著者
團 康晃
出版者
関東社会学会
雑誌
年報社会学論集 (ISSN:09194363)
巻号頁・発行日
vol.2017, no.30, pp.75-86, 2017-07-31 (Released:2018-09-01)
参考文献数
17

This paper analyzes how the meaning associated with the word “shikohin” evolved and was extended in the Meiji era. “Shikohin” was originally introduced as a word for knowledge of German hygiene in a textbook translated by Goto Shinpei, who worked for the Board of Health. Soon after, in a fast-changing environment of consumption, “shikohin” was used in the public relations magazine ‘Shiko’, where it connoted not only a knowledge of hygiene but also knowledge relevant to taste.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (14 users, 19 posts, 29 favorites)

<小ネタ> 「明治屋」のPR誌『嗜好』は、1908年に創刊、100年目の2008年に585号、別巻73号の発行を以て休刊したわよ。コーヒーを特集した号もあるわよ。 https://t.co/WNbyDDgt3q https://t.co/57jMlY74Hk
エッセイを書きました。年報社会学論集に掲載された「「嗜好品」が「趣味」と結びつくとき」をもとに書いたものです。https://t.co/vfqBcMVXco https://t.co/SfMKp6TuPt
「嗜好品」って後藤新平が作った訳語なのか。 J-STAGE Articles - 「嗜好品」が「趣味」と結びつくとき――明治期における衛生学および勧業、PR誌のテクスト実践を事例に―― https://t.co/cEYXq6fw11
電子版公開されました。 (ちらっと後藤新平が出てきます) 團康晃2017「嗜好品」が「趣味」と結びつくとき――明治期における衛生学および勧業、PR誌のテクスト実践を事例に―」『年報社会学論集』30 https://t.co/6wOvKf60Cj

収集済み URL リスト