著者
東 照正 竹内 徹也
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.67, no.10, pp.1142-1145, 1998-10-10 (Released:2009-02-05)
参考文献数
13

正常な赤血球の静磁場(最高8T:テスラ)での配向を顕微鏡観察と光学的測定でとらえた.“生の赤血球”はその円盤面を磁場に平行に配向する.これはおもに細胞膜の脂質二重層や膜貫通タンパク質の反磁性磁気異方性によるものであり,細胞内のヘモグロビンは関与しない.一方,タンパク質分子間の架橋剤であるグルタルアルデヒドの作用で“硬化した赤血球”は円盤面を磁場に垂直に配向する.これは細胞膜にわずかに結合しているメトヘモグロビンの強い常磁性磁気異方性のためと考えられる.赤血球の動きは磁場に印加後5秒以内で平衡に達するが, 1Tの磁場強度で影響を受け始め, 4Tでほぼ完全に配向する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

仕組みは未だに解明されていません。 磁気治療器は厚生労働省が認可した健康器具ではあっても、 決して医療機器ではありません。 ヘモグロビンに含まれるヘム鉄が磁気に反応するなら、 赤血球が血管壁にへばりついてしまうこともあり得ます。 ↓こちらに作用原理に関して否定的な意見があるので、ご参考まで。 https://www.gohongi-beauty.j ...

Twitter (1 users, 1 posts, 1 favorites)

「赤血球の磁場影響」 https://t.co/kIz56aXby5 細胞膜の脂質二重層や膜貫通タンパク質の反磁性磁気異方性によるものであり、細胞内のヘモグロビンは関与しない 磁場強度が2-3Tあれば赤血球の向きも変わるぽいけど…、医療用MRIの出力じゃねぇか…

収集済み URL リスト