著者
佐藤 俊樹
出版者
数理社会学会
雑誌
理論と方法 (ISSN:09131442)
巻号頁・発行日
vol.29, no.2, pp.363-372, 2014 (Released:2016-07-10)
参考文献数
38

盛山和夫『社会学の方法的立場』ではM・ウェーバーやN・ルーマンらの方法論が批判的に再検討されているが,我々の考えでは,これらは彼らへの批判というより,その理論と方法の再記述にあたる.例えばウェーバーの方法は,近年の英語圏や独語圏での研究が示すように,主にJ・フォン・クリースの統計学的で分析哲学的な思考にもとづくもので,経験的な探究では『理念型』や『法則論的知識』は因果分析での反事実的条件としても使われている.彼の『価値-解釈』はベイズ統計学での事前分布と機能的に等価であり,有名な『価値自由』論が意味しているのは,内部観察である社会科学にとって不可避な,観察の理論負荷性である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

『社会学の方法的立場』をめぐる方法論的考察 (盛山和夫著『, 社会学の方法的立場 客観性とは何か』東京大学出版会, 2013年) / 佐藤 俊樹 https://t.co/G9CMTq6BNF
書評特別企画:『社会学の方法的立場』をめぐる方法論的考察(盛山和夫著, 『社会学の方法的立場 客観性とは何か』 / 佐藤 俊樹 https://t.co/ZDaVO8lYvj

収集済み URL リスト