著者
松田 尚樹 森田 直子 三浦 美和
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
YAKUGAKU ZASSHI (ISSN:00316903)
巻号頁・発行日
vol.134, no.2, pp.135-142, 2014 (Released:2014-02-01)
参考文献数
30
被引用文献数
1 2

The accident at the Tokyo Electric Power Company (TEPCO) Fukushima Daiichi nuclear power plant on March 11, 2011, released a large amount of radioactive materials resulting in the radioactive contamination of a wide area of eastern Japan. Residents of the Fukushima prefecture experienced various unavoidable damages and fear of radiation effects on their health. A reliable communication of accurate risk assessment for residents is required as a countermeasure aimed at the reconstruction of Fukushima. Here, the current status of individual dose estimation and the issues relating to the radiation risk perception are discussed.

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

東京電力福島第一原子力発電所事故 ―残された健康リスクのアセスメントとコントロール― 松田尚樹,森田直子,三浦美和 https://www.jstage.jst.go.jp/article/yakushi/134/2/134_13-00227-1/_pdf

Facebook における性別

Twitter (12 users, 12 posts, 9 favorites)

論文(無料): 東京電力福島第一原子力発電所事故 残された健康リスクのアセスメントとコントロール https://t.co/Fgtg1VhK9W  2014年、松田尚樹(長崎大)ら。「健康リスクの有無にかかわらず,原子力発電所事故は,ことほど左様に罪深い」で締めくくられている。
最新総説 https://t.co/gf4nf0f85i

収集済み URL リスト