバリン (リリカ®) は尿中排泄率約90%と腎排泄性薬物であり腎機能に応じた用量調節を行い安全に使用することが臨床現場での課題となっている. 光晴会病院では, 添付文書での推奨投与量以下の用量での有害事象発生状況について調査を行った. 調査期間は2010年6月~2013年11月で120名のうち, 14名でめまい・嗜眠などの中枢神経系有害事象が発生した. 多くは投与開始後6日以内にみられ, 有害事象発生群の体重は非発生群に比し, 有意に低かった (p=0.005). 腎機能低下が進行するほど有害事象発生率は高くなる傾向にあり, 非腎機能低下患者 (n=73) の発生率4%に対し, 腎機能低下患者 (n=47) の発生率は23%と有意に有害事象発生率が高かった (p=0.003). プレガバリンについて, 薬剤師が患者の腎機能を正確に把握し, 投与前の投与量の適正化を行うだけでなく, 体格を考慮した投与設計の実施が必要と考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (13 users, 16 posts, 20 favorites)

ガバリは腎臓に悪いのか https://t.co/uWWCYj4nZT
@hitorigotonansu 医療の基礎教育すら受けてないけど、こういうのです? https://t.co/au3dYUz0hA
プレガバリンは腎機能を考慮した推奨用量でも腎機能低下患者の有害事象発生率が高い https://t.co/RMr0JGgkLI
J-STAGE Articles - プレガバリンは腎機能を考慮した推奨用量でも腎機能低下患者の有害事象発生率が高い https://t.co/qGNwnu5zZj
#リリカ #プレガバリン について #薬剤師 が患者の腎機能を正確に把握し,投与前の投与量の適正化を行うだけでな く #体格を考慮 した投与設計の実施が必要と考えられた 引用元 https://t.co/TWFNjqCDsj https://t.co/pIVkcMMZPm
#リリカ #プレガバリン #腎機能低下 が進行するほど有害事象発生率は高くなる傾向にあり,非腎機能低下患者(n=73)の発生率 4%に対し,腎機能低下患者(n=47)の発生率は 23%と有意に有害事象発生率が高かった(p= 0.003) 引用元 https://t.co/TWFNjqCDsj https://t.co/HdrhwUHGUw
#リリカ #プレガバリンは #腎機能 を考慮した推奨用量でも #腎機能低下 患者の有害事象発生率が高い https://t.co/TWFNjqCDsj
@keith0922 通りすがりです。 腎機能の低下の方にはリスクがあるのですね。僕の親族も透析が多く、痛みがあるため、他人事ではありません。 お大事になさって下さい✨☘ プレガバリンは腎機能を考慮した推奨用量でも腎機能低下患者の有害事象発生率が高い https://t.co/TWFNjqCDsj
プレガバリンは腎機能を考慮した推奨用量でも腎機能低下患者の有害事象発生率が高い https://t.co/sBDrLJeEdT リリカとロキソニンてんこ盛りとか、内科なめとるんか。

収集済み URL リスト