Алпамыс (@AlpamysAlpamys)

投稿一覧(最新100件)

夢は告げる : テュルク口承文芸における夢のモティーフ https://t.co/8RnR61xCrk
↓ "モスクワ"の語源について http://t.co/C672t8oBsm

お気に入り一覧(最新100件)

内藤みどり(2004)「突厥・ソグド人の東ローマとの交流と狼伝説」『史観』150, 29-50. https://t.co/5jPa1lMZ01 ビザンツと西突厥の対サーサーン朝同盟の中ソグド人によりローマ始祖伝説が伝えられカライ・カフカバ遺跡にロムルス・レムスを模した突厥狼起源モチーフ壁画が描かれた(もう頭ぐるぐる
https://t.co/2hBfVM1XdW 「しかし、アルタイ方面には西紀前5-4世紀にすでに新しい型の人類も現われていたのであり著しいモンゴロイド的特徴をもつ遺骸もあってルデンコはその人種構成の複雑」 前485年生まれのヘロドトスが記す禿頭アルギッパイオイ人のことでは?

フォロー(190ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

岸田由美(2017)「国立大学におけるムスリム留学生の宗教的ニーズへの対応事例:金沢大学に礼拝室ができるまで」『留学生交流・指導研究』20, 39-52. https://t.co/sRCwWh000c 金沢大学は2010年から一部学食にハラールメニュー導入。 金沢大学生活協同組合 https://t.co/oU94iO7Igg
Kueny, Kathryn 2001: The Rhetoric of Sobriety : Wine in Early Islam https://t.co/RDRPsbqRJ4 イスラーム社会で飲酒の禁止とワイン文化がどのように折り合ったのか。『千夜一夜物語』では酒はほぼナビーズnabidhと呼ばれていなかっただろうか?(『カーブースの書』では確かそう
西尾哲夫(1997)「『けちんぼ物語』-中世アラブのユマニスト、ジャーヒズ」小田淳一編『物語の発生学』1,東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所: 93-118. https://t.co/J6uZnDNMCl
鷲見朗子(2005)「アラブ古典文学の口承文化:カスィーダとハバルが伝える「男らしさ」」京都ノートルダム女子大学大学院人間文化研究科人間文化専攻編『文化の航跡:創造と伝播』思文閣出版: 118-136. https://t.co/CLOw4hH4a0 ジャーヒリーヤ時代のアフバール文学についてはこちらも。
山本薫(2001)「ジャーヒリーヤの盗賊詩人サアーリークの類型化試論:実像と虚像の間で」『日本中東学会年報』16: 111-138. https://t.co/mxLAX4l0Ag なんと未クリップ。盗賊文学・悪漢文学の主人公サアーリク詩人は脱・反ー部族的存在だったとの分析が興味深い。伝記文学アフバールに基づく研究。
https://t.co/F6fUobmMoi この論集の第2章E.K.Rowson論文がアッバース朝期バグダードの異性装について論じている。男装する女性はグラーミーヤ<グラーミーヤートと呼ばれたと(別に仕事と関係ないが,なんとなくメモ)。
RT @KURODA_KENJI: @khargush1969 ちなみに私のなかで中国ムスリムの食というと強い印象が残っているのは、 砂井紫里(2000)「中国東南沿海部・回族における<食べ物>としてのブタと宗教・民族アイデンティティ」『早稲田大学大学院文学研究科紀要』46:…
RT @saisenreiha: 藤波伸嘉「オスマンとローマ―近代バルカン史学史再考―」『史学雑誌』 https://t.co/Gi41smXPKX によれば、オスマン帝国は多種多様な正当性を見に纏っており、ムスリム・非ムスリム問わず近世オスマン人にとってビザンツ=ローマ帝国は…
RT @khargush1969: 菅瀬晶子(2016)「イスラエル・ガリラヤ地方のアラブ人市民にみられる豚肉食の現在 : キリスト教徒とムスリム、ユダヤ教徒の相互的影響」『国立民族学博物館研究報告』40(4):619-652. https://t.co/6v2Yl87BA2…

フォロワー(183ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @yusai00: https://t.co/VlJmxp4lV7 体感としても都会に住む人の方が歩く感じはあるけど、ちゃんと調査もある。都市規模が大きい場所に住んでいる人ほど1日の歩数が多く、都心部に住む人の方が、田舎の人よりだいたい平均1日700歩ほど歩数が多いという…