MB13 (@MB13)

投稿一覧(最新100件)

RT @pentan0102: https://t.co/i0MJQ1TUp6 日露戦争と日土関係-20世紀における日露戦争の記憶 この論文のp173に明治天皇カリフ化計画に関する記述を発見
37歳飲酒歴のない女性。薄めたウォッカ1リットルを自ら注腸。保存的治療による限界と判断し手術療法を呈示したところ同意が得られなかった。そのため人工肛門を造設し通院しながら再建術を予定していたが浴室でガス吸入(自損の疑い)により死亡。 https://t.co/WyfVE2ABKX
@Hiros_thkmed やっぱりトヨチャキ先生は勉強熱心だったんだな。http://ci.nii.ac.jp/naid/110000390281

お気に入り一覧(最新100件)

井上岳彦「菩薩となったツァーリ : ドン・カルムィク人社会から見るロシア帝国」 https://t.co/vzrZtslByj 「入口としてのカルムィク草原 : 19世紀前半のカルムィク人とその信仰に関する知識と記憶」 https://t.co/WsnyLtcWAX
井上岳彦「菩薩となったツァーリ : ドン・カルムィク人社会から見るロシア帝国」 https://t.co/vzrZtslByj 「入口としてのカルムィク草原 : 19世紀前半のカルムィク人とその信仰に関する知識と記憶」 https://t.co/WsnyLtcWAX
Hermansen, Marcia 2001: "Dreams and Dreaming in Islam," pp. 73-91. https://t.co/zQZViH8l5R イスラームにおける夢見の伝統について。 掲載書誌: https://t.co/lVV9AsdKwm
塩崎悠輝編著/ユースフ・アル=カラダーウィーほか著(2012)『マイノリティ・ムスリムのイスラーム法学』日本サウディアラビア協会 https://t.co/vI9GhI4Sc1 カラダーウィーのファトワー集『ムスリム・マイノリティ法学』翻訳とムスリム・マイノリティに関わる諸論考
清水和裕(2008)「ヤズデギルドの娘たち:シャフルバーヌー傳承の形成と 初期イスラーム世界」『東洋史研究』67(2): 362-333. http://t.co/H83ILJcDDm イランのイスラーム化のとこで必ず紹介しないと。

フォロー(813ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

寺田俊郎先生を尊敬しています。 https://t.co/HpirqxTjGS
多少まんがの私学を視野にいれた新書判の本がある。宗教系公立学校てのはできんから自然と私学の分析になるわけで、聖ミカエルもワンカット使われている https://t.co/0bpAeOhSKj
RT @next49: 後で読む → 志賀 秀樹: PDCAと管理過程論に関する研究, 立教ビジネスデザイン研究 (11), pp. 103 - 117, 2014年 https://t.co/0VqLJrRJC4

