著者
奥村 隆
出版者
日本社会学会
雑誌
社会学評論 (ISSN:00215414)
巻号頁・発行日
vol.58, no.4, pp.415-436, 2008-03-31 (Released:2010-04-01)
参考文献数
7
被引用文献数
1 or 0

社会学を専攻する学部学生は,大学で社会学教育を受けるなかで,社会学になにを見出しているのだろうか.彼らは社会学をどのようにおもしろいと思い,卒業後どのように役に立つと思っているのか.本稿は,2003年に日本社会学会社会学教育委員会が7つの大学を対象として行った質問紙調査の結果からこのことを検討する.前半で,大学入学以前の社会への関心や社会学についての知識,社会学の授業についての満足度などを見たあと,後半では,学生たちがいかなる語彙で社会学が「役に立つ」と語り,社会学が「おもしろい」と語るかを,自由回答を分類することで明らかにする.そこからは,進路に役に立つことや社会への知識が得られることよりも,視野を拡大する「幅広さ」,常識を転倒する「意外さ」,自分と関係する「身近さ」に社会学の魅力を感じている学生の姿が浮かび上がる.この調査結果への評価を通して,本稿は社会学教育が現在直面する「岐路」を暫定的に描き出すことを試みる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 10 posts, 17 favorites)

奥村隆(2007)がまとめた社会学部生に対して行った調査だと、2,3年生に比して4年生は社会学が実生活に有用と答えた人が少なかったけど、これは就活のときに社会学が無力なことに由来しとるんかね https://t.co/VIk4vW10JH
(メモ)片桐新自「社会学カリキュラムの変遷--関西大学社会学部社会学専攻を対象として」『関西大学社会学部紀要』42(1), 2010. 奥村隆「学生は社会学になにを見出しているか」、2008 (pdf) https://t.co/kUOAQ4LZBx

収集済み URL リスト