著者
大橋 力
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.59, no.4, pp.466-472, 1990-04-10 (Released:2009-02-05)
参考文献数
25

「筑波病」は筑波研究学園都市における自殺症候群である.現代精神医学では,自殺はうつ病・分裂病に深くかかわるとされ,これらの精神病は脳内神経伝達物質の代謝活性異常を反映する病気であることが解明されている.実験動物へのある種の化学物質の投与でうつ病・分裂病症状が導かれ,同じく,ある種の情報の入力・遮断によってもほぼ同質の症状が発現される.これは,脳が物質的環境入力と同様に情報的環境入力の影響を受けることを示す.このことからみても,これまでの環境を物質・エネルギーという尺度でとらえる態度から,それらに情報を加えた総合的な視座で環境をとらえる態度に早急に切り換えねばならない.この観点から,著者らは情報環境学の体系化を進めている.
著者
三上 直彦
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.49, no.8, pp.802-812, 1980-08-10 (Released:2009-02-09)
参考文献数
35
被引用文献数
1

A supersonic free expansion of polyatomic molecules seeded in an inert carrier gas has been regarded as an excellent technique to produce the isolated and ultracold molecules which satisfy the requirements of an ideal spectroscopic sample. The cooling effects in the supersonic molecular beam are briefly summarized. An experiment on aniline with a simple pulsed supersonic nozzle combined with a pulsed tunable UV light source is described as an example of the fluorescence excitation spectroscopy. Recent progress on the optical spectroscopy of polyatomic molecules by use of the seeded supersonic free jets is reviewed from the photochemical and the photohysical point of view. The molecular structures and the dynamical behaviors in the excited states of the stable molecules and the van der Waals complexes are discussed.
著者
菅原 良孝
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.70, no.5, pp.530-535, 2001-05-10 (Released:2009-02-05)
参考文献数
12

SicパワーデバイスにはSiの物性限界を打破した飛躍的な高性能が期待でき,電力変換装置に適用した場合について試算すると,電力損失と体積の大幅な低減が図れる.この結果,装置の大幅な省エネ化や省資源化が期待できる.開発レベルでは,すでにダイオードやFETでは,おのおの19kVや6kVの高耐圧が達成されるとともに, Siの性能限界もはるかにりょうができており,実用化の機運も高まりつつある.実用化にあたっての主要な課題は,コストに直接影響する歩留まりの向上と高温高信頼稼働の実現である.特に,前者に関してはSicウエ八一とエピタキシャル層の結晶品質の問題が深刻であり,実用レベルの電流容量を実現するうえで大きな障害になっている.
著者
東 照正 竹内 徹也
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.67, no.10, pp.1142-1145, 1998-10-10 (Released:2009-02-05)
参考文献数
13

正常な赤血球の静磁場(最高8T:テスラ)での配向を顕微鏡観察と光学的測定でとらえた.“生の赤血球”はその円盤面を磁場に平行に配向する.これはおもに細胞膜の脂質二重層や膜貫通タンパク質の反磁性磁気異方性によるものであり,細胞内のヘモグロビンは関与しない.一方,タンパク質分子間の架橋剤であるグルタルアルデヒドの作用で“硬化した赤血球”は円盤面を磁場に垂直に配向する.これは細胞膜にわずかに結合しているメトヘモグロビンの強い常磁性磁気異方性のためと考えられる.赤血球の動きは磁場に印加後5秒以内で平衡に達するが, 1Tの磁場強度で影響を受け始め, 4Tでほぼ完全に配向する.
著者
山本 秀和 小山 浩
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.66, no.7, pp.662-672, 1997-07-10 (Released:2009-02-05)
参考文献数
103
被引用文献数
7

大規模集積回路(LSI)は,シリコン単結晶基板(ウエハー)を用いて製造ざれる.これまで,デバイス特性向上の要求に対し,ウエハーの品質は充分なマージンを持ち,大きな問題は起こさなかった.しかし,近年その状況が大きく変化してきている.シリコンウエハーの製造プロセスは,結晶引ぎ上げとウエハー加工に大別されるが,両者に起因したデバイス不良が発生し始めた.そこで,これらの不良をともに改善できるエピタキシャル成長ウエハーが注目されている.ざらに,マルチメディア時代の半導体デバイスを開発する上で,一つのプレークスルーをもたらす薄膜SOIウエハーも本格的に検討され始めた.ここでは,これらデバイス不良の現状を解説し,次にその解決策としてのウエハー仕様の変更と次世代ウエハーの展望について述べる.
著者
前田 弘
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.58, no.4, pp.524-530, 1989-04-10 (Released:2009-02-09)
参考文献数
9

