著者
坪村 宏
出版者
公益社団法人 日本化学会
雑誌
化学と教育 (ISSN:03862151)
巻号頁・発行日
vol.46, no.10, pp.632-635, 1998-10-20 (Released:2017-07-11)
参考文献数
3
被引用文献数
3

従来の高校教科書では電池の項の説明をボルタ電池から始めるものが多い。しかしボルタ電池は, 歴史的な立場はともあれ, 実際は非常に複雑な現象を含むものであり, また安定した起電力を保つことも難しいものであって, これを電池の話の導入に用いることは無理がある。またそのためか, 従来の教科書のボルタ電池の説明には誤りが多く, 化学教育上必要のない, 複雑で末梢的な記述が多い。電池の仕組み, 特長を教えるには, ボルタ電池はやめにして, ダニエル電池などを導入に用いることを勧めたい。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

ここらへんの記述は実はあやしいそうです。 大分昔から、電気化学の専門の方からはクレームがあるのに、直らないのだとか。なぜだろう。 坪村先生が相当昔(20年前)に科学と教育に書いておられますが、正統な理解は、H2の酸化(つまりH+の還元、ボルタ電池の通常の反応)の逆反応が進行するために電圧の低下などがおこる、ということです。 https://www.jstage.jst.g ...

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[化学][電池] ボルタ電池は実際にいはきれいな化学反応起きてないのね

Twitter (3 users, 3 posts, 4 favorites)

ボルタ電池はもうやめよう : 問題の多い電気化学分野の記述(教科書の記述を考える 15) https://t.co/JHc3GckrIN
ここらへんが参考になるのか?まあ、でも高校化学ではVSEPR理論さえやらないし、酸化数の話を電子式から説明することもないからしょうがないのかなあ・・・。教科書がごまかされてある可能性はけっこうあるかも。 https://t.co/Q6URWdvsgW #化学

収集済み URL リスト