著者
八田 秀雄
出版者
公益財団法人 日本学術協力財団
雑誌
学術の動向 (ISSN:13423363)
巻号頁・発行日
vol.11, no.10, pp.47-50, 2006-10-01 (Released:2009-12-21)
参考文献数
2

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 21 favorites)

運動時のエネルギー源として、 ●低い運動強度→主に脂肪利用 ●強い運動強度→主に糖利用→乳酸が産生される→乳酸が心筋や遅筋のエネルギー源となる (八田より) 乳酸に対するこの考えは、もう当たり前になっているのかな
NowBrowsing: _pdf: https://t.co/hd0MuAZePq これはソースとしてセーフか??
「乳酸警察」が来る前に自己訂正しておくと、現在では筋肉疲労の原因は乳酸濃度の上昇ではなく、細胞外カリウム濃度の上昇であるということが確立しております。 https://t.co/kz0oYqXnTI および https://t.co/8B45piS0f3
https://t.co/I4QInA0TXG

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: 砂漠の雪
2018-07-30 15:59:05 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト