Naoki Iso (@isnki)

投稿一覧(最新100件)

RT @DN_networks: CiNii 論文 - 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUGJeL #CiNii そういう意味でこの池上論文って今の10倍くらい参照される可能性のある議論が眠って…
RT @ktaonmo: 問題は「環境」であるのか? : 「それだけではない」ポリティカル・オントロジーのアプローチ https://t.co/hqsHchfHja 神崎隼人さんによる、エスコバル、デラカデナ、ブラセルらのPOのクリアカットな紹介。Designs for the…
RT @dicekk: 修士論文が大詰めというビジネススクールの院生の皆さんも多いと思いますが、自らのリサーチクエスチョンの点検にご活用下さい。 M1の終わりからM2の初め位に読んでもらうようにしていますが、実際に論文を書き始めてからの方が内容が入ってくる気がしています。 h…
RT @n_a_k_a_m_u_u: 今年のゴンクール賞はセネガル出身の作家で、その100年前、1921年ゴンクール賞受賞作はルネ・マラン『バトゥアラ』でした。なんとその翌年、大正11年に日本語訳が出ています! これについては砂野幸稔先生の論文で詳しく検討されています。下記UR…
RT @r_shineha: NISTEP (2021) 『欧州レベルの科学技術・⾼等教育政策 〜現状と成立過程~』 https://t.co/CsgZUSLAqZ
RT @MValdegamas: 小松香織「トルコにおける親日観の源流」『学術研究 : 人文科学・社会科学編(早稲田大学)』69(2021年3月)https://t.co/3V8MB1m41Z 「非西洋で近代化に成功した日本」というステレオタイプが、日露戦争後の日本紹介本によっ…
実験室から「相互の係わりあい」の民族誌へ ―― ポスト‐アクターネットワーク理論の展開と ダナ・ハラウェイに注目して ―― / 鈴木 和歌奈 https://t.co/TWHGNNTkAk
美術館における絵画鑑賞者類型の析出と類型帰属要因の識別 / 与謝野 有紀, 林 直保子 https://t.co/QWB1J9LwZm
RT @yuiko_fujita: ロザリンド・ギルが日本語で読める!名言連発 翻訳ありがとうございます✨ 「沈黙を破る─新自由主義化する大学の隠された傷」 https://t.co/4n30KfXbje https://t.co/GkyNxAjqgo
伝統芸能に関する世論調査報告書(首都圏) / 国立劇場調査養成部芸能調査室編 日本芸術文化振興会, 1992.3- https://t.co/C0YlLG7utj
能楽に関する意識調査報告書 / 国立劇場調査養成部調査資料課編集 日本芸術文化振興会, 2002.3 https://t.co/gcEVKTyg3h
現代社会における権威主義的態度尺度の有用性 環境保護意識、ヘルス・コンシャスの分析視角として / 吉川 徹 https://t.co/9uBZzW4aKt
RT @matsuchiy: 南風原先生のセミナー原稿,心理尺度に関する大学の授業で必読にしてほしいぐらい素敵。「尺度仕様書による構成概念の明確化」「ルーティン化された手続きの見直し」は近年すごく大事なことになってきてるけど,教科書とかに出てこなそう https://t.co/…

22 0 0 0 OA 人形写真論

RT @387mika: こっそり博士論文を置いておきます。(気がつかなかっただけで数ヶ月前から公開されていたようです)実技の専攻なので、論文の趣旨が自作解説であることが前提となっています。黒塗りの章は2018年に出版されている『〈妊婦〉アート論』第一章を加筆した内容です。…
『有限性の後で』とフランス哲学界 (特集書評 『有限性の後で』をめぐって) https://t.co/qvComdg6LN #CiNii
少子高齢社会における社会階層とライフコース: 出身階層のライフイベントへの効果に着目して / 白波瀬 佐和子, 石田 浩 https://t.co/RkJ5fo2ebt
RT @ryuujisasaki: ちなみに増補改訂版の書評は吉原直毅先生が書いてくださっています。 https://t.co/CuDrYM0HLg
RT @nakata_kttk: ちなみに、検索すると佐々木隆治『物象化論』は、書評という形で反論がされていて(https://t.co/CVNXuzvGjD)、それに対して佐々木が(明らかにキレ気味の)「再反論」をしており(https://t.co/llBSCT9nEs)、『…
RT @nakata_kttk: ちなみに、検索すると佐々木隆治『物象化論』は、書評という形で反論がされていて(https://t.co/CVNXuzvGjD)、それに対して佐々木が(明らかにキレ気味の)「再反論」をしており(https://t.co/llBSCT9nEs)、『…
RT @mrst_anth: 川田順造「民族と国民国家」 なかなかよい。 https://t.co/X7SB1mXsA3
RT @soichiro_sumida: 「人種主義を乗り越えることはできるか : エティエンヌ・バリバールとイマニュエル・ウォーラーステインの対話 」(竹谷和之教授退職記念号) https://t.co/fkJ13v6t6d #CiNii
Anthropology today : an encyclopedic inventory https://t.co/37t2cifAq2 あとで読む。
1979年の『版画センターニュース』はどこに行けば読めるのだろう。 https://t.co/ZDxBdpJxIH
RT @tawaki79: 貧困層をどのように呼ぶのか。このことが極めて政治的なイシューであることを示す論考。めちゃ勉強になります。 J-STAGE Articles - ポスト・アンダークラスの貧困論に向けて https://t.co/X0IsluHbXJ
坂井先生は、科研費の助成を受けてシャミナードの研究をされています。20世紀後半にシャミナードが不当に低い表記を得ていたのはどうしてかという問題を「音楽史とジェンダー」という観点から切り込みつつ、ピアニストとして新たな作品解釈を演奏するで実演する試みです。 https://t.co/CuS8bwLZX3
因果推論の道具箱 / 大久保 将貴 https://t.co/Dgo7RXXHSQ
RT @t_kawase: 松山陽平先生による書評。まさに「一刀両断」。僕も一応読んだけど、イスラーム神学に詳しくなくても「こんな“野蛮”な解釈で、千年以上続いてきた訳ねえだろ」と感覚的に思った。あの本を褒めていた人は反省するべき。/J-STAGE Articles - 飯山陽…
RT @khargush1969: 松山洋平(2018)「書評 飯山陽著『イスラム教の論理』新潮社」『オリエント』61(1): 74-78. https://t.co/4hLKAzhezK ああとても重要な書評がようやくオープンアクセスに。「イスラーム」をどう論じ表象するのかと…
RT @hrk_book: 【宣伝】 私の初めての論文が『科学哲学』54巻1号に掲載されました。いわゆる規則のパラドックスに対してクリプキが与えた懐疑論的解決を再構成し、その整合性を擁護しています。 https://t.co/7VrdIkY4uR
URAの定着におけるスキル標準の役割とそれを用いた機能分析 / 髙橋 真木子 https://t.co/PwCaDWJ80x
飯田豊「マクルーハン,環境芸術,大阪万博 : 60年代日本の美術評論におけるマクルーハン受容」 https://t.co/Ax5Bmrdvag
RT @RyotaMugiyama: 今年の日本社会学会奨励賞・論文の部の受賞は斉藤知洋さん。おめでとうございます!受賞論文は『家族社会学研究』掲載の「シングルマザーの正規雇用就労と経済水準への影響」。 https://t.co/hYWDEP2xyv
RT @eiji_kawano: 科学技術基本法改正と人文・社会科学 中村 征樹 https://t.co/xnypzXY1Nv
RT @Cristoforou: 第一波から第四波までのフェミニズムの流れについては去年『現代思想』2020年3月臨時増刊号に「波を読む : 第四波フェミニズムと大衆文化」っていう、大学の初年次の授業とかで使えるようにごく基本だけ説明したものを書いてますので、見てくだされ… h…
The differentiation of society / Niklas Luhmann ; translated by Stephen Holmes and Charles Larmore https://t.co/8BsXTN4vkp 某英語論文で引用されていて、この本が気になっている。「社会学的啓蒙」の翻訳らしいけど、どの論文が収録されているのかを図書館で確認しないと。
マルクスの物象化論と廣松の物象化論 / 田上 孝一 https://t.co/YF0Dw1HgSF
『新訳・ソシュール 一般言語学講義』について / 熊本裕 https://t.co/JnvQBeugp3 町田訳『一般言語学講義』の問題を知る上で必読の論稿。

1 0 0 0 戰爭の哲學

ジンメルの「ヨーロッパの理念」が所収されている『戦争の哲学』をご教示いたいだいのですが、恥ずかしながら未読です。これは読まねば。邦訳の刊行が1943年なので、私は読むのに苦労しそうですが。 https://t.co/jiH8HcuhI5
<座談会> 田中義久教授の社会学と法政大学社会学部 の歩み / 田中 義久, 小川 文弥, 宮島 喬, 舩橋 晴俊, 伊藤 守, 小林 直毅, 藤田 真文[司会] https://t.co/zTRSwcvQYB
RT @nov_saturday: 西田尚輝@iko_anadihsin さんの「 失業カテゴリー形成の社会的・歴史的分析: 19 世紀前半の社会経済学を中心に」が公開された。 失業・失業者カテゴリーの提起を19世紀末ではなく1830年代とし、その初期における排除と再包摂の過…
RT @ykido66: アメリカ史/アメリカ研究で修論・卒論を書いている学生さんたちは、デジタル化された史料がたくさん使えますので『立教アメリカン・スタディーズ』40号の「アメリカ史研究におけるデジタル情報資源の現在 (<特集>デジタル・ヒューマニティーズとアメリカ研究)」を…
RT @ttya70: 盛山和夫「公共社会学は何をめざすか」『社会学評論』第68巻第1号、2017年、2-16頁。社会学もだけど、人文・社会科学とはどういうものかについての、盛山先生の考えをまとめた論考になっている。https://t.co/LcPGKJLCqY
構築主義と概念分析の社会学 / 小宮 友根 https://t.co/qbyhmHSPyp
Fonds Raymond Aron : inventaire https://t.co/B3VB956by4 https://t.co/hYn9tRpFOR レイモン・アロンのアーカイブの目録。20世紀後半のフランスの政治と社会科学を研究する上で、非常に重要なアーカイブです。この目録は、大学図書館でぜひ所蔵していただきたいです。
RT @KengoIgei: 「障がい」の表記を好まないのは問題のありかがうやむやになることと、ひらがな表記の効果に疑問があるから。下記実験によると障害者と接触経験のない人には効果がないとのこと。 栗田・楠見「『障がい者』表記が身体障害者に対する態度に及ぼす効果—接触経験との関…
RT @kida_yusuke: 2011年に行った有権者調査のデータを分析して速報的に書いた論文。河村市政の支持層として政治団体などの傘下にない組織の有権者層が重要であることを指摘しました。あと、当時は40代からも支持が厚かったです。 https://t.co/7cgNrw…
RT @tk_sskmt: 以前にもつぶやいたけどカンギレムの「フランスにおけるヘーゲル」が抄訳とはいえ日本語で読めるのは非常にいいことだと思う。訳者丸山真幸氏の解題も詳細で勉強になる。 https://t.co/gsyPk79rgs
RT @KeiYamamoto0905: CiNii 論文 -  民主主義の執拗さ : ミゲル・アバンスール、ジャン=リュック・ナンシー、ジャック・ランシエールとの対話 (特集 ジャン=リュック・ナンシーの哲学の拍動) https://t.co/fIPfrp6Ehu #CiNii
昭和初期における洋楽の普及と創造 / 神月 朋子 https://t.co/JiowBHn366
RT @ryuujisasaki: 埼玉大の結城さんによる拙著『マルクス 資本論』の書評です。学派の違いにもかかわらず、高く評価していただき、大変ありがたいです。 https://t.co/57tNGQpMoa
ポスト・アンダークラスの貧困論に向けて ――概念の受容と使用のプラグマティック社会学―― / 川野 英二 https://t.co/y8Pg3sv0fx 「アンダークラス」概念の乱用を戒める、重要な論稿。
RT @ryusukematsuo: 川野英二「ポスト・アンダークラスの貧困論に向けて――概念の受容と使用のプラグマティック社会学」『ソシオロジ』63巻1号,59-67頁,2018年6月 https://t.co/loQ3NYtCFT
RT @toshizumi1225: これを読むべきだった >> 丸山久美子 (1981). 心理学的誤差の概念について 科学基礎論研究, 15(2), 77-86. https://t.co/XfGYNpQWv1
心理学的研究における重回帰分析の適用に関わる諸問題 / 吉田 寿夫, 村井 潤一郎 https://t.co/WTSpnntriY
統計的因果推論の視点による重回帰分析 / 岩崎 学 https://t.co/fU1ZN6hV6M
RT @r_shineha: 政策研究大学院大学の林隆之先生のグループによる報告。『研究成果指標における多様性と標準化の両立- 人文・社会科学に焦点をおいて-』 https://t.co/Rb8FT2VLf6
G・ジンメルにおける支配と自由 / 横倉 節夫 https://t.co/GQkN3t5lEt
Domination and subordination as a social organization principle in Georg Simmel's Soziologie Adele Bianco ; translated by Giuliana Fantini and Patrizia De Francesco Lexington Books, c2014 https://t.co/xzBkg67OQ7
RT @kensakai1987: 『倫理学年報』が最新号まで無料公開されているようで、拙稿「規範事例型の実践的推論についてーーアリストテレス『ニコマコス倫理学』の行為論」も読めます。今では当時と少し考えを変えていますが、かなり気合いを入れて書いた倫理学の論文です。ご笑覧くださ…
羽貝 正美「近代都市計画とパリ都市改造」 https://t.co/w0TKBiOY4d
梅原 宏司「南原繁の文化国家論 : 固人と共同体の関係について」 https://t.co/SfbruK18RP
RT @kaoru_sonoda: アリス・ゴフマンの参与観察に基づく有名な研究を、質的データの公平性や研究不正の観点から論じた前川(2017)、めっちゃ面白かったなぁ。この情報化時代に、匿名性を守ることとデータのもつ固有性や典型性を活かすことは両立しにくいし、自分としても類似…
『正義のアイデア』にみるセンの経済学 : 帰納法と演繹法 / 平位 匡, 池本 幸生 https://t.co/wWhFjcIrca
Gesellschaft mit begrenzter Haftung : Zumutungen und Leiden im deutschen Alltag / Franz Schultheis, Kristina Schulz (Hg.) https://t.co/iQvExSYahW ドイツ語の方の書誌情報
RT @ryuhei_tsuji: 今話題のこれについて,先週から自分の授業で重回帰分析を教えているが,特に問題になりそうなことは教えていないようだ.不足している点はいくつかあるが,時間的制約もあり致し方ないところもある. J-STAGE Articles - 心理学的研究にお…
RT @momentumyy: 重回帰論文が話題ですね。個人的にはこの問題を研究者がこれ以上続けないように提言・実施すべきはこの論文の著者ではなく学会や教育組織だと思う。だからこそ冒頭にあるようにあえてこの論文を最も目立つ心理学研究に出されたんだろうし,今こうして実際やいやいな…
RT @nihsenimakan: 重要な問題だし指摘もその通りだと思うけど,「あなたの勉強不足」のせいにしている点は気になる。心理学界全体の問題では?論文は査読されるわけですし,著者は心理学教育を受けるわけですし。 J-STAGE Articles - 心理学的研究における…
RT @ToshijiKawagoe: 現在わたしが編集長をしている行動経済学会誌に、バナジー&デュフロの『絶望を希望に変える経済学:社会の重大問題をどう解決するか』の書評が掲載されました。評者は樋口裕城先生(上智大学)です。以下から無料で閲覧できます。 https://t.c…
RT @isnki: 投稿論文の査読をめぐる不満とコンセンサスの不在 / 太郎丸 博   https://t.co/OA22pJwvv0
投稿論文の査読をめぐる不満とコンセンサスの不在 / 太郎丸 博   https://t.co/OA22pJwvv0
社会学のグローバル化の視点から / 佐藤 嘉倫 https://t.co/H5oq3XVGvb
RT @ariga_prdgmmkr: 授業準備中に見つけて読んだ最近の論文。カント研究者による力学関係のものは過去にいくつか読んだことがあるけれども、この論文は私見では、大きく前進していると思う。かなり啓発されるところがあった。|CiNii 論文 -  批判哲学の成立における…
RT @junmatsumura: 拙著、ぼちぼち図書館にも入れてくださっています。ただいま9館。ありがとうございます。皆様のご所属の大学の図書館に所蔵がなければリクエストしてくださると喜びます。CiNii 図書 - 建築家として生きる : 職業としての建築家の社会学 http…
「デジタルメディア時代の文化と生活様式の比較文化研究と社会学」 https://t.co/pb4sx8jaPR 国際共同研究加速基金
RT @langstat: 小田中悠・中井豊 (2019). 「意味世界の計算社会科学的分析に向けてー社会学におけるトピックモデルの意義の検討」『理論と方法』34(2), 280-295. https://t.co/aTiUqtiQbN
RT @hrtmtsk: 【メモ】目黒茜(2021)「女性をめぐる歴史社会学的な研究動向と課題 : 女性の社会進出に関する研究に向けて」『社会学ジャーナル 』46。 https://t.co/QCiJY7QLWX
社会学と実証すること コント、J. S.ミル、アドルノ、ポパー / 早川 洋行 https://t.co/j99WqNSt5q
構築される科学、示唆する科学――科学が語りうることと、示唆すること 社会修辞学への道程 / 犬飼 裕一 https://t.co/qCaJp6FCO4
特集III 実証の姿 その思想と展開 方法論のジャングルを越えて ―構築主義的な質的探求の可能性― / 中河 伸俊 https://t.co/yrYAyv9fxy

1 0 0 0 OA Discovering Data :

