著者
太刀川 貴子 渡理 英二 染谷 健二 池田 年純 荒明 美奈子 藤巻 わかえ 金井 孝夫 内山 竹彦 宮永 嘉隆
出版者
Japanese Society of Environmental Infections
雑誌
環境感染 (ISSN:09183337)
巻号頁・発行日
vol.14, no.4, pp.255-263, 1999-11-30 (Released:2010-07-21)
参考文献数
21
被引用文献数
2

弱酸性電解水の各種病原微生物に対する効果を検討した.弱酸性電解水は電解添加液 (NaCl, HCl) を微量添加した水道水を隔壁膜のない電気槽で電気分解し, pH5.0-6.0に設定することにより, 次亜塩素酸を効率よく有効利用する目的で開発された.細菌に対する効果は含有塩素濃度, pH, 温度, 作用時間の影響を検討した.無芽胞菌 (13種を検討) においては本電解水含有塩素濃度30ppm, 作用時間30秒で被験菌株のほとんどについて生存菌数が検出限界以下であったが, P. aeruginosaの殺菌には50PPmが必要であった.有芽胞菌 (3種を検討) の場合, C. perfrigensとC. botulinumは含有塩素濃度60ppm, 作用時間1分で検出限界以下になった.B.subtilisは含有塩素濃度50ppm, 作用時間5分で検出限界以下になった.ウイルスに対する効果は50ppmではInfluenzavirus A/PR/8/34株, Semliki forest virusにおいては5秒, Adenovirus8型では15秒, Herpes simplex virus 1型HS株では1分, 2型KP株では5分以内で検出限界以下となった.Humanimmunodeficiency virus1型IIIB株においては30ppm, 5秒で検出限界以下となった.また, 応用として, 手指除菌効果の検討, 噴霧による実験動物飼育室の除菌効果の比較を行ったが, いずれも除菌効果があった.本弱酸性電解水は各種病原微生物に対して優れた殺菌効果があり, 安全で種々の用途への応用が期待される.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (12 users, 14 posts, 5 favorites)

1999年の論文だけど、女子医大、日本医科大、国立感染症研究所の先生方が弱酸性次亜塩素酸水(塩入れて電解)には細菌、ウイルスの不活化効果があると証明してます。犬猫がいる環境での噴霧実験も。(^_^;) 各種病原微生物に対する弱酸性電解水の効果 - J-Stage https://t.co/nhI8j4aPuX
スプレーで聞くかどうか分からんが、一概に効かないわけでもないのでは。 理学部なら実験してみて欲しい https://t.co/G3r0ZqdIWQ https://t.co/Jt3SFUVp10 「「誰だよこんなもの置いたの」大学の理学部の入り口に『次亜塩素酸水』のスプレー..」https://t.co/wyNMEokrzQ にコメントしました。
なかなかこういうツイートのバズりも危険。一般人は次亜塩素酸ナトリウムと混同してしまう。次亜塩素酸水を手に刷り込む程度ならさして危険はない。効果そのものはイマイチ胸を張れないものの、そもそも大量調理の際に食材にかけてるものはこれかと。 https://t.co/pI5JLxNxuy https://t.co/yJRpz8fVta
https://t.co/pI5JLxNxuy 前にも貼ったが、こういうペーパーも一応は出てるんだがね。
J-STAGE Articles - 各種病原微生物に対する弱酸性電解水の効果 https://t.co/g7KicuhHpl
@neco_goronyan @gadrinium @covid42840701 https://t.co/I4V7jpXjb0 https://t.co/YHABxtet4X https://t.co/PTDGpDldXc このあたりの資料が詳しいと思います。 塩素濃度の問題だと思います。ですので、流水でないと効果が無いとしているのだと思います。
@kurumarurun https://t.co/pI5JLxNxuy おそらくこれに近いもののように思います。
各種病原菌 微生物に対する弱酸性電解水の効果 https://t.co/jAs5pMiKJz
【参考にしたURL】https://t.co/hYjVghTkO7 https://t.co/KLd2Mp9y61 https://t.co/hbbT9jZDY1 あとウィキペディアとか (HSVは単純ヘルペスウイルスのこと。2番目のページの表5で出てくる。やたらアガッた。笑)

収集済み URL リスト