著者
長濱 澄 森田 裕介
出版者
日本教育工学会
雑誌
日本教育工学会論文誌 (ISSN:13498290)
巻号頁・発行日
vol.40, no.4, pp.291-300, 2017-02-20 (Released:2017-03-23)
参考文献数
16
被引用文献数
4

本研究では,オンライン学習環境を想定した映像コンテンツの高速提示と学習効果の関連性を明らかにすることを目的とした.1倍速,1.5倍速,2倍速の提示速度の異なる映像コンテンツを3種類作成し,大学生75名に提示した.作成した映像コンテンツは高等学校における情報科の宣言的知識を扱ったものであった.学習の前後に実施した理解度テストの得点から,学習効果を検証した.また,3種類の提示速度に対する主観評価を,質問紙を用いて調査した.理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えないということが明らかになった.一方,質問紙調査の結果から,映像コンテンツを利用した学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているのに対し,2倍速に対する主観評価は肯定的ではないことが明らかになった.これらのことから,ある条件によっては,一定時間に,これまでの1.5倍から2倍の学習ができる可能性が示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

うん。学習って、なんだろうね。
[大学] こういう知見大事。作った側の思いとか関係ない「理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えないということが明らかになった」

Twitter (319 users, 320 posts, 592 favorites)

https://t.co/GQeArWJNv0 https://t.co/z9BEAVfYSy
https://t.co/sBnj3aGcxc はぇー
長濱澄, & 森田裕介. (2017). 映像コンテンツの高速提示による学習効果の分析. 日本教育工学会論文誌, 40(4), 291–300. 「理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えないということが明らかになった」 https://t.co/mZcG22K75n
J-STAGE Articles - 映像コンテンツの高速提示による学習効果の分析 https://t.co/Ef5mCfXwR5
こういう知見大事。作った側の思いとか関係ない「理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えないということが明らかになった」 / “映像コンテンツの高速提示による学習効果の分析” https://t.co/Yv4337GK8U #大学
https://t.co/Hw1FiRAzWh 理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えないということが明らかになった
https://t.co/PT8WDnerYn
https://t.co/gPCWfVfLYy
映像コンテンツの高速提示による学習効果の分析 「これらのことから,ある条件によっては,一定時間に,これまでの1.5倍から2倍の学習ができる可能性が示唆された.」 へぇ https://t.co/HcrpXFs3fD
1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示による学習効果の分析 https://t.co/ZG7E4zJhZd
@manabubannai 同じではないかもしれませんが、【映像コンテンツの高速提示による学習効果の分析】という論文では再生速度による学習効果に大きな差はないようですね。 動画を見ながら常に考えている場合は、倍速だと考えをまとめる時間がなくなるので良くないですね。 https://t.co/L6h0grChjk

収集済み URL リスト