12 1 1 0 OA 雅文小説集

美女なんぞ見飽きてるから手を出す気にもならぬわ(▼^▼キ)キリッ そんな斬新な俺が読めるのは英(はなぶさ)草紙。江戸時代の小説でな、近デジで読めるぞ。『古今奇談英草紙』高武藏守婢を出して媒をなす話 https://t.co/X8rddaFB8M
RT @kuri_kurita: 「なんだこれは?」感たっぷりのものを見つけた。 https://t.co/Ufwt7Jg6O1 https://t.co/rxu8FbnYj9
RT @demauyo_tadaimo: 家永裁判知ってる?南京大虐殺の語を用いた教科書「新日本史」の検定不合格を争った裁判で、最高裁は大虐殺と日本軍婦女暴行、731部隊の記述の検定不合格を裁量権の逸脱とし、教科書にそれらを記述し、学校で教えてもよいという司法判断を下したの h…
シチュエーションCD論文がPDF公開されていた。 広瀬正浩「「聴き手」は虚構世界に没入する――小説/シチュエーションCDにおける受容経験の相違――」 日本近代文学 2017年97巻 https://t.co/ldqRx7i8Lt
RT @cayer66: 「コカ・コーラによる溶解療法が有効であった柿胃石の一例」https://t.co/cZQbxwnasI これが徳島大学の症例で笑ったww★
RT @r_itose: SF研究とは少し違うが、以前HP「ドイツミステリーの館青猫亭」を開いてた福本義憲によるドイツミステリー論。20年代ウィーンのオーストリア人作家オットー・ゾイカをマイリンク、レオ・ペルッツ、クビーンに言及しつつ論じる。探偵小説へ重点。同著者はフランク・ア…
“浜田明範(2018)「〈書評リプライ〉三津島一樹氏の書評への応答」 コンタクト・ゾーン 10(2018), 406-408, 2018-06-30, 京都大学大学院人間・環境学研究科 文化人類学分野 - CiNii論文” https://t.co/1QdLieTDmf #人類学
“三津島一樹(2018)「〈書評〉浜田明範著『薬剤と健康保険の人類学--ガーナ南部における生物医療をめぐって』風響社、2015年、3,600円+税、214頁」, コンタクト・ゾーン 10(2018), 398-405,…” https://t.co/IW2g7Vzomn #人類学
“玉井 隆(2017)「浜田明範 著『薬剤と健康保険の人類学―ガーナ南部における生物医療をめぐって』風響社,2015年,214頁,¥3,600円+税」 アフリカ研究 2017(91), 65-66, 2017, 日本ア…” https://t.co/HcRxyLAxYb #人類学
“白川千尋(2015)「浜田明範著, 『薬剤と健康保険の人類学-ガーナ南部における生物医療をめぐって』, 東京, 風響社, 2015年, 220頁, 3,600円(+税)」 文化人類学 80(3), 488-491, …” https://t.co/P2BDtAtdIJ #人類学
RT @bokukoui: そのからくりは、同書の書評がすでに指摘しています。経済関係の歴史学会でも大手どころ・経営史学会の『経営史学』47巻2号(2012年)に掲載された、北海道大学の満薗勇先生の書評を、抜粋してみましょう。 https://t.co/hW4w7nEU3s
RT @bokukoui: そのからくりは、同書の書評がすでに指摘しています。経済関係の歴史学会でも大手どころ・経営史学会の『経営史学』47巻2号(2012年)に掲載された、北海道大学の満薗勇先生の書評を、抜粋してみましょう。 https://t.co/hW4w7nEU3s
RT @bokukoui: そのからくりは、同書の書評がすでに指摘しています。経済関係の歴史学会でも大手どころ・経営史学会の『経営史学』47巻2号(2012年)に掲載された、北海道大学の満薗勇先生の書評を、抜粋してみましょう。 https://t.co/hW4w7nEU3s
@WINTERgneral 初版は大正12年ということか。(リンク先がそれ)https://t.co/PZ1MZNdKrz
もっとも人文社会科学系にしか聞いてないから、たとえば医歯薬理工系に比べればどうなのかは誰にもわからない。 大学教育が現職で役立っているのは誰か? https://t.co/foD76EK0zl
本では都合の良い主張を展開する著者による研究成果。 「大学時代の経験が「現職で役立っている」と感じている文系大卒者は少なく、全ての項目で肯定率が半数を下回っていることがわかる。特に、専門科目による役立ち感は低い。」 大学教育が現職… https://t.co/bkL9VMtakN
RT @sivad: 批判はごもっともであるけど、医学情報は医師の独占からの開放を進めるというのが世界的な流れではあります。 https://t.co/eQMg9IRzVJ https://t.co/AClCvgqrux

フォロワー(428ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kuri_kurita: 「なんだこれは?」感たっぷりのものを見つけた。 https://t.co/Ufwt7Jg6O1 https://t.co/rxu8FbnYj9
RT @cayer66: 「コカ・コーラによる溶解療法が有効であった柿胃石の一例」https://t.co/cZQbxwnasI これが徳島大学の症例で笑ったww★
RT @sivad: 批判はごもっともであるけど、医学情報は医師の独占からの開放を進めるというのが世界的な流れではあります。 https://t.co/eQMg9IRzVJ https://t.co/AClCvgqrux