著者
藤本 学 大坊 郁夫
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
vol.15, no.3, pp.347-361, 2007 (Released:2007-07-07)
参考文献数
35
被引用文献数
12 12

コミュニケーション・スキルに関する諸因子を階層構造に統合することを試みた。既存の尺度を構成する因子を分類することで,自己統制・表現力・解読力・自己主張・他者受容・関係調整の6カテゴリーが得られた。これらの6因子は理論的に基本スキルと対人スキル,また,表出系,反応系,管理系に分類された。こうしてコミュニケーション・スキルの諸因子を階層構造に統合したものがENDCOREモデルであり,各スキルに4種類の下位概念を仮定した24項目の尺度が,ENDCOREsである。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[ENDCORE][2007年][ENDCOREs][psychology][model][communication][skill][久留米大学][大阪大学][パーソナリティ] コミュニケーション・スキルの諸因子を階層構造に統合したものが ENDCORE モデルであり,各スキルに 4 種類の下位概念を仮定した 24 項目の尺度が,ENDCOREs である。

Twitter (8 users, 11 posts, 29 favorites)

藤本学・大坊郁夫(2007)「コミュニケーション・スキルに関する諸因子の階層構造への統合の試み」『パーソナリティ研究』 15 (3)、347-361、 https://t.co/fskGpYLYvs 今日1年生授業で使おうかなと思ってる論文、出てくる図がHUNTER×HUNTERっぽくてわろてまう
自己肯定感に関する動画で、エビデンスとして挙げられた論文です。 自己価値と表現力や読解力は高い相関関係にあるらしいです。 Twitterは「分かりやすくて伝わる文章を作る」最高の練習場所と言えます。 これからも、分かりやすい文章になるよう、努力します
とか思っていたらなんかあったべさ... メモ。 https://t.co/6Igvig4PyN
コミュニケーションスキル https://t.co/iXkxGPpA9C
https://t.co/Hwf7tDZRxy https://t.co/3mTXFlEfyr
コミュニケーション・スキルの諸因子を階層構造に統合したものが ENDCORE モデルであり,各スキルに 4 種類の下位概念を仮定した 24 項目の尺度が,ENDCOREs である。 / “コミュニケーション・スキルに関する諸因子…” https://t.co/6NfnSHHlz3
久留米大学][大阪大学][パーソナリティ]コミュニケーション・スキルの諸因子を階層構造に統合したものが ENDCORE モデルであり,各スキルに 4 種類の下位概念を仮定した 24 項目の尺度が,ENDCOREs である。 https://t.co/6NfnSHHlz3
久留米大学][大阪大学][パーソナリティ]コミュニケーション・スキルの諸因子を階層構造に統合したものが ENDCORE モデルであり,各スキルに 4 種類の下位概念を仮定した 24 項目の尺度が,ENDCOREs である。 https://t.co/p9UtygHMOz

収集済み URL リスト