特集III 実証の姿 その思想と展開 Discovering Data : A Neglected Virtue of Theory-driven Research / Rodney Stark https://t.co/RR8GaHuB3r
特集III 実証の姿 その思想と展開 「実証主義」の興亡 ―科学哲学の視点から― / 野家 啓一 https://t.co/XsWy5s2Xxd
CiNii 論文 -  アンダークラス言説再考 : 再分配のための「承認」に向けて / 堅田 香緒里 https://t.co/veSmYmULRB
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
なぜ 「わからない」 が選択されるのか : ─サーベイ実験による情報提示がDKに与える影響の分析─ / 善教 将大, 秦 正樹 https://t.co/vC9OMY1NF7
オンライン・サーベイ実験の方法 :理論編 / Song Jaehyun, 秦 正樹 https://t.co/MvLsaJntAw
RT @yuiko_fujita: 査読といえば、この論文おもしろい 「査読の抱える問題とその対応策」https://t.co/rTYqYFr2XS 「ある雑誌に掲載された 論文を,著者名や題名等を改変した上で全く同じ雑誌に 投稿。実験の結果,多くの論文は一 度その雑誌に受理さ…
20世紀初頭ポーランド女性解放運動とナショナリズム ―『ステル』を中心に― / 山田 朋子 https://t.co/S8AIaL6ASe この論稿、とても興味深い。女性解放運動と民族問題が絡み合い、ジェンダーとナショナリズムが結びついていく過程が描かれている。
プラーグ学派の言語観 / 千野 栄一 https://t.co/DIWwM5thdz
RT @tk_sskmt: カンギレムのHegel en Franceの抄訳が出ていたとは!解題もよい。 カンギレム「 フランスにおけるヘーゲル」〔抄訳〕・一九四七年のヘーゲル〔解題〕丸山真幸訳・解題『津田塾大学紀要』第51 号(2019 年)169–196 頁 https:…
RT @ImaokaTetsuya: https://t.co/QlcAauEFFH 外国人の集住する公営住宅を国勢調査小集計から110割り出し、アンケートで集住の実態を調査した建築学の論文。管理主体・地域・外国籍ごとにデータを整理していて非常に有用です。
フランスにおける尊厳死法制 ―患者の権利及び生の終末に関する2005年法を中心としてー https://t.co/ai4tDNpweG
RT @ktaonmo: CiNii 論文 - 『神話論理』の解読に関する一考察 近藤宏https://t.co/LXn2f2ttSP #CiNii
RT @okazakiyslab: 統計的因果推論の視点による重回帰分析 https://t.co/khhOqD3Lla
RT @igshrmshk: 植原亮「日本発の概念工学は実行に移せるか?――戸田山和久・唐沢かおり編『〈概念工学〉 宣言!』評――」を読了。 内容解説の的確さ、周辺情報の整理の充実度合い、内在的批判と建設的提案のバランス、いずれの面でもすごく良い書評論文だと思った。 htt…

6 0 0 0 OA 新しい行為論

新しい行為論 ―目的論,選言説,因果的傾向性主義― / 鈴木 雄大 https://t.co/QDdVwve2PN
「亡命」という選択肢 : ニコライ・テルレツキーの『履歴書』をめぐって その他のタイトル:  / 阿部 賢一 https://t.co/mDbQseaAqA
現象学から政治学へ : ヤン・パトチカの政治思想 / グスタフ・ストランドベルク, 石渡 崇文 [訳] https://t.co/VeKozSAbRX https://t.co/l7lsS9VX1c
不確実性のゆくえ : フランスにおける連帯経済の事例を通して / 中川 理 https://t.co/aQVVJKVlhX
RT @ryusukematsuo: 和田昌也「「批判的政治哲学」という企て――現代フランス政治哲学の興隆におけるミゲル・アバンスールの位置」『同志社グローバル・スタディーズ』11巻,213-230頁,2020年 https://t.co/FrIF8DEsuv
RT @wasurenakusa: ざっと読ませていただきましてが、知らないことが多くて良記事でした。玉井隆「ナイジェリアにおけるCOVID-19の経験――ロックダウン下において生起する暴力」https://t.co/tIFzP3swLj

お気に入り一覧(最新100件)

CiNii 論文 - 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUGJeL #CiNii そういう意味でこの池上論文って今の10倍くらい参照される可能性のある議論が眠ってる気がするんですよね(池上さんの論文ではこれが一番好きです)
今年のゴンクール賞はセネガル出身の作家で、その100年前、1921年ゴンクール賞受賞作はルネ・マラン『バトゥアラ』でした。なんとその翌年、大正11年に日本語訳が出ています! これについては砂野幸稔先生の論文で詳しく検討されています。下記URLよりDL可。 https://t.co/Sc283CoS5O https://t.co/aXst0dQIK8
NISTEP (2021) 『欧州レベルの科学技術・⾼等教育政策 〜現状と成立過程~』 https://t.co/CsgZUSLAqZ
修士論文が大詰めというビジネススクールの院生の皆さんも多いと思いますが、自らのリサーチクエスチョンの点検にご活用下さい。 M1の終わりからM2の初め位に読んでもらうようにしていますが、実際に論文を書き始めてからの方が内容が入ってくる気がしています。 https://t.co/b51LPhuTPX
小松香織「トルコにおける親日観の源流」『学術研究 : 人文科学・社会科学編(早稲田大学)』69(2021年3月)https://t.co/3V8MB1m41Z 「非西洋で近代化に成功した日本」というステレオタイプが、日露戦争後の日本紹介本によって定着・拡大し、今日の日本への好感に繋がっているという概論です。
南風原先生のセミナー原稿,心理尺度に関する大学の授業で必読にしてほしいぐらい素敵。「尺度仕様書による構成概念の明確化」「ルーティン化された手続きの見直し」は近年すごく大事なことになってきてるけど,教科書とかに出てこなそう https://t.co/NEaQCUezoI

22 0 0 0 OA 人形写真論

こっそり博士論文を置いておきます。(気がつかなかっただけで数ヶ月前から公開されていたようです)実技の専攻なので、論文の趣旨が自作解説であることが前提となっています。黒塗りの章は2018年に出版されている『〈妊婦〉アート論』第一章を加筆した内容です。 https://t.co/aix6aTEvtg
松山洋平(2018)「書評 飯山陽著『イスラム教の論理』新潮社」『オリエント』61(1): 74-78. https://t.co/4hLKAzhezK ああとても重要な書評がようやくオープンアクセスに。「イスラーム」をどう論じ表象するのかという現在の困難な問題に「研究の論理」がどう向かうかということも考えさせる書評。
【宣伝】 私の初めての論文が『科学哲学』54巻1号に掲載されました。いわゆる規則のパラドックスに対してクリプキが与えた懐疑論的解決を再構成し、その整合性を擁護しています。 https://t.co/7VrdIkY4uR

