著者
牛渡 亮
出版者
東北社会学会
雑誌
社会学年報 (ISSN:02873133)
巻号頁・発行日
vol.42, pp.73-83, 2013-07-19 (Released:2014-08-31)
参考文献数
19

本稿の課題は,スチュアート・ホールによって1970年代に展開されたモラル・パニック論の内容を詳らかにするとともに,このモラル・パニック論と1980年代以降に展開される彼の新自由主義論との結びつきを明らかにすることにある.ホールによれば,モラル・パニックとは,戦後合意に基づく福祉国家の危機が進展するなかで人々が感じていた社会不安や恐怖感の原因を,社会体制の危機そのものではなくある逸脱的集団に転嫁し,当該集団を取り締まることで一時的な安定を得ようとする現象である.本稿では,このモラル・パニックを通じて高まった警察力の強化に対する能動的同意を背景に,それまでの合意に基づく社会からより強制に基づく社会への転換が起こり,そのことがサッチャリズム台頭の基礎となったことを示した.したがって,本稿での作業は,ホールが「新自由主義革命」と呼ぶ長期的プロジェクトの端緒を理解するための試みであると同時に,オルタナティヴの不在により今日ますます勢いを増す新自由主義を理解するための試みでもある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (20 users, 20 posts, 30 favorites)

興味深く拝読。 https://t.co/9QRuU96ZKB
スチュアート・ホールのモラル・パニック論 「人々が感じていた社会不安や恐怖感の原因を,社会体制の危機そのも のではなくある逸脱的集団に転嫁し,当該集団を取り締まることで一時的な安定を得ようとする現象」 についても繋げておきます https://t.co/JqUykw7X9G
牛渡亮、2013、スチュアート・ホールのモラル・パニック論──1970年代の逸脱をめぐるメディア報道と新自由主義の台頭 https://t.co/rD9cUrZsKe

収集済み URL リスト