著者
三浦 麻子
出版者
日本基礎心理学会
雑誌
基礎心理学研究 (ISSN:02877651)
巻号頁・発行日
pp.39.4, (Released:2020-10-12)
参考文献数
19

This article explains the basic features of survey, which is one of the major research methods in psychology, its pros and cons, and the points to be considered when conducting it. In particular, it focuses on Web surveys, which are becoming more common nowadays. It explains how the data obtained by Web surveys from broader generals are likely to be different from those obtained by conventional and convenient method, which inviting people close to the researcher, such as university students, to participate. The author hopes that this paper will provide the readers with a basic knowledge of web research and help them to select appropriate situations for survey data collection from among the various phases of psychological research.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (64 users, 64 posts, 125 favorites)

研究の参考にします https://t.co/QAL3oaZLXZ
これはとても参考になった。ウェブ調査の現状を知りたい人にお勧め。インターネット利用の実験・調査は状況がどんどん変化していくから、とにかく情報収集を継続しないと。たぶん、クラウドソーシングがどんどん便利になっていくのではないかと思っている。 https://t.co/OFiW7LLfPj
『基礎心理学研究』解説論文「心理学研究法としてのウェブ調査」が早期公開されました. https://t.co/KXxZ43kN5C 調査(特にウェブ調査)について「研究法として着手したことがほとんどない」方向けに特徴・利点・問題点を解説しました.

収集済み URL リスト