言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (18 users, 20 posts, 20 favorites)

福島、環境省や自治体が「年20mSv以下は安全・安心です」というキャンペーン 日本の法令基準の1990年勧告 年1mSvの被曝が続くとがん死率は0.4% 250人に1人ががん死するような基準 「1mSvの被曝には1mSvなりの健康リスク」 https://t.co/53sqX0F8Dg
年間1ミリシーベルト基準の由来と 低線量放射線被曝のリスク 今中哲二 https://t.co/QZQX0778H8 原子力緊急事態宣言発令中の今、再確認すべき問題 https://t.co/9SmcM9wtaT
前述した原発作業員の白内障もそうだが、おそらく、100ミリ以下の低線量被曝での健康被害は今後、認めざるを得なくなるとは思う。最近でもこれだけの論文が書かれていると。しかし日本では文科省が先陣を切って子供たちに100ミリまで安全と副読本を配るという悍ましさ。 https://t.co/cPOOXjKoBm https://t.co/d8QsXpuC34
@no_ichi_ 科学って何でしょうか。 「福島原発事故が起きて驚いたことはたくさん あったが、そのひとつは、放射能汚染の規模 が明らかになるにつれ、「100ミリシーベルト (mSv)までの被曝は健康に影響ありません」 という先生方がテレビや新聞に次々と登場され てきたことである」 https://t.co/i9SvrAfWEu
年1ミリシーベルト基準の由来と低線量放射線被曝のリスク:今中哲二『学術の動向』2020.03 https://t.co/LMvjTWuBOV

収集済み URL リスト