1987年クリスマスイブに,新しいBi-Sr-Ca-Cu-O系高温超伝導体がこの世に現れた.この物質は,超伝導遷移温度, Tcが初めて100Kの大台を超えたため,応用的観点から多くの注目を集めた.と同時に,超伝導を支配するCu-O面を積み重ね,その枚数を増やすことによって処を上昇させることが可能となる,という高温超伝導発現機構に関する理論的展開にも新しい知見を与えたといえよう.さらにこの発見は,当時漂いかけていた「Y-Ba-Cu-O系以上の高温超伝導体はもうないのではないか」という暗雲を払いのけるとともに,「まだまだ高温超伝導体はあるよ」という希望と勇気を多くの人に与えたように思われる.本稿では,この発見に至った経緯とそれに関連して研究に対する考え方,取り組み方について私見を述べる.
著者
川北 宇夫
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.28, no.4, pp.223-228, 1959-04-10 (Released:2009-02-09)
参考文献数
10

Our daily task of shaving is discussed in this article. Shaving touch, which is quite a vague notion and involves many factors, is very difficult to treat quantitatively. The writer, who reported informer articles a new method to measure bevel angle of razor blades, investigates the relationship between the actual shaving touch and the physical quantities such as top edge radius, top edge angle, paper-or string-cutting value and so on. The factors which dominate shaving touch are classified into three groups: physical factors, physiological factors and pre-shaving treatments. “Pulling” effect in shaving is desired to be possibly small, which means that the top edge radius of blade should be small. “Planning” effect is also very important in actual shaving. If the top edge angle is large, the “planning” is diminished and the shaving touch to the skin is mild. But if the top edge angle is too large, the touch to the skin is slack and we can not get satisfaction in such a shave. “Stropping”effect of shaving was found by the writer in this investigation: the edge which had been deteriorated artificially by repeated paper cutting tests was found sharpened after actual shaving. The rough-hone angle is not an important factor in shaving touch. Concerning the holder of blade, the shaving angle is of much importance. Sound effect, resistant feeling to the hand, sensation of pain by “pulling” and distribution of string cutting value are also discussed in this article.
著者
松本 元
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.65, no.8, pp.849-850, 1996-08-10 (Released:2009-02-05)
参考文献数
2
著者
Kaizuka Hiroshi Siu Byron
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
Japanese Journal of Applied Physics (ISSN:00214922)
巻号頁・発行日
vol.27, no.5, pp.L773-L776, 1988

We present a simple way to compensate for hysteresis and creep in piezoelectric actuators. By inserting a capacitor in series with the piezoelectric actuator, we find a reduction in the size of the hysteresis loop. For a suitable small capacity in series, creep is eliminated.
著者
武者 利光
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.54, no.5, pp.429-435, 1985-05-10 (Released:2009-02-09)
参考文献数
10
被引用文献数
1

心拍周期の変動,打鍵運動をするときの時間間隔のゆらぎ,アフリカマイマイの自励発振ニューロンの発振周期変動は,すべて1/f型のパワースペクトル密度をもっている.さらに,神経軸索にリンダムに励起された活動電位スパイク列は軸索の非線形性により1/ƒ型の密度変調を受けて安定化する.このように1/fゆらぎは生体と深い関係をもっているが,1/ƒゆらぎは情報の不確定さを一定に保つという特別な機能をもっている.
著者
原 乙未生
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.11, no.12, pp.600-601, 1942 (Released:2009-02-09)
参考文献数
2
著者
福原 達三
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.4, no.5, pp.173-176, 1935 (Released:2009-02-09)
参考文献数
2
著者
石川 登 賀戸 久
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.60, no.6, pp.591-595, 1991-06-10 (Released:2009-02-05)
参考文献数
3

磁束感度が非常に高いSQUIDによる生体磁場計測は,非侵襲計測法として医療診断への応用が期待されている. SQUIDの動作原理と生体磁場計測にて問題となるノイズ対策を概説する.また,生体磁場計測のノイズ対策法である磁気シールドルームの遮蔽性能評価法ならびに将来の医療診断応用を想定した磁気シールドルームに関する研究状況を紹介する.
著者
都甲 潔
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.67, no.12, pp.1406-1409, 1998-12-10 (Released:2009-02-05)
参考文献数
16

快・不快や好き・嫌いといった感情は生物の生存にかかわる本質的応答である.「感性」とは五感を総動員し,しかも過去の体験なども考慮して生じる感覚,感受性である.来たるべき21世紀は,感性に立脚した,人に優しい技術について再考する時代であろう.ここでは,感性の中でも最もあいまいな感覚である味覚と嗅覚に客観的ものさしを与えるセンサーについて紹介する.
著者
河村 正彌
出版者
公益社団法人 応用物理学会
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.8, no.8, pp.349-352, 1939-08-01 (Released:2009-02-09)
参考文献数
2