著者
上谷 直克
出版者
独立行政法人 日本貿易振興機構アジア経済研究所
雑誌
ラテンアメリカ・レポート (ISSN:09103317)
巻号頁・発行日
vol.35, no.2, pp.1-25, 2019 (Released:2019-03-07)
参考文献数
19

今年V-Dem(Varieties of Democracy)研究所から発行された年報Democracy Report 2018: Democracy for All?によると、ここ約10年の世界の民主政の様態は、概して「独裁化(autocratization)」傾向を示しているという。もちろん、普通選挙の実施に限れば、常態化している国もみられるため、この場合の「独裁化」は、普通選挙以外の側面、つまり、表現および結社の自由や法の下の平等に関してのものである。現代社会で最も正当とみなしうる政治体制は自由民主主義体制であり、それは慣例的に「自由」を省略して単に「民主主義体制」と呼ばれるが、皮肉にも現在、世界の多様な民主制が概してダメージを被っているのは、まさにこの省略されがちな「自由」の部分なのである。同時期のラテンアメリカ諸国での民主政をみてみると、ここでも選挙民主主義の点では安定した様相をみせているが、自由民主主義指標の変化でみると、ブラジル、ドミニカ共和国、エクアドル、ニカラグア、ベネズエラの国々でその数値の低下がみられた。しかし,世界的な傾向とは若干異なり,これらの国では「自由」の中でも,執政権に対する司法や立法権からの制約の低下が著しかった。本稿では、上記の世界的傾向や近年のラテンアメリカ地域での傾向をV-Demデータを使ってみたところ低下がみられた、ベネズエラを除いた上記4カ国の最近の政治状況について端的に報告する。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

"(V-Demレポートによれば)10年の変化だけみても、北 米の大国・米国、そして、ブラジル、ロシア、インド、中国の BRICS の国々、また東欧の地域大 国であるポーランドやハンガリーで、自由民主主義の重大な後退がみられる"

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

"(V-Demレポートによれば)10年の変化だけみても、北 米の大国・米国、そして、ブラジル、ロシア、インド、中国の BRICS の国々、また東欧の地域大 国であるポーランドやハンガリーで、自由民主主義の重大な後退がみられる" /… https://t.co/pug58ZB9oE

収集済み URL リスト