著者
道脇 幸博 ⻆ 保徳
出版者
一般社団法人 日本老年歯科医学会
雑誌
老年歯科医学 (ISSN:09143866)
巻号頁・発行日
vol.28, no.4, pp.366-368, 2014-04-01 (Released:2014-04-10)
参考文献数
5

誤嚥性肺炎予防の社会的意義を明らかにするために,70 歳以上の高齢者のうち誤嚥性肺炎で入院している患者総数と国民医療費をもとめた。肺炎による入院患者総数は,平成 23 年度に厚生労働省が行った全病院・診療所に関する悉皆調査からの実数とした。70 歳以上の入院肺炎のなかで高齢者の占める割合と高齢者の肺炎のうち誤嚥性肺炎の割合は,文献値を採用した。また肺炎による入院費用は,都内の三次救急病院の平成 23 年度の入院費用を代表値とした。 その結果,70 歳以上の高齢者では毎日 2 万人が誤嚥性肺炎で入院しており,年間の入院費用は約 4,450 億円と推計され,医療費用の観点で誤嚥性肺炎予防の社会的な意義が示された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (160 users, 166 posts, 136 favorites)

70 歳以上の高齢者の誤嚥性肺炎に関する総入院費の推計値(平成23年のデータ) この文献によると、全国における1日の誤嚥性肺炎による入院患者は19910人/日、年間の医療費は4450億円と推計されています。現在ではより多くの患者数、医療費が予想されます #48時間連続論文紹介 https://t.co/gN0DQCn29h
https://t.co/iTREbIHL2P
「誤嚥性肺炎で入院する70歳以上の高齢者は毎日2万人。 https://t.co/cviUMhg9hU #誤嚥性肺炎 のリスク要因は、低栄養・サルコペニア・摂食機能障害など。適切な口腔機能ケアがリスクを大きく下げることもわかっている。予防的な介入が重要」と佐々木淳医師。 #認知症
食べ物の入り口の「口」を清潔に保ち噛む・飲み込む機能を高める口腔ケアと、合わない入れ歯を調整してしっかり噛めるようにする歯科の介入は、誤嚥性肺炎を減らす効果があります!通えなくなったら訪問歯科の利用を。 #誤嚥性肺炎 #口腔ケア #訪問歯科 https://t.co/zWYbbuw1zm
もし誤嚥性肺炎を1割減らすことが出来れば、浮いたお金でスカイツリーもう1本立てられる計算に。 https://t.co/vhck8UggOm
https://t.co/ePBenYuA1S 医療にかかるお金は薬だけじゃないんやで
オプジーボが月100万円とかキムリア3400万円とか騒ぐけど、、、この報告を見ると高齢者肺炎は1日あたり4.9万円かかって平均入院日数は20.8日、それで万単位の人数が毎年入院してるらしいですよ。恐ろしい数字よね。 https://t.co/8PxVP7Sd1F

収集済み URL リスト