著者
遠藤 敦士 今田 康大 竹井 仁
出版者
日本理学療法士学会
雑誌
理学療法学 (ISSN:02893770)
巻号頁・発行日
vol.45, no.2, pp.67-74, 2018 (Released:2018-04-20)
参考文献数
22
被引用文献数
1

【目的】表面筋電図を用いて,非荷重位および荷重位での中殿筋の3 線維(前・中・後部線維)の作用を比較することを目的とした。【方法】対象は健常成人男性20 名とし,非荷重位の課題では,股関節外旋運動と内旋運動時の筋活動を計測した。荷重位の課題は,左片脚立位での右側骨盤への抵抗(抵抗なし,外転,外旋,外転かつ外旋,内旋,外転かつ内旋)に対する左側の静止性収縮とし,各条件での筋活動を計測した。【結果】非荷重位の内旋運動では前部線維が,外旋運動では後部線維が最も高い活動を示した。荷重位では外旋条件のみ,後部線維が前部線維と比較して高い活動を示した。また後部線維の筋活動は条件間で有意差はなかった。【結論】中殿筋各線維は非荷重位・荷重位ともに,運動方向により異なる作用を有することが示された。一方荷重位での後部線維は,運動方向によらず一定に活動することが明らかとなった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 15 posts, 43 favorites)

中殿筋前・中・後部繊維の作用比較 非荷重位の内旋運動では前部繊維      外旋運動では後部繊維が最も高い活動を示した! 荷重位では外旋条件のみ、後部繊維が前部繊維と比較して高い活動を示した。 #理学療法士 #ほぼ日文献読み https://t.co/LHMq0jqul0 https://t.co/mpCaahXgtj
この文献中々面白い。 みんな大好き?中殿筋の各繊維ごとの収縮をOKC・CKCでの抵抗負荷と抵抗無しで比較。 中殿筋後部繊維はCKCでは骨頭と臼蓋を適合させるために常に活動していることが考えられると。 臨床での感覚をデータ化してくれた良い文献。 https://t.co/Tv2lxKUOg8

収集済み URL リスト