4 0 0 0 OA AICによる推論

赤池弘次 1989 AICによる推論 https://t.co/FIZg51wwuS 「統計的方法の利用者は,真であるとはどういうことであるか,[…] などという極めて哲学的な問題に,極めて具体的な形でかかわっているのである。」 私は統計ユーザー・統計家・研究者ではないが,そうなんだろうと妄想している(語彙力).
アメリカ史/アメリカ研究で修論・卒論を書いている学生さんたちは、デジタル化された史料がたくさん使えますので『立教アメリカン・スタディーズ』40号の「アメリカ史研究におけるデジタル情報資源の現在 (<特集>デジタル・ヒューマニティーズとアメリカ研究)」を読んでみて! https://t.co/9lhyOWLHyQ
以前にもつぶやいたけどカンギレムの「フランスにおけるヘーゲル」が抄訳とはいえ日本語で読めるのは非常にいいことだと思う。訳者丸山真幸氏の解題も詳細で勉強になる。 https://t.co/gsyPk79rgs
CiNii 論文 -  民主主義の執拗さ : ミゲル・アバンスール、ジャン=リュック・ナンシー、ジャック・ランシエールとの対話 (特集 ジャン=リュック・ナンシーの哲学の拍動) https://t.co/fIPfrp6Ehu #CiNii
これを読むべきだった >> 丸山久美子 (1981). 心理学的誤差の概念について 科学基礎論研究, 15(2), 77-86. https://t.co/XfGYNpQWv1
これも重回帰分析のやつと同じような議論してますね。正しい因果モデル(グラフ)ありきの方法なのに、因果の探索・同定に使われているということでしょうか  J-STAGE Articles - SEMは心理学に何をもたらしたか? https://t.co/hzvVJAePbJ
今話題のこれについて,先週から自分の授業で重回帰分析を教えているが,特に問題になりそうなことは教えていないようだ.不足している点はいくつかあるが,時間的制約もあり致し方ないところもある. J-STAGE Articles - 心理学的研究における重回帰分析の適用に関わる諸問題 https://t.co/tGKbjq1uYp
重要な問題だし指摘もその通りだと思うけど,「あなたの勉強不足」のせいにしている点は気になる。心理学界全体の問題では?論文は査読されるわけですし,著者は心理学教育を受けるわけですし。 J-STAGE Articles - 心理学的研究における重回帰分析の適用に関わる諸問題 https://t.co/DJS43xli7U
松永伸太朗・永田大輔「 ポスト工業社会における労働者の共同性と個人契機の記述」 https://t.co/ZmE8P1ZiXG Jstageでも公開されていたので共有します
小田中悠・中井豊 (2019). 「意味世界の計算社会科学的分析に向けてー社会学におけるトピックモデルの意義の検討」『理論と方法』34(2), 280-295. https://t.co/aTiUqtiQbN
【メモ】目黒茜(2021)「女性をめぐる歴史社会学的な研究動向と課題 : 女性の社会進出に関する研究に向けて」『社会学ジャーナル 』46。 https://t.co/QCiJY7QLWX
「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
若手研究枠で採択されました。『魂について』は難しいテクストですが、頑張って研究します! KAKEN — 研究課題をさがす | 『魂について』を核とするアリストテレス認識論の再構成 (KAKENHI-PROJECT-21K12837) https://t.co/jQTR5tFYwr
カンギレムのHegel en Franceの抄訳が出ていたとは!解題もよい。 カンギレム「 フランスにおけるヘーゲル」〔抄訳〕・一九四七年のヘーゲル〔解題〕丸山真幸訳・解題『津田塾大学紀要』第51 号(2019 年)169–196 頁 https://t.co/gsyPk79rgs
CiNii 図書 - アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhq6zcC #CiNii 201件入れて頂いております。ついに200件突破しました。ありがとうございます。
https://t.co/QlcAauEFFH 外国人の集住する公営住宅を国勢調査小集計から110割り出し、アンケートで集住の実態を調査した建築学の論文。管理主体・地域・外国籍ごとにデータを整理していて非常に有用です。
CiNii 論文 - 『神話論理』の解読に関する一考察 近藤宏https://t.co/LXn2f2ttSP #CiNii
統計的因果推論の視点による重回帰分析 https://t.co/khhOqD3Lla
植原亮「日本発の概念工学は実行に移せるか?――戸田山和久・唐沢かおり編『〈概念工学〉 宣言!』評――」を読了。 内容解説の的確さ、周辺情報の整理の充実度合い、内在的批判と建設的提案のバランス、いずれの面でもすごく良い書評論文だと思った。 https://t.co/JWwSIbWjt0
ざっと読ませていただきましてが、知らないことが多くて良記事でした。玉井隆「ナイジェリアにおけるCOVID-19の経験――ロックダウン下において生起する暴力」https://t.co/tIFzP3swLj
和田昌也「「批判的政治哲学」という企て――現代フランス政治哲学の興隆におけるミゲル・アバンスールの位置」『同志社グローバル・スタディーズ』11巻,213-230頁,2020年 https://t.co/FrIF8DEsuv
数理社会学会の『理論と方法』に書いた以下の論文がオンライン公開されたそうです。結構読みたいという問い合わせをもらうので,よろしければぜひ。 『オンライン・サーベイ実験の方法:理論編』(Song・秦) → https://t.co/8BvfRCTEPz 『同:実践編』(秦・Song) → https://t.co/QxVt5CNMrf
数理社会学会の『理論と方法』に書いた以下の論文がオンライン公開されたそうです。結構読みたいという問い合わせをもらうので,よろしければぜひ。 『オンライン・サーベイ実験の方法:理論編』(Song・秦) → https://t.co/8BvfRCTEPz 『同:実践編』(秦・Song) → https://t.co/QxVt5CNMrf
樋口耕一先生の対応分析の解説論文。指標がどう計算されてプロットされているか、結果の読み取り方の基本がわかって勉強になりました。 計量テキスト分析における対応分析の活用 https://t.co/ASNsZXSgLj

25 0 0 0 OA 分類と対話

精神障害の分類の功罪について以下の書評論文で論じています。 『分類と対話―石原孝二『精神障害を哲学する』書評論文―』科学哲学 53(1 ) 89-102, 2020. https://t.co/ynFLix6qCq https://t.co/Ao1alcOhb9
「超準解析とはどういうものか」など、いくつかの入門的論文が読める。 https://t.co/04hCM2CUGl
J-STAGE Articles - 経済統計研究会編, 『社会科学としての統計学-日本における成果と展望』, 産業統計研究社刊 内海 庫一郎 1978 年 20 巻 3 号 p. 60 DOI https://t.co/D5X5YfQaRg https://t.co/3R5aPHs8pf
質問紙の誤字については、1985年SSM調査において生じた事故がよく知られている。たぶんこれ https://t.co/jNLtC732n6 に載ってる https://t.co/TzkA6Rv9xV
めっちゃ充実したレビュー.界隈必読.|岡田猛, & 縣拓充. (2020). 芸術表現の創造と鑑賞,およびその学びの支援. 教育心理学年報, 59, 144–169. https://t.co/dn3pkeB799
「監査調査法による賃貸住宅市場における高齢者差別の実証分析」https://t.co/UKdCPRjKUw 日本では監査実験を使った差別研究はないと思いこんでいたけど、2001年に行われていた。すげーこれ。
高橋勅徳(2020)「増大するあなたの価値、無力化される私:婚活パーティーにおけるフィールドワークを通じて」『日本情報経営学会誌』40(1-2), pp. 201-215. https://t.co/El2lBGqovl
論文が公開されました。高野了太・高史明・野村理朗 日本語版右翼権威主義尺度の作成 心理学研究。必要と思いつつなかなかきちんとしたものを作れなかった日本語版RWAを京大の方々とともにようやく作成できました。 https://t.co/Nm8Ky8ghka
ほんと偉大な論文ですね……。|河島 一郎 -  行為の一般性と個別性--デイヴィドソンはアンスコムとどこで分かれたのか? https://t.co/cEJxH1EXJO #CiNii
もうすでにウェブで公開されますが、麦山くん(@RyotaMugiyama )と人口学研究に日本の職域分離のトレンドに関する論文を書きました。会長講演とテーマやや被りで嬉しい。https://t.co/ykEtPh3aZU https://t.co/gZmEYSA8df
私もこの傷跡効果の論文めちゃ好き。 「キャリアの中断が生み出す格差:正規雇用獲得への持続的影響に着目して」 https://t.co/NOPLyiJpOq https://t.co/v3O6l08mA0
1920年代の日本における社会連帯論の受容がどういったものだったかを簡潔にまとめたものとして。 池本美和子「日本における社会連帯論--道徳的規範を超えられるか?」 https://t.co/exYmFxmZtl #CiNii
@isnki 『教育心理学年報』という学会誌で、気に食わない特定個人(わ た し)に対して、(目黒区の高橋秀一副校長https://t.co/8E6GX97iCTのような)ヤクザ風の威嚇コミュニケーションをしてくる人もいます。https://t.co/BsJQlfX5hf これを見つけたときは、さすがにおなかがよじれるほど笑いました。
CiNii 論文 -  本質的に論争的な概念をめぐって : コンセプトとコンセプションの区別の再考 https://t.co/y7TcnHt1wW #CiNii
J-STAGE Articles - 質的比較分析 (QCA) と社会科学の方法論争 https://t.co/xbswaA5okf
『理論と方法』に掲載された論文がWebでも読めるようになりました。稲増さんとの共同研究です。 政治的態度の母集団分布の形状を統計モデリングによって推測するという論文です。一般化段階展開法という項目反応理論を用いつつ反応バイアスを除去するということをやってます。 https://t.co/a9oia3M5Vq

7 0 0 0 OA 関西学界展望

林純平『関西学界展望』https://t.co/s2Q7PF8Ty6 昭和13年の法学部と経済学部の研究者の個別的状況が描かれている。問題も少なくないが、そこそこ参考になる。
飯田祐子先生のこのご論考もとても面白いです! 「村田沙耶香とジェンダー・クィア : 『コンビニ人間』、『地球星人』、その他の創作」 https://t.co/WJ6xThmluF
松山礼華 若者の地域参加に向けた組織構造に関する一考察:千葉県柏市のまちづくり団体を事例に https://t.co/v7SWYavRbW #CiNii #知り合いの論文を紹介する 若者の「地元志向」と「地域参加」の間の距離がある中での、市民団体(のまちづくり)について考えた論文
木村智哉 残された人びと : 「それ以降」の東映動画 https://t.co/BtusVH5Cqf #CiNii #知り合いの論文を紹介する テレビアニメが中心になり「スター」がさり、「企画」が中心になるまでの過渡期(70年代前半)の東映動画に着目し、そこで何が起こっていたかを歴史的に論じたもの
仕事で書いた紀要論文がネットで公開されました。『日本帝国統計年鑑』の紹介や一部を電子化した際の苦労話、分析時の注意点などを簡単に書いてます。 https://t.co/bZiHXGBoGV
CiNii 論文 -  ジョナサン・ターナーによる社会学理論の社会学の実践における利用の提案(編集) https://t.co/I0e7EKHiIw J.H.ターナーの論文を抜粋して翻訳したもの。
J-STAGE Articles - 日本における性別職域分離の趨勢――1980–2005年国勢調査集計データを用いた要因分解――https://t.co/dfr5zRyeHM
『戦前のわが国における外国人の処遇』宮崎 繁樹 https://t.co/KogGOVZ4N7 幕末から戦前の昭和に至るまでの(今でいう)入国管理政策が非常によくまとまってる。

