著者
安田 雅俊 坂田 拓司
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.51, no.2, pp.287-296, 2011 (Released:2012-01-21)
参考文献数
80
被引用文献数
4

九州において絶滅のおそれのあるヤマネGlirulus japonicusについて,過去の生息記録に基づき,分布や生態の特徴と保全上の課題を検討した.62件の文献資料からヤマネの生息記録54件が得られ,8ヵ所の主要な生息地が認められた.九州のヤマネは,低標高の照葉樹林から高標高の落葉広葉樹林まで垂直的に幅広く生息すること,少なくとも秋から冬にかけて3–5頭を出産すること,11月下旬から4月下旬に冬眠することが明らかとなった.英彦山地,九重山,多良岳および肝属山地の個体群については,地理的にも遺伝的にも孤立している可能性が高く,保全には特に配慮する必要がある.県境に位置する孤立個体群の保全には隣県が連携して取り組むことが不可欠である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (12 users, 25 posts, 4 favorites)

@kamekameshop ヤマネは夜行性で目撃されることが少ないのですが…原因は乱獲ではなく生息地の分断でしょうか? 絶滅のおそれのある九州のヤマネ(J-STAGE) https://t.co/h6JR9F50ca 英彦山地,… https://t.co/EAZf4A9vjd
@tokoyo ご返信をありがとうございます。九州のヤマネは個体群が分断されているそうで、ヤマネの目撃情報が貴重なんです。 絶滅のおそれのある九州のヤマネ(J-STAGE)https://t.co/h6JR9F50ca もし見かけ… https://t.co/QoVdmCoylO
西日本ではヤマネの生息数が脆弱と思われ…近畿・中国地方をはじめ…九州でのヤマネ目撃は、実は難易度高いです… 絶滅のおそれのある九州のヤマネ(J-STAGE)https://t.co/h6JR9F50ca 英彦山地,九重山,多良岳… https://t.co/7APVNGaNwt
@shoebill_hoda 佐賀県の背振山地でヤマネの生息確認をお手伝いした時は見付けられませんでした…九州での調査は難易度高いですね… 絶滅のおそれのある九州のヤマネ(J-STAGE)… https://t.co/XlnI4aASp6
絶滅のおそれのある九州のヤマネ(J-STAGE)https://t.co/h6JR9F50ca ヤマネは…英彦山地,九重山,多良岳および肝属山地の個体群については地理的にも遺伝的にも孤立している可能性が高く,保全には特に配慮する必… https://t.co/dkd7l5gsAN
大分県日田市で自動撮影カメラによるヤマネの貴重な発見事例 https://t.co/HE6zp7Qzyb (安田ら2011)では九州各地のヤマネは地理的にも遺伝的にも孤立している可能性が高く英彦山地、九重山、多良岳および肝属山地の… https://t.co/8a94IbVcE4
@gozzarru 凄い貴重なヤマネ発見ですね。絶滅のおそれのある九州のヤマネ(安田ら2012)では九州各地のヤマネは地理的にも遺伝的にも孤立している可能性が高く…孤立個体群についての保全には特に配慮する必要があるそうです。 https://t.co/h6JR9F50ca
絶滅のおそれのある九州のヤマネ - https://t.co/qHyX1DGSZP 過去の九州でのヤマネの報告例✍
@anonyy 絶滅のおそれのある九州のヤマネ(安田ら2012)では九州各地のヤマネは地理的にも遺伝的にも孤立している可能性が高く…とあります。ヤマネの目撃情報は西日本では少なく孤立個体群についての保全には特に配慮する必要があります https://t.co/nmASLRemJG
森林総合研究所九州支所の安田先生方の「絶滅のおそれのある九州のヤマネ」では、九州各地のヤマネは地理的にも遺伝的にも孤立している可能性が高く、英彦山地、九重山、多良岳および肝属山地の個体群については保全には特に配慮する必要があるそうです http://t.co/JimLvFL8
@tokoyo 森林総合研究所九州支所の安田先生は、九州のヤマネについて危惧されています。 http://t.co/J6qUk8Wv 西日本では標高1000mを超える山が少ないので、ヤマネの生息が脆弱と考えられてます。新しいレッドリストではヤマネは一律にランク外になりましたが…
森林総研の安田先生方の「絶滅のおそれのある九州のヤマネ」では、九州各地のヤマネは地理的にも遺伝的にも孤立している可能性が高く、保全には特に配慮する必要があるそうです http://t.co/JimLvFL8 ひできのんさん発見の南限ヤマネ http://t.co/CEm4zMtr
哺乳類科学Vol. 51 (2011) , No. 2 森林総合研究所の安田先生・熊本野生生物研究会の坂田先生が「絶滅のおそれのある九州のヤマネ―過去の生息記録からみた分布と生態および保全上の課題」 http://t.co/i5oyq7WH 九州におけるヤマネの現状に言及。

収集済み URL リスト