KANZAKI, Masahide (@_masaka)

投稿一覧(最新100件)

フランス国立図書館蔵のヴェラール版『変身物語』2点を比較するデモ。Image AnnotatorでもBiblissima注釈サーバの #IIIF を取得し表示してみた https://t.co/LqGozLXZrg 注釈はRDFと… https://t.co/MCT3kHAfKH
視点 「ロメジュリ」って何?:識別子を巡って https://t.co/FiWbFBqUdv 3回シリーズの最終回が情報管理2017年2月号で公開。仲間で通じる名前、識別する対象と部分識別子などから、リンクする(データの)名前を考えます
視点 メディアを超えるアノテーション https://t.co/htD6aTOwz8 情報管理2016年10月号が公開されてました。Web Annotationを中心にした、テキストだけでなく画像なども対象に含めた注釈について、モデルの考え方や背景、応用を紹介しています
日本十進分類とリンクするデータ https://t.co/pwGuIRGSVv 昨日の #NDCLD 共同研究成果報告会の資料です。研究会メンバーで分担執筆して情報管理2016年7月号に寄稿した記事も公開されています https://t.co/Ykz8q5mSlF
視点 デジタルな楽譜の風景 https://t.co/ITBmintAVA 情報管理2016年6月号に寄稿した記事が公開されました。作曲家の自筆譜と印刷譜の関係から資料の校訂、デジタル化、共有とメタデータなどについて綴った読み物です

お気に入り一覧(最新100件)

こういうものがネットですぐに読めるというのは実に素晴らしい。/『国文学とコンピュータシンポジウム(第2回)』見聞録 http://t.co/Tzdkf2cW

フォロー(210ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @EelExtinguish: 稚魚の量が海流の変化でゆらぐ程度のことをもって我々うなぎ絶滅キャンペーンの成果を否定されては困りますな。 なお、ウナギの成魚の漁獲量は着実な成果をあげておりますよ https://t.co/KqPp1z2Rur 「日本におけるニホンウナギ…

21 8 8 0 OA 蜀山人全集

RT @myrmecoleon: Googleブックス経由で蜀山人の随筆に観音に参拝した源頼朝が「千羽鶴」をしたという故事が文献から紹介されてることを知る。ということは頼朝はともかく江戸時代には千羽鶴を観音に供える習俗はもうあるんだなあ。 https://t.co/fTW4ug…

フォロワー(1298ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

いい論文だたw|中高年女性における河内音頭が身体へ及ぼす影響 https://t.co/x8knAuVLse
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 中高年女性における河内音頭が身体へ及ぼす影響(三村 寛一ほか),2006 https://t.co/dD688OPinO
@東京都立日比谷図書館さん。こんなのやってはったんか。 / “CiNii 図書 - オリンピック東京大会開催記念古書錦絵展” https://t.co/0FlyqwlQ3Q
RT @uakira2: #ndldigital 資料の三谷幸吉『手易く出来る活版印刷開業の栞』には、端物(名刺やハガキ、チラシなど)の印刷所を始める際の予算に応じてどんな設備をスターターキットとして取り揃えればいいか、そういった観点からの活字セットが示されています。https…
RT @EelExtinguish: 稚魚の量が海流の変化でゆらぐ程度のことをもって我々うなぎ絶滅キャンペーンの成果を否定されては困りますな。 なお、ウナギの成魚の漁獲量は着実な成果をあげておりますよ https://t.co/KqPp1z2Rur 「日本におけるニホンウナギ…
RT @7shi: たまたま見付けた論文。現代スペイン語の発音の実態を把握していなかったけど、末尾のsが/h/になるのはサンスクリットと共通した現象で興味深い。 スペイン語の開音節化とラテン語の音節音量 https://t.co/xE3IdaNAFX
RT @y_ishihara06: 昨年執筆した『ブルックナーリズム再考:《交響曲第4番》の改訂によるリズム変更に着目して』が公開されました。ブルックナー《第4番》の改訂の中で起こったリズムの扱いに注目して、ブルックナーリズムと呼ぶべきものはなにかを考えます。もう少し議論が必要…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 好みのバイアスの学習を行う作曲モデルを用いた作曲支援システムの実現(蓮井 洋志),2010 https://t.co/1Ug3MyPQGJ
RT @FujiwaraYoshie: 【国立国会図書館 歴史的音源】獨唱「紅殼とんぼ」作詞:野口雨情/作曲:山田耕筰/テノール:藤原義江/ピアノ:山田耕筰/Columbia https://t.co/Lc6sMIu4VF
RT @katzkagaya: 再度、「生物学のための情報論」から。確率論の基礎の勉強をしていると、同時分布、事前分布、事後分布などの数学用語で<時間の前後関係>という日常の言葉の意味が理解を邪魔することがある。モデリングをするとき、すべての事象にタイムスタンプがついているから…
RT @NDLJP: 応急仮設住宅制度の現状と課題『ISSUE BRIEF』966号, 2017.06.08. https://t.co/BIrei4rfbB #NDL調査局今月のトピック #地震 #防災

21 8 8 0 OA 蜀山人全集

RT @myrmecoleon: Googleブックス経由で蜀山人の随筆に観音に参拝した源頼朝が「千羽鶴」をしたという故事が文献から紹介されてることを知る。ということは頼朝はともかく江戸時代には千羽鶴を観音に供える習俗はもうあるんだなあ。 https://t.co/fTW4ug…
RT @quiriu_pino: 分析の元となるのは、サティアンが取り壊されるときに(なんの権限かわからないが)収集された膨大な内部資料。宗教情報リサーチセンター(RIRC)のプロジェクトによって整理され、本書に結実している。ここらへんの書評も参照。 https://t.co/…
RT @quiriu_pino: 分析の元となるのは、サティアンが取り壊されるときに(なんの権限かわからないが)収集された膨大な内部資料。宗教情報リサーチセンター(RIRC)のプロジェクトによって整理され、本書に結実している。ここらへんの書評も参照。 https://t.co/…
RT @namie_ak: 告知しそびれてたので、こっちもついでに宣伝。こちらは関学のリポジトリで全文公開されています。 波江彰彦(2017.12)「地理学を専攻しない学生を対象とする地理情報システム(GIS)教育の実践と課題―甲南大学文学部における授業を事例に―」,教育学論究…