6 0 0 0 OA 社会学と文学

井上俊先生のこの講演記録、日本の社会学の文章で一番好きなものの1つ。 「社会学と文学」https://t.co/rmb6bSS37E
平野智紀・会田大也「大都市型アートプロジェクトへの“地域”の導入について:六本木アートナイト2015ガイドボランティア養成の実践」『美術教育学』第37巻。「対話型鑑賞は美術鑑賞教育実践であると同時に,関係性の中から価値を見出すリレーショナルアートの実践でもある」https://t.co/TGw6WSsdy7
CiNii 論文 -  「認識論」という語の起源について (ファイヒンガー[著] 渡邉 浩一 [訳・解題])https://t.co/WPIHCtKHDQ #CiNii
気づいてませんでしたが、2018年に家族社会学研究に掲載された論文が(たぶん)平成最後の日にオンラインで読めるようになってました。これも「からみる」シリーズ。 「夫婦世帯収入の変化からみる階層結合の帰結:夫婦の学歴組み合わせと妻の就労に着目して」 https://t.co/TNobKtJ6Gs
桑田学(2017)「オットー・ノイラートにおける物理主義と経済科学」 https://t.co/2Wp4TAn0vX 内容:「ウィーン学団」として一緒くたにされがちなノイラートは、デュエムの影響もあって学団の主流派とは異なる科学論を展開していた。それにもかかわらずノイラート「統一科学」にこだわったのは、
バレエと政治 : チャイコフスキー記念東京バレエ学校(1960‒1964)と冷戦期のソ連の文化外交 https://t.co/KT2AOcwzTg
トークでは「経済学でも「理論が王様」時代から「できる子は実証」時代へのシフトがある」って言ったけど、これにも多分固有のゆがみがあって。その辺の事情は昔書きました少しだけ。 https://t.co/ChHZBFKKu1
フランスとアメリカの小論文の形式については、渡邊雅子「ディセルタシオンとエッセイ : 論文構造と思考法の仏米比較」がクリアーにまとめています。 https://t.co/c6z2KXsPjb
飯田健「アメリカ政治学における数理モデルの衰退と実験の隆盛 : 因果効果の概念に着目して」(2017)https://t.co/e1RGDhoCF7 おもしろかった。数理モデルと実験の意義だけでなく、「結局のところ政治学研究における理論とは何か」についても示唆を与える。

フォロー(1430ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

#群論の知識 #モジュラー表現論 (modular representation theory) https://t.co/auw6ErlqxU ・ #表現論 の一部として,有限群の 正 #標数 の #体 上での線型表現を研究. 下記PDFの論説を読むとよい. 「#有限群 のモジュラー表現論における予想について」 2013・宇野 https://t.co/FnEIddTSsd .
@atthegorge 既にお読みかとはおもうのですが導きにはなりますかね…?  https://t.co/RPBpN99tDl
RT @ryusukematsuo: 池嵜航一「レイモン・アロンの民主主義思想(1)――全体主義批判と歴史哲学の交錯 1930-40年」『北大法学論集』72巻4号,173-221頁,2021年11月 https://t.co/6EETJjIGk2
【新着論文】平間一樹,横田賀英子,大塚祐輔,藤村光,渡邉和美,和智妙子,犯行行程距離の個人内変動と個人間変動を説明する要因の検討,行動計量学,2021,48巻,1号,p.1-15 https://t.co/swqe0pOG2a
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
RT @DN_networks: CiNii 論文 - 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUGJeL #CiNii そういう意味でこの池上論文って今の10倍くらい参照される可能性のある議論が眠って…
CiNii 論文 - 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUGJeL #CiNii そういう意味でこの池上論文って今の10倍くらい参照される可能性のある議論が眠ってる気がするんですよね(池上さんの論文ではこれが一番好きです)
RT @yukiyoshikawa89: 『質的心理学フォーラム』掲載の1年前ほど前の論文ですが、Web公開されているようです。 ご関心があればぜひ。 #EMCA 吉川侑輝, 2020, "音楽活動のなかのマルチモダリティ: 演奏をつうじたアカウンタビリティの編成," 質的心…
RT @yukiyoshikawa89: 『質的心理学フォーラム』掲載の1年前ほど前の論文ですが、Web公開されているようです。 ご関心があればぜひ。 #EMCA 吉川侑輝, 2020, "音楽活動のなかのマルチモダリティ: 演奏をつうじたアカウンタビリティの編成," 質的心…
RT @ilya_une_trace: ちょうど『全体性と無限』はクィアも、老化=衰えも抹消しているよねということを書いていて、宮永さんのこの論文はしっかり拝読したい。 https://t.co/xHcXR1vlQd
そういえば、文化庁矢野次長が、「瀬尾太一の遺した宿題」と呼んだ今回の検討でした。 その瀬尾さんの追悼で書いた拙い文を、デジタルアーカイブ学会が公開してくれてます。まあ瀬尾さんはね、口が悪いから多分まだほめない。でもまあいいや。良かったら、読んでみて下さい。 https://t.co/s6h8UrEyJs
【新着論文】平間一樹,横田賀英子,大塚祐輔,藤村光,渡邉和美,和智妙子,犯行行程距離の個人内変動と個人間変動を説明する要因の検討,行動計量学,2021,48巻,1号,p.1-15 https://t.co/swqe0pOG2a
RT @KoichiTaniguchi: 同号、伊藤正次先生の「55年体制下の実力組織と政権運営 : 後藤田正晴オーラル・ヒストリー再読」も掲載されてますね。面白かったです。https://t.co/9wEza8y51F

11 11 11 0 OA 刑事立法学の構想

RT @gk1024: 拙稿「刑事立法学の構想」法学会雑誌62巻1号(2021年、木村光江教授退職記念号)157頁以下が東京都立大学の機関リポジトリに収録されました。 みやこ鳥 https://t.co/435Gjnx2TE
(承前)検索したら所蔵館1館と出て、見てみたら駒場だった。流石。/CiNii 図書 - The whale and the reactor : a search for limits in an age of high technology https://t.co/fDfFL7SHy9
【新着論文】濵田悦生,日本でのCOVID-19禍におけるPCR陽性者数と感染死亡者数のGranger因果性の検討,行動計量学,2021,48巻,1号,p.39-48 https://t.co/5Bdl26RAX4
第5章「親鸞思想とわたし」、そして著者の別の小論「親鸞の女性観」(https://t.co/w9Ls0GTSyo)を読む。恐らく宗門公式の『浄土三部経』訳注他では明確に女性差別を非難するが、親鸞の女性観への言及は回避している。源論文の方が親鸞の普遍性を説得的に示し得ている。https://t.co/9QvAsPzQJj
学部紀要に投稿した論文が公開されました。「地形断面図を重ねて表示する「Web 地形断面図メーカー」サイトの開発と地理教育での利用」SUCRA https://t.co/WxXtYbUlxk https://t.co/OFV97QTUMZ
菊地 賢「『経済学・哲学草稿』第1草稿における国民経済学批判の進展について」 季刊経済理論/56 巻 (2019) 3 号 https://t.co/i9KoVWfBca
田中先生による1973年のロールズ先生『正義論』のご紹介。学生さんに今もアンチョコとして紹介できそうです。しかも、準教科書にした『法学入門』と同じ先生という感がしない方法論関連の深いご見識。広く深いご見識は昔からなのだな、と素直に思います。あと一文の構成も。 https://t.co/H0q5weo048

1 1 1 0 OA 書評

『理論と方法』最新刊にて、拙編著『総中流の始まり』の書評が掲載されました。狭間諒多朗さんによる評となります。データ復元の苦労にも言及いただきありがたい限りです。 書評は以下から読めます。 https://t.co/vA44SwOUv1 『総中流の始まり』は以下をご覧ください。 https://t.co/FFFy1ZLCfQ
【新着論文】河合将志,日高薫,鈴木崇史,行政命令の計量分析,行動計量学,2021,48巻,1号,p.29-37 https://t.co/eMiPmfvkMK
RT @BungakuReportRS: 河合 一樹 - 孔子はよき人 : 本居宣長の孔子観とその周辺 https://t.co/4vsgX6S8pk
I corrected wrong recognitions. This image belong to the National Diet Library, Japan. https://t.co/PRS69b2YXq https://t.co/gkfj8mQ55f
RT @DN_networks: 【拡散希望】CiNii 図書 - アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhq6zcC #CiNii こちらもう少しで250館ですので、まだ自分の大学の図書館にないという方はぜひ図書館リ…
【拡散希望】CiNii 図書 - アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhq6zcC #CiNii こちらもう少しで250館ですので、まだ自分の大学の図書館にないという方はぜひ図書館リクエストの協力よろしくお願いいたします。
〈Science Window 2021年 #SDGs 特集号〉 ハートとテクノロジーで未来をつくる https://t.co/e6KUo0gpiz (PDF:16.6MB) 2020号に引き続き、科学技術の担い手たちの未来ビジョンや取り組みを紹介します。「持続可能な社会」とその実現について、ぜひ一緒に考えてみましょう。 #JST #サイエンスウィンドウ https://t.co/8RXXzauBv5

8 8 8 0 OA 統計学講義

RT @BluesNoNo: @M123Takahashi ドラマを見ていませんが,杉亨二による1883~1884年講義のノート(『スタチスチクス 歴史及理論之部 』)に,棒グラフらしきものが出ています(達筆で字を読めません).ノートを取ったのは,横山正男です. 横山正男述19…
【新着論文】浅川雅美,岡野雅雄,林英夫,アイトラッキングによる自記式質問紙への回答行動の分析,行動計量学,2020,47巻,2号,p.141-152 https://t.co/mBXjD10N4t

