1110398214

投稿一覧(最新100件)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk1962/16/5/16_5_213/_pdf

9 0 0 0 OA 生物コーナー

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/35/9/35_9_650/_pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/shikaigaku/82/2/82_8207/_pdf に記載の液体培地の調整法に従えば得られるでしょう
https://www.cytivalifesciences.co.jp/newsletter/biodirect_mail/technical_tips/ https://www.jstage.jst.go.jp/article/jos1956/20/10/20_10_612/_pdf どのタンパク質、脂質を精製のターゲットとするかで、適切な精製法は変わるでしょう
輸送体ファミリーだと範囲が広すぎるでしょう はい https://www.jstage.jst.go.jp/article/biophys/47/5/47_5_317/_pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsicm/15/1/15_1_49/_pdf/-char/ja
https://www.jstage.jst.go.jp/article/itej/70/9/70_706/_pdf/-char/ja の解析
リン脂質のことなら、主に卵黄に含まれてます 胆汁は絵画に使われており、画材屋さんで取り扱っている場合がありますね https://www.jstage.jst.go.jp/article/nogeikagaku1924/49/2/49_2_99/_pdf
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-61480139/
https://www.jstage.jst.go.jp/article/faruawpsj/34/9/34_KJ00001720345/_pdf/-char/en
死亡例があるので3〜 https://www.jstage.jst.go.jp/article/hrghsj1999/2002/2/2002_2_75/_article
https://www.jstage.jst.go.jp/article/oleoscience/20/6/20_275/_pdf/-char/ja 今年発表された論文です
https://www.jstage.jst.go.jp/article/radioisotopes1952/55/6/55_6_319/_pdf
①バイオフィルムと呼ばれることはあります https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsser/28/1/28_No_1_130109/_pdf ②どの枯草菌とどのカビが生産したものを比較しているか次第でしょう ③いいえ。理由は人間が判断しているものなので、1つしか理由がないと考える必要はありません
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpstj/69/1/69_40/_pdf
https://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_10536879_po_ART0003248081.pdf?contentNo=1&alternativeNo=

1 0 0 0 OA 微生物センサ

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sicejl1962/25/11/25_11_965/_pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmcwm/20/0/20_0_132/_pdf/-char/ja 等の文献を参考にするといいでしょう
https://waseda.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_action_common_download&item_id=19942&item_no=1&attribute_id=20&file_no=9&page_id=13&block_id=21
Untersuchungen zur Kalium-, Kalziumund Magnesiumernährung junger Apfelbäume I Werner Gruppe Die Gartenbauwissenschaft 26 (3), 288-320, 1961 のことでは? 国内でも京都大学や他の大学にもあるようです。 https://ci.nii.ac.jp/ncid/AA0 ...
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jos1956/16/3/16_3_108/_pdf 液面で平衡化しますので、透過もするでしょう

2 0 0 0 OA 瞬目反射

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrm1964/31/10/31_10_728/_pdf
いいえ https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1988/88/2/88_2_101/_pdf/-char/ja
https://www.jstage.jst.go.jp/article/yukigoseikyokaishi1943/58/12/58_12_1202/_pdf/-char/en
https://mie-u.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_action_common_download&item_id=7515&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1&page_id=13&block_id=21
https://www.jstage.jst.go.jp/article/plantbiotechnology1984/7/3/7_3_177/_pdf/-char/en を元に分取する
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1915/66/6/66_6_555/_pdf/-char/ja
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nogeikagaku1924/66/8/66_8_1233/_pdf
https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5526&item_no=1&attribute_id=40&file_no=1
https://www.jstage.jst.go.jp/article/shokueishi1960/29/6/29_6_408/_pdf/-char/ja
製法で考えると純米酒(吟醸、大吟醸ではない)がいいかと思います。 アミノ酸は原料の米(と麹?)に由来します。 アルコールが添加されているとその分米の使用量が減る傾向になります。 また、一般的にはアミノ酸の原料であるタンパク質は米の外側に多いと言われています。そのため、吟醸、大吟醸のように米を削ってしまうと、そのぶん持ち込まれるタンパク質が減る傾向になります。 https://www.jstag ...
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jji1950/8/1-2/8_1-2_20/_pdf
①特殊な株を使っているとかでなければ耐塩性はありません。麹菌の活動が止まっても酵素は失活するまで活性を持ちます。 ②特殊な株を使っているのでなければ、味噌用としてこれまで美味しさ等でセレクションされたものです。 ③ https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/naro-se/sh71p039.pdf あたり ④ h ...
少なくとも脂質”分解”促進作用はあります。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/31/1/31_1_13/_pdf まずは、貴方が何でそれがあると見たのかを確認しましょう。 条件によってはあるのかもしれませんが、貴方がその回答を望んでいるのかが分かりません。
はい。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits/19/7/19_7_65/_pdf
https://ycu.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_action_common_download&item_id=409&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1&page_id=4&block_id=34
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmm/49/0/49_0_124/_article/-char/ja/ こういった文献を参考にしては。
1 大腸菌にはプレプロインスリンを成熟させる機構がないから。 2 https://www.jstage.jst.go.jp/article/tsj1973/16/1/16_1_31/_pdf
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/39166/1/67-051.pdf
1 1mlもあれば十分でしょう。採血は一般人は行えないため、医師に依頼しましょう。 2 https://www.thermofisher.com/jp/ja/home/references/protocols/nucleic-acid-purification-and-analysis/rna-protocol/blood-fractionation-protocol-for-collectio ...
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nogeikagaku1924/62/7/62_7_1112/_pdf
牛の唾液にはアミラーゼが含まれています。 何か勘違いしているのでは? http://ci.nii.ac.jp/naid/110007573492
https://www.jstage.jst.go.jp/article/shokueishi1960/33/4/33_4_347/_article/-char/ja/ こういう文献と比較してみるといいでしょう。
バイオアッセイがマストなのでしょうか? https://www.jstage.jst.go.jp/article/bunsekikagaku1952/21/7/21_7_878/_article/-char/ja/ 原子吸光法による海水中カドミウムの定量分析法なら報告されていますが。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/yukigoseikyokaishi1943/23/7/23_7_612/_pdf 分離操作の有無でエポキシ化大豆油かどうかが決まるわけではないようですね。