著者
茂木 健司 笹岡 邦典 佐々木 真一 鈴木 克年 根岸 明秀
出版者
北関東医学会
雑誌
北関東医学 (ISSN:13432826)
巻号頁・発行日
vol.50, no.6, pp.511-516, 2000-11-01 (Released:2009-10-15)
参考文献数
10

著者らは, 口腔機能検査の一つとして口腔内容積を測定する方法, 含水法を考案し, その再現性, 客観性を検討した.方法 : 水を満たした60mlのシリンジ先端を被験者の口角より口腔内に挿入後, 水を注入し, その最大値を記録し, 6回の平均値を口腔内容積とした.結果 : 1.健常被験者10名の口腔内容積の測定から, 被験者の顎位を中心咬合位で測定する方が, 自由な顎位での測定より測定値に変動が少なく, 再現性が高いと考えられた.2.口腔内容積は身長, および全頭高との問に相関が認められた.そのため口腔内容積を個人間で比較するときは身長を付記すべきものと思われた.3.各種顎口腔外科的手術患者7例の手術前後の口腔内容積の変化は手術内容とよく一致しており, 本法は客観性があると考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 3 favorites)

@kira_kmyd2nd https://t.co/ZKCt1M1w4W 開口時の口腔内容量は20代女性で40cc~80ccと開きがありますが,60ccと仮定するとチョコレートの比重1.1~1.3g/ccからチョコレート50g程… https://t.co/gGu6AbyxhG
1 1 https://t.co/kl9V2Pj0s0
@27444 https://t.co/zbKUZOt8s2 それっぽいのがあったゾ(適当)

収集済み URL リスト