8 8 8 0 OA 統計学講義

@M123Takahashi ドラマを見ていませんが,杉亨二による1883~1884年講義のノート(『スタチスチクス 歴史及理論之部 』)に,棒グラフらしきものが出ています(達筆で字を読めません).ノートを取ったのは,横山正男です. 横山正男述1900『統計学講義』でも「線図表」が紹介されています. https://t.co/EfIfZu0dOC https://t.co/GJCPx3jZH7
RT @ktaonmo: 問題は「環境」であるのか? : 「それだけではない」ポリティカル・オントロジーのアプローチ https://t.co/hqsHchfHja 神崎隼人さんによる、エスコバル、デラカデナ、ブラセルらのPOのクリアカットな紹介。Designs for the…
昨年度までの研究で、アメリカの大学で日本語を教えている際に教員も学生も英語母語話者である場合、直説法よりも英語という媒介語を利用した方がいいんじゃないという仮説(要約)検証をすることをしております。 https://t.co/m4emyFQocW
RT @hrtmtsk: 【メモ】天木志保美(2021)「E.W.バージェスの問題 : こどもの発達とケーススタディー井垣章二先生に捧ぐ―」『同志社社会学研究』25。https://t.co/SXLoOZUfrZ
問題は「環境」であるのか? : 「それだけではない」ポリティカル・オントロジーのアプローチ https://t.co/hqsHchfHja 神崎隼人さんによる、エスコバル、デラカデナ、ブラセルらのPOのクリアカットな紹介。Designs for the Pluriverseが、どのような議論を前提にしているのか、勉強になります
RT @hrtmtsk: 【メモ】毛塚和宏(2021)「夫婦関係を親密性研究の観点から捉える : 潜在クラス分析によるアプローチ」『社会と調査』27: 53-63。 https://t.co/eMUBmJyLKe
【新着論文】佐野孝,國土将平,小学生の跳び箱運動におけるかかえ込み跳びを構成する動作の困難度の検討,行動計量学,2020,47巻,2号,p.173-185 https://t.co/2lQHEQED4u
【新着論文】浅川雅美,岡野雅雄,林英夫,アイトラッキングによる自記式質問紙への回答行動の分析,行動計量学,2020,47巻,2号,p.141-152 https://t.co/mBXjD10N4t
RT @hollyhockpetal: 実際、こちらの方が指摘なさっておられるように、学会の中では批判に向き合う対応があって、現在の学会誌のイラスト表紙で学問の内容を解説する取り組みでは男女のバランスとか考えられてるのがわかる。「一方的に燃やされた被害者」って話にするのも勝手な…
RT @foxmonkey0414: 2014年の人工知能学会誌の表紙の件、最初の表紙イラストに「意味」が付与されたのは炎上の後。 炎上後に表紙問題にどう対応するべきか、編集委員会で議論を重ねて、その後の表紙でストーリをつけたんですよ。 編集委員だった坊農氏が顛末を報告されてい…
RT @yashuzenmon: 「康正二年造内裏国役段銭引付」室町期の写本。これ百瀬今朝雄さんによれば、伊勢被官の堤有家の作とのこと。まだまだ精進が足りない。 https://t.co/YR43OW2J1g
RT @hollyhockpetal: 実際、こちらの方が指摘なさっておられるように、学会の中では批判に向き合う対応があって、現在の学会誌のイラスト表紙で学問の内容を解説する取り組みでは男女のバランスとか考えられてるのがわかる。「一方的に燃やされた被害者」って話にするのも勝手な…
RT @foxmonkey0414: 2014年の人工知能学会誌の表紙の件、最初の表紙イラストに「意味」が付与されたのは炎上の後。 炎上後に表紙問題にどう対応するべきか、編集委員会で議論を重ねて、その後の表紙でストーリをつけたんですよ。 編集委員だった坊農氏が顛末を報告されてい…

フォロワー(2697ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @lalalamiyo: 松澤俊二「『プロレタリア歌論集』再読 : その短歌の限界と可能性」 桃山学院大学社会学論集 = St. Andrew's University sociological review 49(2), 69-86, 2016-02 pdfあり ht…
@atthegorge 既にお読みかとはおもうのですが導きにはなりますかね…?  https://t.co/RPBpN99tDl
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @purple_1geo: @yutonm 例えば: 岩田修二 2013. 高校地理教科書の「造山帯」を改訂するための提案. E-journal GEO. 8: 153-164. https://t.co/Z2zGDmqo3W
RT @yatabe_: 連載講座「短時間フーリエ変換入門」の第三回が無料オンライン公開されました! https://t.co/XrJRhvDJHn
RT @KojimaYoshikazu: 後でちゃんと読むが…この表(訓練レジーム別にみたリカレント教育関係及び関連指標の国際比較)からも日本の特徴がわかる。出典は、佐藤厚「日本ではなぜリカレント教育が普及しないのか? : 日本とスウェーデンの比較から」 の113頁)https…
RT @ryusukematsuo: 池嵜航一「レイモン・アロンの民主主義思想(1)――全体主義批判と歴史哲学の交錯 1930-40年」『北大法学論集』72巻4号,173-221頁,2021年11月 https://t.co/6EETJjIGk2
https://t.co/cysVi1RTfk 直接的には「肥満」の方にフォーカスを当てている話ではあるけど、たばこ規制の話とも結びつくなぁと興味深く。結論部。健康増進政策をめぐる5つの懸念。「(1)諸個人の自律を無視しその生活に介入するパターナリズム、
RT @DN_networks: CiNii 論文 - 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUGJeL #CiNii そういう意味でこの池上論文って今の10倍くらい参照される可能性のある議論が眠って…
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
RT @kakitama: 憲法89条後段「公の支配」の意味(PDF) https://t.co/6PdrSPip42 私学助成の違憲「説」も学問にある事は確かだが、自民内閣は長年これが合憲と言う政府解釈の元に行政を行っている。 ここの違憲議論にこだわるのは教育を「国が監督し…
刑事司法における司法と福祉の連携(特に入口支援)については、水藤教授の『近年の刑事司法と福祉の連携にみるリスクとセキュリティ』(2016)が端的にまとまっている。 https://t.co/udcFkIhWig
RT @lulai_lune: 自閉スペクトラム症の特性理解 https://t.co/FNX29eiBKA ・自閉児の予後 IQ70以上の高機能「は」予後良好…イイナー ・青年期の変化 10%は言葉を失って知能低下の時期を経験…試練多すぎ ・成人期 5歳までに有意語ない…
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
CiNii 論文 - 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUGJeL #CiNii そういう意味でこの池上論文って今の10倍くらい参照される可能性のある議論が眠ってる気がするんですよね(池上さんの論文ではこれが一番好きです)
RT @yukiyoshikawa89: 『質的心理学フォーラム』掲載の1年前ほど前の論文ですが、Web公開されているようです。 ご関心があればぜひ。 #EMCA 吉川侑輝, 2020, "音楽活動のなかのマルチモダリティ: 演奏をつうじたアカウンタビリティの編成," 質的心…
@Mega_Cat ですね。こんなのも出ております https://t.co/Meu6koOAwm
RT @LazyWorkz: 松本妃奈子氏のパパ活論文、どう読んでも、下書きのレベルです。 これをもとにブラッシュアップして、構成や言葉遣いを直し、ぽんやりした結論をくっきりしたものに変えるなら、まだわかります。 しかし、こんなのCiNiiに登録してしまうとは…。研究サボってて…
RT @LazyWorkz: 松本妃奈子氏のパパ活論文。 パパ活の説明とハッキングの概念の説明に終始して、肝心のパパ活への適用の部分が超ふわっとしてます。命題という概念も揺れてる。 「ジェンダーの存在には必然性はない」とか、そもそも著者の言いたいことなのか疑問。(ジェンダー規範…
RT @LazyWorkz: 松本妃奈子氏のパパ活論文、文章がまったく整理されてません。主語不明、係り受けがおかしい文も散見されます。 ハッキングの概念の適用に関する論文らしいのに、「はじめに」で一言も触れられていません。 https://t.co/pv597EfHte
RT @LazyWorkz: >松本妃奈子さんは飛び級で国立大学に進学。当時からジェンダー問題、フェミニズムに関心を持ち、現在は後期博士課程で家族社会学を研究している。最新の論文は「パパ活」について。 この論文を読んでみたのですが……壮絶。 なにが書かれているか、読み取るのも…
パパ活論文(正確には報告書なのかな)なるものが出ていることをこのツイートで知った。あまり評判はよくないみたいだけど、ともかく読んでみよう。 CiNii 論文 -  現代日本における「パパ活」の進展と性の非対称性の検討 : イアン・ハッキング Grade of commitment 適用の試み https://t.co/74NvWCEJ1B https://t.co/nDILZdLDFU
RT @chie_sak: 週末の政治経済学研でウィーンにいる北大の秋元さんが報告してくれた。「初期マルクスの本質概念:その反本質主義的実質について」。疎外論を救出する論理でロックの労働所有論も俎上に。質問する中でロックが手放さなかった人身所有論=能力主義と気づき経済と教育の繋…
RT @yukiyoshikawa89: 『質的心理学フォーラム』掲載の1年前ほど前の論文ですが、Web公開されているようです。 ご関心があればぜひ。 #EMCA 吉川侑輝, 2020, "音楽活動のなかのマルチモダリティ: 演奏をつうじたアカウンタビリティの編成," 質的心…
RT @LazyWorkz: >松本妃奈子さんは飛び級で国立大学に進学。当時からジェンダー問題、フェミニズムに関心を持ち、現在は後期博士課程で家族社会学を研究している。最新の論文は「パパ活」について。 この論文を読んでみたのですが……壮絶。 なにが書かれているか、読み取るのも…

4 4 4 0 民俗建築

RT @syutoyoshikaze: 古レールはこういう本が出ているので、ちょっと読んでみたい 岸本章『古レールの駅デザイン図鑑』(鹿島出版会, 2009.6) https://t.co/SshrZVmByA そしてこの本がなぜか民俗建築で書評されてるそうな。 『古レールの駅…
@jmjhjmwtad ジュディス・バトラー著『ジェンダー・トラブル: フェミニズムとアイデンティティの攪乱』の解説を千田有紀教授が書いています。それによると「大切なのは・・・、うまくトラブルを起こすことである。」と書かれています。https://t.co/X8mvGOZRUL https://t.co/aiqZY7PhK4
RT @LazyWorkz: 松本妃奈子氏のパパ活論文、どう読んでも、下書きのレベルです。 これをもとにブラッシュアップして、構成や言葉遣いを直し、ぽんやりした結論をくっきりしたものに変えるなら、まだわかります。 しかし、こんなのCiNiiに登録してしまうとは…。研究サボってて…
RT @LazyWorkz: 松本妃奈子氏のパパ活論文。 パパ活の説明とハッキングの概念の説明に終始して、肝心のパパ活への適用の部分が超ふわっとしてます。命題という概念も揺れてる。 「ジェンダーの存在には必然性はない」とか、そもそも著者の言いたいことなのか疑問。(ジェンダー規範…
RT @LazyWorkz: 松本妃奈子氏のパパ活論文、文章がまったく整理されてません。主語不明、係り受けがおかしい文も散見されます。 ハッキングの概念の適用に関する論文らしいのに、「はじめに」で一言も触れられていません。 https://t.co/pv597EfHte
RT @LazyWorkz: >松本妃奈子さんは飛び級で国立大学に進学。当時からジェンダー問題、フェミニズムに関心を持ち、現在は後期博士課程で家族社会学を研究している。最新の論文は「パパ活」について。 この論文を読んでみたのですが……壮絶。 なにが書かれているか、読み取るのも…
RT @LazyWorkz: このへんは重箱の隅つっつきですが、松本妃奈子氏のパパ活論文、※1と※2が入れ替わってます。カギカッコの数が合ってないところもあります。全体的に、推敲がぜんぜん足りていません。 Googleトレンドの「パパ活」と「援助交際」が〈反比例〉するとか、量的…
このへんは重箱の隅つっつきですが、松本妃奈子氏のパパ活論文、※1と※2が入れ替わってます。カギカッコの数が合ってないところもあります。全体的に、推敲がぜんぜん足りていません。 Googleトレンドの「パパ活」と「援助交際」が〈反比例〉するとか、量的感覚もあやしい。 https://t.co/pv597EfHte

11 11 11 0 OA 刑事立法学の構想

RT @gk1024: 拙稿「刑事立法学の構想」法学会雑誌62巻1号(2021年、木村光江教授退職記念号)157頁以下が東京都立大学の機関リポジトリに収録されました。 みやこ鳥 https://t.co/435Gjnx2TE
松本妃奈子氏のパパ活論文、どう読んでも、下書きのレベルです。 これをもとにブラッシュアップして、構成や言葉遣いを直し、ぽんやりした結論をくっきりしたものに変えるなら、まだわかります。 しかし、こんなのCiNiiに登録してしまうとは…。研究サボってて間に合わせ? https://t.co/pv597EfHte
松本妃奈子氏のパパ活論文。 パパ活の説明とハッキングの概念の説明に終始して、肝心のパパ活への適用の部分が超ふわっとしてます。命題という概念も揺れてる。 「ジェンダーの存在には必然性はない」とか、そもそも著者の言いたいことなのか疑問。(ジェンダー規範?) https://t.co/pv597EfHte
松本妃奈子氏のパパ活論文、文章がまったく整理されてません。主語不明、係り受けがおかしい文も散見されます。 ハッキングの概念の適用に関する論文らしいのに、「はじめに」で一言も触れられていません。 https://t.co/pv597EfHte
>松本妃奈子さんは飛び級で国立大学に進学。当時からジェンダー問題、フェミニズムに関心を持ち、現在は後期博士課程で家族社会学を研究している。最新の論文は「パパ活」について。 この論文を読んでみたのですが……壮絶。 なにが書かれているか、読み取るのも難しい…。 https://t.co/pv597EfHte
西田真之「南洋群島の司法制度沿革史・序説(二・完)―南洋庁法院をめぐる人々を中心に―」(2021) https://t.co/nrnSsdlDZB
RT @shingokatou: 第5章「親鸞思想とわたし」、そして著者の別の小論「親鸞の女性観」(https://t.co/w9Ls0GTSyo)を読む。恐らく宗門公式の『浄土三部経』訳注他では明確に女性差別を非難するが、親鸞の女性観への言及は回避している。源論文の方が親鸞の…
第5章「親鸞思想とわたし」、そして著者の別の小論「親鸞の女性観」(https://t.co/w9Ls0GTSyo)を読む。恐らく宗門公式の『浄土三部経』訳注他では明確に女性差別を非難するが、親鸞の女性観への言及は回避している。源論文の方が親鸞の普遍性を説得的に示し得ている。https://t.co/9QvAsPzQJj
菊地 賢「『経済学・哲学草稿』第1草稿における国民経済学批判の進展について」 季刊経済理論/56 巻 (2019) 3 号 https://t.co/i9KoVWfBca
田中先生による1973年のロールズ先生『正義論』のご紹介。学生さんに今もアンチョコとして紹介できそうです。しかも、準教科書にした『法学入門』と同じ先生という感がしない方法論関連の深いご見識。広く深いご見識は昔からなのだな、と素直に思います。あと一文の構成も。 https://t.co/H0q5weo048
RT @y_kobae: 豆を水で戻すときは水に浸けるのではなく、湿らせたキッチンペーパーの上で戻したほうがおいしくなることがあるので(科学的に証明済み) https://t.co/DSs27nvmfj うちではもっぱら実践しているわけですが、夜のうちに7割方ネコに食べられたこ…
RT @ikejiriryohei: マイナビと東京大学の共同研究プロジェクトで、以下の論文が早期公開されました。活躍する20代の若手社員の学び方を調査したものです。ぜひご笑覧ください。 思考のモデリングが経験学習と職場における能力向上に与える影響 -若年労働者を対象にした調…

1 1 1 0 OA 書評

『理論と方法』最新刊にて、拙編著『総中流の始まり』の書評が掲載されました。狭間諒多朗さんによる評となります。データ復元の苦労にも言及いただきありがたい限りです。 書評は以下から読めます。 https://t.co/vA44SwOUv1 『総中流の始まり』は以下をご覧ください。 https://t.co/FFFy1ZLCfQ
RT @ikejiriryohei: マイナビと東京大学の共同研究プロジェクトで、以下の論文が早期公開されました。活躍する20代の若手社員の学び方を調査したものです。ぜひご笑覧ください。 思考のモデリングが経験学習と職場における能力向上に与える影響 -若年労働者を対象にした調…

3 3 3 0 OA 文芸辞典

RT @yakumoizuru: 「浪漫的文学は人生の光明方面を書いたが、文学は有の儘を描かねばならぬといふ主張から人生の暗黒面及悲惨な事実を描写する様になつた。此を暗黒描写と称し自然主義文學の時代盛んに唱へられた」(「暗黒描写」の項目、『文藝辞典』創元社、1925) http…
@6Belgium 私は日本史Aの導入でヨーロッパ近代を概観する際に、「公教育はいつ、どこで、どのように始まったのか?」という問いで国民国家の形成などと関連づけて授業しています。渡部先生の論文やhpを参考にしました。 https://t.co/4GthavDEVa https://t.co/7YqHAnTtJg
RT @khargush1969: RAMDANI Andi Holik(2020)「日本のキリスト教系大学の国際化戦略における「イスラーム」」『文化』83(3,4): 97-116. https://t.co/IIzTrWG76k 主に留学生受け入れにおける立教大学、関西学院…
RT @silakan_duduk: メモ: 「女給」は話題にのぼらないのですが、カフェなどの「女給」に酌婦許可証を求める県と女給免許証を別に発給する県があった。 ・要酌婦許可証 三重県 https://t.co/5qzwpTHuKD 和歌山県 https://t.co/5FV…
RT @silakan_duduk: メモ: 「女給」は話題にのぼらないのですが、カフェなどの「女給」に酌婦許可証を求める県と女給免許証を別に発給する県があった。 ・要酌婦許可証 三重県 https://t.co/5qzwpTHuKD 和歌山県 https://t.co/5FV…
RT @silakan_duduk: メモ: 「女給」は話題にのぼらないのですが、カフェなどの「女給」に酌婦許可証を求める県と女給免許証を別に発給する県があった。 ・要酌婦許可証 三重県 https://t.co/5qzwpTHuKD 和歌山県 https://t.co/5FV…
RT @silakan_duduk: メモ: 「女給」は話題にのぼらないのですが、カフェなどの「女給」に酌婦許可証を求める県と女給免許証を別に発給する県があった。 ・要酌婦許可証 三重県 https://t.co/5qzwpTHuKD 和歌山県 https://t.co/5FV…

120 118 115 3 OA 武市瑞山関係文書

RT @yamagiri_sumika: 史料引用元 https://t.co/Kidmn201pj
CiNii 論文 -  ヘテロローカリズム論の検証 : 愛知県のトルコ人の居住パターンに焦点をあてて https://t.co/AEvo5OHWqE #CiNii

1 1 1 0 現代思想

『現代思想』1991年4月号。特集「ハイパー都市 遊戯空間の身体論」。面白そう。https://t.co/K58MPSuytG
RT @petty_bonitas: これによると大学では ・必要な研究指導をしない ・教員の個人的確執に巻き込まれる ・不当な妨害、嫌がらせ などのアカハラが多々発生している。これらのいずれにも該当しないSNS内の暴言をオープンレターを出してまで非難したことについて当事者は…
RT @ikejiriryohei: Googleの寄附研究プロジェクトで、以下の論文が早期公開されました!スプレッドシートを使ってジグソー活動をモニタリングした際の特徴を論じています。ぜひご笑覧下さい。 ジグソー法のエキスパート活動における知見の同期的収集が教師のモニタリン…
RT @ikejiriryohei: マイナビと東京大学の共同研究プロジェクトで、以下の論文が早期公開されました。活躍する20代の若手社員の学び方を調査したものです。ぜひご笑覧ください。 思考のモデリングが経験学習と職場における能力向上に与える影響 -若年労働者を対象にした調…
RT @asarin: 心理学研究・早期公開論文 木下 冨雄 深層防護とリスクコミュニケーション ──大規模感染症に対する社会心理学からの貢献── https://t.co/RC4AU8GSZ3 リスコミ研究の泰斗である木下先生がご経験を踏まえて執筆された意見論文です.どうぞお…
RT @ktaonmo: 問題は「環境」であるのか? : 「それだけではない」ポリティカル・オントロジーのアプローチ https://t.co/hqsHchfHja 神崎隼人さんによる、エスコバル、デラカデナ、ブラセルらのPOのクリアカットな紹介。Designs for the…

3 3 3 0 OA 文芸辞典

RT @yakumoizuru: 「浪漫的文学は人生の光明方面を書いたが、文学は有の儘を描かねばならぬといふ主張から人生の暗黒面及悲惨な事実を描写する様になつた。此を暗黒描写と称し自然主義文學の時代盛んに唱へられた」(「暗黒描写」の項目、『文藝辞典』創元社、1925) http…
RT @tkasasagi: I corrected wrong recognitions. This image belong to the National Diet Library, Japan. https://t.co/PRS69b2YXq https://t.c…
RT @tkasasagi: I corrected wrong recognitions. This image belong to the National Diet Library, Japan. https://t.co/PRS69b2YXq https://t.c…
RT @ktaonmo: 問題は「環境」であるのか? : 「それだけではない」ポリティカル・オントロジーのアプローチ https://t.co/hqsHchfHja 神崎隼人さんによる、エスコバル、デラカデナ、ブラセルらのPOのクリアカットな紹介。Designs for the…
RT @DN_networks: 【拡散希望】CiNii 図書 - アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhq6zcC #CiNii こちらもう少しで250館ですので、まだ自分の大学の図書館にないという方はぜひ図書館リ…
RT @DN_networks: 【拡散希望】CiNii 図書 - アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhq6zcC #CiNii こちらもう少しで250館ですので、まだ自分の大学の図書館にないという方はぜひ図書館リ…
【拡散希望】CiNii 図書 - アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhq6zcC #CiNii こちらもう少しで250館ですので、まだ自分の大学の図書館にないという方はぜひ図書館リクエストの協力よろしくお願いいたします。
RT @foxmonkey0414: 2014年の人工知能学会誌の表紙の件、最初の表紙イラストに「意味」が付与されたのは炎上の後。 炎上後に表紙問題にどう対応するべきか、編集委員会で議論を重ねて、その後の表紙でストーリをつけたんですよ。 編集委員だった坊農氏が顛末を報告されてい…
RT @anagumakari: @BARSERGA 人工知能30巻1号の記事です。 批判を受けた後、内部で検討を重ね、その批判に真摯に向き合って、後付けでその後のストーリーが作られたそうです。 ストーリー性を持った後段を是としておきながら、それを生んだ批判を「燃やす」と表…
RT @hollyhockpetal: 実際、こちらの方が指摘なさっておられるように、学会の中では批判に向き合う対応があって、現在の学会誌のイラスト表紙で学問の内容を解説する取り組みでは男女のバランスとか考えられてるのがわかる。「一方的に燃やされた被害者」って話にするのも勝手な…
RT @ktaonmo: 問題は「環境」であるのか? : 「それだけではない」ポリティカル・オントロジーのアプローチ https://t.co/hqsHchfHja 神崎隼人さんによる、エスコバル、デラカデナ、ブラセルらのPOのクリアカットな紹介。Designs for the…

8 8 8 0 OA 統計学講義

RT @BluesNoNo: @M123Takahashi ドラマを見ていませんが,杉亨二による1883~1884年講義のノート(『スタチスチクス 歴史及理論之部 』)に,棒グラフらしきものが出ています(達筆で字を読めません).ノートを取ったのは,横山正男です. 横山正男述19…
RT @Kitadate_Yoshi: 拙論「聖トマス・ベケットの約束と巡礼地の誕生―ポンティニーの聖エドマンド崇敬をめぐる論争―」がリポジトリで公開されていました。ご関心のある方はどうぞ。https://t.co/8a5f1hTvr6

8 8 8 0 OA 統計学講義

@M123Takahashi ドラマを見ていませんが,杉亨二による1883~1884年講義のノート(『スタチスチクス 歴史及理論之部 』)に,棒グラフらしきものが出ています(達筆で字を読めません).ノートを取ったのは,横山正男です. 横山正男述1900『統計学講義』でも「線図表」が紹介されています. https://t.co/EfIfZu0dOC https://t.co/GJCPx3jZH7
RT @tawaki79: CiNii 論文 -  ニューヨーク市ブルックリン北部におけるジェントリフィケーション:—2000年代の変化— https://t.co/OeP4CpWDVO #CiNii
RT @tawaki79: CiNii 論文 -  現代アートプロジェクトと東京「下町」のコミュニティ:― ジェントリフィケーションか、地域文化の多元化か ― https://t.co/pgUiYwUE84 #CiNii
RT @ktaonmo: 問題は「環境」であるのか? : 「それだけではない」ポリティカル・オントロジーのアプローチ https://t.co/hqsHchfHja 神崎隼人さんによる、エスコバル、デラカデナ、ブラセルらのPOのクリアカットな紹介。Designs for the…
RT @ktaonmo: 問題は「環境」であるのか? : 「それだけではない」ポリティカル・オントロジーのアプローチ https://t.co/hqsHchfHja 神崎隼人さんによる、エスコバル、デラカデナ、ブラセルらのPOのクリアカットな紹介。Designs for the…
RT @ktaonmo: 問題は「環境」であるのか? : 「それだけではない」ポリティカル・オントロジーのアプローチ https://t.co/hqsHchfHja 神崎隼人さんによる、エスコバル、デラカデナ、ブラセルらのPOのクリアカットな紹介。Designs for the…

7 5 5 0 OA 海運史料

こちらの史料も共同と三菱、政府のやりとりを見るのに参考になります。 (読みにくいですが…) 『海運史料. 上』 https://t.co/Qbd3PWuStA #青天を衝け
RT @M_Yanagawa: 「生物物理」誌に総説を書かせていただきました。今後、細胞内1分子イメージングが薬理学・創薬分野でも活用されるよう、基盤技術の開発と産学連携の充実を図りたい所存です。 https://t.co/F4JSJBZ9dA
RT @ktaonmo: 問題は「環境」であるのか? : 「それだけではない」ポリティカル・オントロジーのアプローチ https://t.co/hqsHchfHja 神崎隼人さんによる、エスコバル、デラカデナ、ブラセルらのPOのクリアカットな紹介。Designs for the…
昨年度までの研究で、アメリカの大学で日本語を教えている際に教員も学生も英語母語話者である場合、直説法よりも英語という媒介語を利用した方がいいんじゃないという仮説(要約)検証をすることをしております。 https://t.co/m4emyFQocW
RT @hrtmtsk: 【メモ】天木志保美(2021)「E.W.バージェスの問題 : こどもの発達とケーススタディー井垣章二先生に捧ぐ―」『同志社社会学研究』25。https://t.co/SXLoOZUfrZ
【メモ】天木志保美(2021)「E.W.バージェスの問題 : こどもの発達とケーススタディー井垣章二先生に捧ぐ―」『同志社社会学研究』25。https://t.co/SXLoOZUfrZ
アニメ好きで且つ人間語りしたい奴にオススメ CiNii 論文 -  新世紀エヴァンゲリオンにみる思春期課題と精神障害 : 14歳のカルテ https://t.co/xwvlmTmNVK